保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

保育士不足を解消!?原因と対策をタイプ別に解説!認可と認可外との違いによるポイントも!

保育士不足を解消!?原因と対策をタイプ別に解説!認可と認可外との違いによるポイントも!

近年の待機児童問題の裏には、深刻な保育士不足が背景にあります。この保育士不足問題に関して、どのような対策をするべきなのでしょうか。今回は保育士不足の背景となる原因と、それを解決に導く対策についてご紹介していきます。ぜひ保育園運営や保育士の人材確保に役立ててくださいね!

保育士不足(慢性的な人手不足)を解決するためには?

保育士の離職理由の多くは、待遇への不満や人間関係の悩みといわれています。優秀な保育士に長く働いてもらうためには、働きやすい職場づくりが必要です。保守的な保育所が多い現状では、新しい制度の構築や保育ICTシステムの活用など、先進的な取り組みによってほかの園との差別化が図れます。

スポンサーリンク

原因を把握

まずは、保育士が離職してしまう理由・人手不足の原因を把握しましょう。給与や福利厚生などの待遇面なのか、人間関係なのか、最近では保育ICTシステムを活用して業務効率化し残業などを減らした労働環境が良い園への転職を行う保育士も増えているため、他の園の方が魅力的に感じて離職してしまうこともあるでしょう。

原因を把握できれば、後は対策を行うだけです。

対策を行う

優秀な保育士に長く働いてもらうことや、保育士の人材を確保するという点に関して、まずは保育園でできる対策を行ってみてはいかがでしょうか。働く職場の環境が改善されることで、他の保育園との差別化にも繋がります。自分の保育園で働いている保育士の声に耳を傾け、少しでも改善できる部分に取り組んでみてはいかがでしょうか。

本サイトでは、ICTシステム導入についてプロに無料でご相談していただけますので、ぜひ活用して下さいね。保育士の方からの園長先生をどうにか説得したい、運営責任者に導入した際の費用対効果を説明してほしいといったご相談もお待ちしております。
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

無料相談を予約する


スポンサーリンク

原因①:給与、福利厚生などの待遇面

保育士の給与は低いというイメージがありますが、実際はどれくらいなのでしょうか。厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査からのデータによると、保育士の平均月給(税込額)は約22万円。全職種平均は33万円と、10万円以上もの差があるようです。

職種 平均年齢 勤続年数 決まって支給する現金給与額
全職種 42.2歳 11.9年 333.7千円
保育士 36.0歳 7.7年 223.3千円
幼稚園教諭 33.0歳 7.7年 229.0千円
看護師 39.0歳 8.0年 331.8千円

(参考データ:”保育士の平均賃金”厚生労働省から一部抜粋)

こうした給料の問題に加えて、業務量が多いために残業が増えたり、帰宅後に作業をしなければならないといった問題もあるのが実情でしょう。
また、福利厚生の面に関しては保育園によって異なります。保育士の人手不足が問題になっているからこそ少しでも待遇や福利厚生を整えるできではないでしょうか。

原因②:人間関係

保育士が退職を考える原因の一つとして、人間関係の不安がある場合もあるでしょう。保育士は、保育園で働く職員だけでなく、保護者やお子様とも信頼関係を築いて行かなくてはなりません。この人間関係の問題や悩みに対しても保育園として一人一人の保育士とコミュニケーションを取って向き合って行く必要があるでしょう。

スポンサーリンク

原因③:労働環境

労働環境も保育士が退職する大きな原因になっています。保育士は、一般的な会社員と比較しても、不規則なシフト勤務と言えるでしょう。早朝保育に対応するために早朝からの出勤、延長保育に対応するための遅番勤務など、日にちや曜日によって出勤・退勤時間が異なります。

それだけでなく、保育が終了した後も、庶務作業や雑務、行事関連の準備をするためにサービス残業も当たり前になってしまうこともあるのです。

原因④:採用時のミスマッチ

保育士それぞれのキャリアプランやライフプランと、保育園側の労働規約・条件が合わずに退職を選ぶ保育士も多くいるでしょう。
保育士資格を持ちながらも実際にはその資格を生かせずにいる方々を、「潜在保育士」と言います。この潜在保育士をこれ以上増やさないためには、採用時にしっかり保育士のキャリアプランやライフプランを聞き、把握することが大切でしょう。

原因⑤:キャリアプランが不明確

保育士側が抱くキャリアプランが不明瞭な場合もありますが、保育園側もキャリアアップや昇給・昇格に関する情報や奨励を進めるべきでしょう。保育士全員にキャリアアップに関する情報を共有し、様々な機会を用意することで全体の士気や保育レベルの底上げにも繋がる可能性があります。

保育ICTシステム導入でお悩みではありませんか?

数あるシステムの中から希望の条件にあったICTシステムを選ぶのは大変です。本サイトでは、ご希望の条件にピッタリな保育ICTシステムを無料でご紹介いたします。資料請求だけでもOK!さらに、補助金を活用した導入サポート月額費用を抑える方法など、導入実績豊富なプロだからこその知識保育ICTシステム導入を徹底サポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

>>メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

スポンサーリンク

対策①:コストを削減し、待遇改善にあてる

保育士の待遇を改善することが重要担ってきますが、まずはコストの削減が必要です。そこでおすすめなのが「ICTシステム」の導入。
ICTシステムは業務効率化を促してくれるため、保育士の書類作成にかかる時間や登降園に関する情報、シフト作成等にかかる時間を飛躍的に短縮できるようになるでしょう。そのため、毎日の業務としてそれらの時間を他の業務に当てることができるようになりますよね。

