動物との距離が近い!幼い子どもも楽しめる全国の動物園20選

子どもにとって、動物とのふれあいは思いやりの心を育てるとともに自分以外の事柄への関心を引き出し、教育に良い影響があるとされています。できることなら生きものを間近に見たり、直接触ったりできる動物園に連れていきたいですよね。そこで今回は、動物たちを近くで観察できる動物園を集めてみました。

<関連記事>
子育てパパ&ママを応援するスマホアプリ10選
考える力を育む知育玩具。どんなものを選べばいい?

北海道地方

北きつね牧場(北見市)

出典:北きつね牧場ホームページより引用

営業時間 4月~10月  8:00~18:00
11月~3月  9:00~16:00
休園日 なし
入場料 大人・高校生・・・500円
中学生・・・・・・400円
小学生・・・・・・300円
アクセス JR留辺蘂駅からバスで20分

北海道北見市の道の駅おんねゆ温泉の奥に北きつね牧場があります。ここでは、約100匹のキタキツネが放し飼いされていて、毛づくろいをしたり、うたた寝したりするかわいいキタキツネの様子を間近に見ることができます。

<参考>北きつね牧場

釧路市動物園(釧路市)

出典:釧路市動物園YOU TUBEチャンネルより引用

営業時間 4月10日から体育の日 9:30~16:30(入園は16:00まで)
体育の日の翌日~4月9日 10:00~15:30(入園は15:00まで)
休園日 12月の毎週水曜日・年末年始
1月、2月の毎週水曜日(祝祭日にあたる日を除く)
入場料 大人(高校生以上)・・・570円
※中学生以下は無料
アクセス JR釧路駅から タクシー・レンタカーで27分(18km)

北海道の東側にある釧路動物園は1975年に開園した歴史ある動物園。ライオンに代表される哺乳類27種類とタンチョウやクジャクなどの鳥類28種を見ることができます。毎月さまざまなイベントが企画されており、動物画コンクールなども開催しています。

<参考>釧路市動物園

東北地方

弥生いこいの広場(青森県)

出典:弥生いこいの広場ホームページより引用

営業時間 4月下旬~11月上旬 9:00~16:30
休園日 冬季(11月上旬~4月下旬)は閉鎖
入場料 大人・・・・・・・・・・・・430円
中人(中・高校生)・・・・・270円
小人(4歳以上~小学生)・・・210円
アクセス 弘前駅から車で40分

ラマやプレーリードッグなど、愛らしい動物がたくさんいる弥生いこいの広場。ウサギやヤギと遊べるふれあいコーナーやポニーに乗れる牧場などがあり、動物を身近に感じられる施設です。敷地内にはオートキャンプ場やピクニック広場もあります。

<参考>弥生いこいの広場

宮城蔵王キツネ村(宮城県)

出典:宮城蔵王キツネ村ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00
※11月15日~3月20日 9:00~16:00(最終入場15:30)
休園日 水曜日(2月・8月除く)
入場料 大人(中学生以上)・・・1,000円
※小学生以下は無料
アクセス 白石蔵王駅から車で約20分

100頭を超えるキツネが放し飼いされているのは宮城蔵王キツネ村。キタキツネはもちろん、ギンギツネやホッキョクギツネなど6種類のキツネたちが生活しています。5月ごろからは赤ちゃんキツネの抱っこ体験も!

<参考>宮城蔵王キツネ村

大森山動物園ミルヴェ(秋田県)

出典:秋田市大森山動物園ホームページより引用

営業時間 2019年3月16日(土)~12月1日(日) 9:00~16:30(入園は16:00まで)
2019年1月5日(土)~2月24日(日)土曜日・日曜日・祝日のみ10:00~15:00(入園は14:30まで)
休園日 期間中無休
入場料 大人・・・720円
※高校生以下無料
アクセス JR秋田駅からバス大森山動物園行き約30分

ワオキツネザルやミーアキャットなど、見た目がかわいい動物からアフリカゾウやライオンといった大型の動物まで、幅広い種類の動物が見られます。ふれあい広場ではウサギやモルモットなどとふれあえます。

<参考>大森山動物園ミルヴェ

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

関東地方

那須アルパカ牧場(栃木県)

出典:那須アルパカ牧場ホームページより引用

営業時間 10:00~最終入園時間から1時間(最終入園時間 平日 15:30、土日祝日 16:00)
休園日 木曜日(祝祭日の場合は営業)
※2月末まで木・金
12月31~1月2日
入場料 大人・・・・800円
シニア・・・700円
中高生・・・600円
子ども・・・400円
アクセス JR黒磯駅下車 車で約30分
JR新白河駅下車 車で約25分

アルパカは南アメリカのアンデス地方で、インカ帝国の時代から家畜として人と暮らしてきました。臆病で恥ずかしがり屋、それなのに好奇心が旺盛で憎めないキャラクターです。日本では1999年に初めて那須アルパカ牧場で飼育を開始したことで広く知られるようになりました。

<参考>那須アルパカ牧場

高宕山自然動物園(千葉県)

出典:富津市ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00
休園日 なし
入場料 大人・・・300円
小人・・・100円
アクセス JR内房線上総湊駅から戸面原ダム行きバス「関豊」下車

