大きくてかっこいい!子どもと一緒に覚えたいトラックを集めてみました

物流に欠かせないトラックは、街中でもよく見かけますよね。普通トラックは、小型・中型・大型に分けることができます。また、黄色いナンバープレートの軽トラックは、軽自動車の規格に合わせて作られたトラックです。今回は小型・中型・大型トラックの違いを説明したうえで、国内4大トラックメーカーの普通トラックの名前と、各社の特徴をご紹介します。

トラックの種類


普通トラックは最大積載量と車両総重量により、小型・中型・大型に分けることができます。また、トラックメーカーでは小型・中型・大型トラックごとに名前が付けられています。

小型トラック

小型トラックは最大積載量が2~3tで、車両総重量5t未満のトラックのことです。近距離の店舗間の配送には、小型のトラックが使われることが多いです。引越しで使う際は、荷物の少ない単身者であれば軽トラックか2tトラックで十分でしょう。

中型トラック

中型トラックは最大積載量が3~6.5tで、車両総重量5~11t未満のトラックのことです。3~4人家族の引越しで使うなら、小型の3tトラックか、中型の4tトラックを使うことが多いです。建設・工事現場での資材運びでは、主に中型以上のトラックが使われます。

大型トラック

大型トラックは最大積載量が6.5t以上で、車両総重量11t以上のトラックのことです。主に長距離間の配送に使われます。車を何台も移動させたり、舞台装置を運んだり、大型だからこそ運べるものがたくさんあります。

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

国内4大トラックメーカーのトラック名と特徴

国内収益No.1のいすゞ自動車

いすゞ自動車HPより引用

<トラックの製品名>

小型トラック:エルフ

中型トラック:フォワード

大型トラック:ギガ

いすゞ自動車は「いすず」と呼ばれることが一般的です。トラックやバスなどの商用車を中心に取り扱う自動車メーカーです。いすゞ自動車のトラックには、正面の窓の下に「ISUZU」とローマ字でロゴが入っています。

国内で収益1位のトラック製造業者で、特に小型のエルフは世界的に高い知名度を持っています。また、中型のフォワードは、あらゆる業種の作業現場で活躍しており、消防車や、イベントなどで電力を供給する電源車のベースとしても用いられています。

いすゞはディーゼルエンジンの技術に長けていて、エンジンの騒音や振動が小さくストレスにならないと言われています。このディーゼルエンジンは、日本以外にも中国・東南アジア・中東・アフリカなど幅広い地域で高いシェア率を誇ります。

顧客満足度が高い日野自動車

日野自動車HPより引用

<トラックの製品名>

小型トラック: デュトロ

中型トラック:レンジャー

大型トラック:プロフィア

日野自動車は、主にトラック・バスといった商用車を生産する自動車メーカーです。「日野」「HINO」と読み書きされることが多く、フロント部分に「H」をモチーフにしたロゴが入っています。トヨタ自動車の連結子会社で、トヨタグループ16社のうちの1社です。現在は東南アジアに市場を拡大していて、国内でのシェア率は2位となっています。

エンジン馬力が国内トップクラスで、その他の安全装備や環境技術の性能も優れています。また、トラックの故障が非常に少ないため、顧客満足度が高いメーカーとも言えます。大型のプロフィアは大型トラックシェアトップのため、街中で見かける機会も多いと思います。

エンジン馬力に自信あり!UDトラックス(旧日産UD)

UDトラックスHPより引用

<トラックの製品名>

小型トラック: カゼット

中型トラック:コンドル

大型トラック:クオン

UDトラックスは、大型車の開発・製造と得意とする自動車メーカーです。トラック正面に入っているブランドロゴは、丸いモチーフの中に「UD」と書いてあります。エンジン馬力が強く、坂道発進も難なくこなすトラックが揃っています。重トレーラーのシェア率は、常にトップクラスです。

以前は日産自動車の傘下にあったため、「日産ディーゼル工業株式会社」という名前でした。その時の名残もあり、「日デ(ニチデ)」と呼ばれることもあります。現在は、スウェーデンに拠点を置く多国籍企業のボルボ・グループの子会社です。トラックの内装に高級感があると定評があり、アジア圏や中東・中南米や新興国からも人気があります。

長距離ドライバーに人気の三菱ふそう(三菱ふそうトラック・バス)

三菱ふそうHPより引用

<トラックの製品名>

小型トラック: キャンター

中型トラック:ファイター

大型トラック:スーパーグレード

三菱ふそうは、トラック・バスを含む商用車や産業用エンジンの製造をしているメーカーです。トラックの正面に、「FUSO」というアルファベットと、三菱マークが入っているのが特徴です。ドイツの自動車会社である、ダイムラー社の連結子会社でもあります。ダイムラー社は、自動車ブランドのベンツで日本でもおなじみです。ここの傘下に入ったことで、海外での販路を拡大しています。

小型のキャンターは、欧州でも販売される人気車種です。シートも快適で、エンジンの振動や騒音も少ないため、特に長距離メインの運転をする人に人気があります。また、比較的車体価格が安く、トラックの性能とのバランスがいいと言われています。排気ガス浄化システムを搭載しており、環境技術にも優れています。

まとめ

今回は普通トラックの名前と、大手トラックメーカーの特徴をご紹介しました。トラックは街中をたくさん走っているため、子どもたちと見かける機会も多いと思います。一緒にお散歩しながらトラックの名前を教え合って、遊んでみてはいかがでしょうか。

【ICTキッズ コンシェルジュ】
0120-558-949
 9:00~19:00(土日祝・年末年始休)

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