残業時間も減るため、人件費削減、保育園運営に関するコストの削減に繋がるのです。この浮いたコストを保育士の給料や待遇面の改善に充てることができるでしょう。

対策②:職員間のコミュニケーションや相談しやすい環境をつくる

職員間の人間関係が重要なのは言うまでもありません。一般的にも、職場での人間関係が良好の場合、それだけで長く働きたいと思える理由になりますが、人間関係が良くない場合、どんなに待遇や給料が良くても長く働けない精神状態に追い込まれてしまいますよね。

保育園では、働く保育士同士がよりコミュニケーションを取りやすい環境を整えること、一人一人の保育士と向き合う機会を増やすことをおすすめします。

またICTサービスの導入によって、人間関係にも良い影響を与える可能性があります。ICTサービスのなかには、職員間で連携が取れる機能や各種連絡事項を共通で使えるものもあり、こういった機能が、スムーズなコミュニケーションを取るきっかけにも繋がるでしょう。

主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

対策③:業務を見直し効率化やシステム化

保育士が抱える多くの業務に関して、その負担を軽減するための見直しをしてみましょう。全ての業務を一度見直すことで、統合・分担、優先順位をつけるなど、業務量は軽減するはずです。

また、この点でも大いに役立つのがICTシステムです。ICTシステムは、多くの作業や業務をデジタル化することで効率化させることが大きな役割であるため、保育士が抱える多くの業務を効率化することで、保育士の業務負担が飛躍的に軽減されるでしょう。

対策④:採用を強化する

保育士の採用強化にも力を入れておきたいところです。

優秀な保育士や保育園にとって足りない時間帯に勤務できる人材を確保するために、求人サイトを厳選する必要があるでしょう。
もちろん地域柄、保育園の求める人材像等の条件にあった求職者に応募してもらうことも大切なので、総合的にどこの求人サイトに募集をかけるのか、良く考えて採用の質を強化していくと良いでしょう。

保育士の退職の原因にもなる「キャリアプラン」に関する求職者の考えと保育園の姿勢をしっかり照らし合わせることも重要なポイントになるため、この点も注意して採用を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

対策⑤:キャリアパス制度の導入

厚生労働省でも、保育士の人材確保や待遇改善のためにキャリアアップ研修に関するガイドラインを制定しています。各保育園でも、保育士のキャリアプランやキャリアアップを実現するためにも、それを支援する制度や仕組みを整えてみてはいかがでしょうか。

キャリアパスを明確に示すことで、やる気にもつながり、日々の保育業務もよりレベルアップするでしょう。

認可保育園と認可外(無認可)保育園の違いでの対策のポイント

認可保育園

認可保育園は、認可外保育園と比べると一般的には保育料も安いと言われていますよね。認可保育園には公立と私立のものがありますが、安定した人気があるのがこれらの認可保育園です。その中でも私立保育園に関しては、その地域を管轄する役所が管理をしますが、運営自体は運営元のNPO法人や社会福祉法人が行なっています。

そのため、保育士の待遇や労働環境を向上させていくのも保育園側が行なっていくものとされるでしょう。コスト削減やキャリアアップ、労働環境なども含めて保育士が長く働ける環境を整えるために全体的に動いてみてはいかがでしょうか。

認可外保育園

認可外保育園は、企業が運営する保育園。管理等も運営元の企業が行うことになるため、保育料等も自由に設定できます。認可外保育園によっては、20代という若さで園長として活躍できるチャンスもあるという点がポイントです。給料や福利厚生面の改善とともに、特にキャリアアップをポイントとして保育士の確保に繋げることができるでしょう。

主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

公立と私立保育園の違いでの対策のポイント

公立

公立の保育園は、すべて認可保育園になります。勤務する保育士は地方公務員になるため、私立に比べると給与水準が高い傾向にあります。地方公務員になるため、保育園側で給料や待遇の改善は難しいかもしれませんが、保育園側が一人一人の保育士と向き合い、コミュニケーションをしっかり取ることで信頼関係を深めることは大切になってくるでしょう。

保育園の場合、原則として勤務する園を自分で選ぶことができません。また数年ごとに異動があり、場合によっては役所の保育課などに配属され、子どもと関わる機会が極端に少なくなる可能性もあります。

スポンサーリンク

私立

私立の保育園は、NPO法人や私企業が運営しているため、保育士の給料や待遇は自由に決めることができるようになっています。そのため、保育園の運営に関するコストを削減して保育士待遇の改善充てることで、保育士の確保に繋げられるでしょう。

また、私企業の保育園だからこそキャリアアップに関する情報を透明化し、保育士全体の専門性スキルの底上げやそれぞれのキャリアアッププランに対応できるようなチャンスを用意しておくことが望ましいでしょう。


保育ICTシステム導入が課題解決の近道

保育士の人手不足の原因を考えたとき、解決に役立つのが「ICTシステム」の導入です。このシステムを導入することで、保育士の業務負担を減らすことに繋がり、その分の残業代や人件費削減に繋がるでしょう。ICTシステムには様々な種類があるので、ぜひ保育園にあった機能を有するものを探して検討してみてください!

また、こうしたICTシステムの導入の際、条件等を満たすことで国から補助金が出るのをご存知でしょうか。ICTシステムの導入は、保育士不足や保育士の負担軽減策のためにも推進されているシステムなのです。導入を検討している場合は、こういった補助金の情報も把握するとよりお得に導入できるでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

今回は保育士不足に対する解決策をご紹介しました。待機児童問題が未だに解決しないなかで、保育士不足も深刻化しているのが現状です。少しでも現場の保育士の声に耳を傾けて、働きやすい環境や長く働ける仕組み作りに工夫してみてはいかがでしょうか。

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連タグ

スポンサーリンク

保育ICT化
無料相談

保育ICTシステム
一覧・比較

現在のURLを
メールで送る