房総半島にある高宕山自然動物園は天然記念物に指定された高宕山ニホンザルを間近に見ることができる動物園です。サル用のえさが販売されており、自分で餌付けをすることもできます。

<参考>富津市ホームページ:高宕山自然動物園

夢見ヶ崎動物公園(神奈川県)

出典:夢見ヶ崎動物公園ホームページより引用

営業時間 9:00~16:00
休園日 年中無休
入場料 無料
アクセス JR横須賀線・湘南新宿ライン新川崎駅:徒歩約15分
JR南武線 鹿島田駅:徒歩約20分

レッサーパンダやフンボルトペンギン、インドクジャクといった動物が飼育されている夢見ヶ崎動物公園は、川崎市が管理していて入園料が無料です。2019年のお正月にはテンジクネズミが出産し、たくさんの赤ちゃんが公式Facebookでも紹介されています。

<参考>夢見ヶ崎動物公園

板橋区立こども動物園 高島平分園(東京都)

出典:板橋区ホームページより引用

営業時間 10:00~16:30
(12月~2月は10時~16時)
休園日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
入場料 無料
アクセス 都営三田線 高島平駅下車 徒歩5分

板橋区が徳丸ヶ原公園内で運営するこども動物園高島平分園はヤギやモルモットなど、小型でなじみのある動物が中心です。動物に直接ふれたり、エサをあげたりすることができます。板橋区内には東板橋公園内にあるこども動物園本園もありますが、こちらは改修工事中のため2020年夏ごろまで長期休園しています。

<参考>板橋区:こども動物園 高島平分園

中部地方

静岡市立日本平動物園(静岡県)

出典:日本平動物園ホームページより引用

営業時間 9:00~16:30
休園日 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)
12月29日~翌年1月1日まで
入場料 大人(高校生以上)・・・610円
小中学生・・・・・・・・150円
※未就学児は無料
アクセス JR東静岡駅より、しずてつジャストライン「静岡日本平線」で10分

2013年にリニューアルオープンし、豊富な行動展示で従来よりも動物の生態を体感しやすい日本平動物園。頭の上をフンボルトペンギンやホッキョクグマが泳いだり、かわいらしいレッサーパンダがつり橋を渡ったり、動物たちの自然な行動をわかりやすく見せてくれます。

<参考>日本平動物園

IPCわんわん動物園(愛知県)

出典:IPGわんわん動物園ホームページより引用

営業時間 10:00~17:00
休園日 金曜日※月によって1~2回
詳しくはホームページ
入場料 大人(中学生以上)・・・1,240円
小人(4歳以上)・・・・・620円
アクセス 名鉄本線 男川(おとがわ)駅より徒歩7分

愛知県岡崎市にある犬のペットパークIPCわんわん動物園にはワンちゃんがいっぱい!さまざまな種類のワンちゃんとふれあえるだけでなく、ワンちゃんが出演するショーやお芝居を楽しむこともできます。

<参考>IPCわんわん動物園

ぎふ金華山リス村(岐阜県)

出典:ぎふ金華山リス村穂ホームページより引用

営業時間 9:30~16:30(最終入村:16:15)
休園日 年中無休
入場料 4歳以上・・・・・200円
アクセス 岐阜駅からバス「岐阜公園歴史博物館前」バス停で下車

ぎふ金華山リス村は、金華山ロープウェーの山頂駅の目の前にあります。金華山はリスのエサとなるシイやドングリの実が豊富で、天敵も少なく、リスが生活するのにとても良い環境です。たくさんのリスに囲まれて、楽しい時間を過ごしてみませんか?

<参考>ぎふ金華山リス村

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

近畿地方

神戸どうぶつ王国(兵庫県)

出典:神戸どうぶつ王国YOU TUBEチャンネルより引用

営業時間 通常営業時間(3月~11月)
【平 日】10:00~17:00(入国締切16:30)
【土日祝】10:00~17:30(入国締切 17:00)
■冬期(12月~2月)
【平 日】10:00~16:30(入国締切16:00)
【土日祝】10:00~17:00(入国締切16:30)
休園日 毎週木曜日(祝日・春休み・GW・夏休み・年末年始は営業)
入場料 大人(中学生以上)・・・1,800円
小学生・・・・・・・・・1,000円
幼児(4歳・5歳)・・・・300円
アクセス ポートライナー「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)」駅下車

天候に左右されず、100種類以上の動物と出会える神戸どうぶつ王国。壁や檻を極力なくし、動物との距離が近いと評判です。アルパカやカンガルーなど、普通は遠くから眺めるばかりの動物にエサやりをしたり、冬はカピバラがお風呂に入る様子も見られます。

<参考>神戸どうぶつ王国

滋賀農業公園ブルーメの丘(滋賀県)

出典:滋賀農業公園ブルーメの丘ホームページより引用

営業時間 平日  10:00~17:00
土日祝 9:30~18:00
【冬季期間中(12/1~2/28)】
全日 10:00~17:00
休園日 3月~11月 水曜日
※水曜日が祝日の場合・春休み、4月、GW、夏休みは営業
12月~2月 水曜日・木曜日
※冬休みは営業
※降雪などにより臨時休園となる場合あり
入場料 【3月~11月】
大人(中学生以上)・・・・1,000円
子ども(4歳~小学生)・・・600円
【12月~2月】
大人(中学生以上)・・・・500円
子ども(4歳~小学生)・・・300円
アクセス 近江鉄道日野駅から近江バス「北畑口」行き約15分

酪農がテーマの体験型農業公園ブルーメの丘。牛や豚などの家畜はもちろん、カンガルーやエミューとった珍しい動物もたくさんいます。動物とのふれあいはもちろん、四季折々の花や農業体験で自然を感じたり、アトラクションで遊んだりできます。

<参考>滋賀農業公園ブルーメの丘

福知山市動物園(京都府)

出典:福知山市動物園ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日 毎週水曜日(祝日と重なる場合は翌日)
12月28日~1月1日
入場料 大人・・・・・・・210円
4歳~中学生・・・100円
アクセス 福知山駅からバス「三段池」バス停下車徒歩約5分

レッサーパンダやフンボルトペンギンなど、小型の動物が集められた福知山市動物園。ふれあい広場ではウサギやミニブタと遊べます。動物園がある散弾池公園には植物園や児童科学館もあり、1日中楽しむことができます。

<参考>福知山市動物園

中国・四国地方

おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ(岡山県)

出典:おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00
※お盆期間中(8月11日~8月15日)9:00~19:00
休園日 水曜日(12月〜2月は火・水曜日)
入場料 無料
アクセス JR姫新線勝間田駅下車、タクシー5分、徒歩20分

おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ内にある「ふれあい動物園」では、岡山で有名な奇跡の牛「元気くん」をはじめとする家畜や、ウサギ、チャボといった小動物と一緒に遊べます。敷地内には琵琶湖忍者国際ホーススクールがあり、乗馬体験も可能です。

<参考>おかやまファーマーズ・マーケット ノースヴィレッジ

愛媛県立とべ動物園(愛媛県)

出典:愛媛県とべ動物園ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開園)
入場料 大人・・・・・・・・500円
高齢者・高校生・・・200円
小中学生・・・・・・100円
アクセス 松山市駅からバス「とべ動物園前」下車

ホッキョクグマのピースが大人気のとべ動物園。園内は生息地域ごとに分けられ、ライオンやゾウといった大型の動物だけでなく、レッサーパンダやコツメカワウソなどの小型の動物もたくさんいます。爬虫類を中心に集めたスネークハウスなども必見です。

<参考>愛媛県とべ動物園

わんぱーくこうちアニマルランド(高知県)

出典:わんぱーくこうちアニマルランド ホームページより引用

営業時間 9:00~17:00
休園日 水曜日(祝日の場合翌日)・12月28日~1月1日
入場料 無料
アクセス 土佐電鉄「桟橋通五丁目」電停から徒歩10分

およそ100種類の動物が飼育されている「アニマルランド」。アニマルギャラリーで動物と来園者を隔てるのはガラス1枚だけなので、ガラス越しに動物たちとのコミュニケーションが楽しめます。飲食物の持ち込みもできるので、ピクニック気分で訪れたいスポットです。

<参考>わんぱーくこうちアニマルランド

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

九州地方

ピクニカ共和国(福岡県)

出典:ピクニカ共和国ホームページより引用

営業時間 10:00~17:00(最終入園 16:30まで)
・夏季(7・8月)
10:00~18:00
・冬季(12・1・2月)土日祝日のみ開園
休園日 水・木曜日
※GW・春休み・夏休み 無休
入場料 大人・・・700円
小人・・・400円
アクセス 新飯塚駅から車で20分

ヤマアラシやボリビアリスザルなど、バラエティに富んだ小型の動物がたくさんいるピクニカ共和国。ネコやウサギなどの身近な動物にもふれあえる楽しいテーマパークです。大自然に囲まれながら、のびのびと遊べるのではないでしょうか。

<参考>ピクニカ共和国

長崎バイオパーク(長崎県)

出典:長崎バイオパーク ホームページより引用

営業時間 10:00~17:00(入園締切 16:00)
休園日 なし
入場料 大人・・・・・・1,700円
中高生・・・・・1,100円
3歳~小学生・・・800円
アクセス 長崎駅から路線バス(大串行)「二股」バス停下車 徒歩10分

長崎バイオパークでは生体展示方式を採用し、動物たちが自由に暮らせる環境を作っています。来園者は彼らの生活エリアの中に入って、動物たちとふれあいます。小型動物はもちろん、カバやバクのような大型の動物にもエサをあげられます。

<参考>長崎バイオパーク

まとめ

今回は小さな子どもを連れていくことを考え、少し規模が小さめの動物園を中心に選んでみました。動物との距離が近い分、普段の生活では思いもよらない子どもたちの反応が見られるかもしれません。

地方自治体が運営する動物園は、入場料が安いものが多く、中には無料のところもありました。動物園を訪れることで、子どもたちに日常では得られない体験をさせてあげたいものですね。

保育ICTシステムのお問い合わせはこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる