【徹底比較】保育園の勤怠管理ならコレ!シフト作成や勤怠管理が便利なおススメのICTシステムを紹介!

昨今の保育業界では、保育園不足からくる待機児童問題や保育士不足など、さまざまな問題を抱えています。中でも、保育士不足の原因となる労働時間・残業時間の問題は、保育業界を悩ませる大きな問題となっています。
これまでは、保育士の業務量が多いため、就業時間内に終わらない業務は残って作業したり、自宅に持ち帰って作業することが非常に多くありました。しかし2018年に可決された「働き方改革」法案により、正確な労働時間の把握が求められるようになり、他の企業と同様に保育士の労働時間も問題視されてきています。

正確に労働時間を把握することで、問題となっている保育士の残業時間削減への対策に繋げることになり、人手不足解消の第一歩となります。
そこで保育士の労働時間の管理や、スタッフのシフト作成などを効率化するため、勤怠管理システムを搭載したICTシステムを比較していきます。

保育園の勤怠管理問題

保育園では、さまざまな要因において保育士の勤怠管理に関する問題で頭を抱えています。ここでは保育園などが抱える、勤怠管理の問題点を紹介します。

パートと社員それぞれでのシフト作成

保育園で働くスタッフは、正社員で働く保育士だけではありません。フルタイム以外にも短時間で働くパートスタッフもいたり、保育園によっては24時間営業のところもあるため、1日のうちでいくつかのシフトパターンが設けられる場合もあります。

園児の人数に対して、配置しておかなくてはいけない保育士の人数も定められているため、法廷労働時間内で調整しつつ、必要な人員を確保できるようなシフト作成を行う必要があります。

正社員・パート別の勤怠管理

正社員やパートの保育士は、勤務形態や給料体系が違うため、勤怠情報は別々で確認しなくてはいけません。出退勤の記録をそれぞれ確認し、誰がパートなのか誰が正社員なのか把握しておく必要があります。

他にも固定給である正社員と違い、パートやアルバイトの場合は時給制となっていることが多いため、残業代の計算やみなし残業を踏まえた計算など給与に関わる確認が細かく、非常に手間がかかります。

保育士の残業時間管理

労働時間の長さにも関わらず、残業代が支払われないなどといった金銭的問題が、保育士の離職率上昇に繋がっています。そういったことが起こらないよう、残業時間を正確に把握しておく必要があります。

各保育士の勤務時間を集計し、残業時間がどのぐらいになっているのか、定められた残業時間の上限を超えていないかなど、日々の時間管理と集計が必要となります。

ICTシステムの導入で勤怠管理・シフト作成の手間が省ける

このように保育園において、保育士の勤怠管理は非常に手間のかかる作業であり、ミスをしてもいけないほどの作業となっています。一人ずつの労働時間を確認し、時給分の金額や残業料金の計算などを行っていくことは、さらに保育士の残業時間を増やすことにもなりかねません。

そこで効果的なのが、ITシステムで勤怠管理を行うということです。近年は、保育士の業務効率化を図るため、書類作成や保育料計算などをシステムを使って手軽に行える「保育ICTシステム」が多数登場しており、多くの保育園や幼稚園で導入が進められています。
この保育ICTシステムには、保育士の勤怠管理やシフト作成をまとめて対応できる機能が搭載されたものもあるため、こうしたICTシステムを活用することで、保育士の工数を減らすことが可能になります。

時間のかかるシフト作成や、勤怠管理を効率化するだけでも保育に力を注げる環境になるはずです。本サイトでは、保育士の業務軽減など課題解決のため保育ICTシステム導入を徹底サポートいたします。

保育士の方からの園長先生や運営責任者に説明してほしいといったお問い合わせはもちろん、園長先生や運営責任者からの導入による費用対効果の説明依頼や補助金を利用した導入など、ICTシステム導入のことならおまかせください!
>>メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

勤怠管理が便利なおススメのICTシステム10選

では数ある保育ICTシステムの中から、勤怠管理やシフト作成機能のあるオススメのICTシステムをご紹介します。

コドモン(Codmon)

2015年にサービスを開始した「コドモン」は、およそ4年で全国4,000園近くで導入されている、国内No.1の保育ICTシステムです。保育士の事務作業を最大限効率化することで、保育の質や専門性を高め、保育士と保護者のコミュニケーションを円滑におこなっていくことを目指しています。
コドモンでは、早番・中番・遅番などのシフトパターンを事前に登録し、必要人数を自動で算出するほか、過去シフトを元にした統計データにより、公平なシフト作成を実現します。またICカードやタッチパネルを使って出退勤時間を打刻するので、時間の確認漏れもなくなり、シフト時間と実稼働時間を一目で比較することが可能。既存の給与システムとの連携もできるので、保育士の給与形態に合わせた実績が手軽に計算することができます。

チャイルドケアシステムプロ(Child Care System+Pro)

多くの保育事業を展開する株式会社social solutionsが提供する「チャイルドケアシステムプロ」は、保育現場の声を拾い上げ、唯一現場から生まれた支援システムです。
チャイルドケアシステムプロは、他サービスと比較しても豊富な機能が備わっており、保育園全体の業務から、保育士、保護者まで多くの方々が行う作業の効率化を可能にしています。
「チャイルドケアシステムプロ」を導入すると、出勤時間や登降園時間をパターン化して登録できるので、シフト作成が簡単になり、毎月のシフト作成にかけていた時間を大幅に短縮できます。さらに出退勤時間の記録も、ひと月分が一目で確認できるため、一人分ずつ確認していく必要もありません。

キズナコネクト

保育士向けの転職支援サービス「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビートが、あえて園長業務に着目して開発したICTシステムが「キズナコネクト」です。

キズナコネクトでは、普段利用している交通系のICカードを使って出退勤の打刻が可能で、その打刻データはリアルタイムで記録・確認が可能になっています。記録された打刻データを元に、遅刻や早退、そして残業も管理することが出来ます。
また勤務形態に合わせてシフトパターンを登録しておくことで、時間のかかるシフト作成も簡単!異なる配置人数調整も、シフト時間を踏まえて自動で計算してくれます。

園支援システム(+バスキャッチ)

株式会社VISHが開発した「園支援システム」は、面倒な指導案作成や保育料の計算を始めとした、保育園業務を効率化するICTシステムです。

職員は、iPadを使ったタッチ式やICカードに対応した勤怠管理機能を活用して、正確な労働時間を集計することが可能です。出退勤時間が正確に記録されるため、残業時間などもきちんと集計し、残業代の計算に役立てることができます。

WEL-KIDS(ウェルキッズ)

WEL-KIDS(ウェルキッズ)」は、保育園や幼稚園などの保育施設における業務を効率化し、保育士や職員が働きやすい職場環境を作るためのICTシステムです。

ウェルキッズでは、シフトを振り分けるルールさえ設定していれば、ボタン一つでルールに従ったシフト表を自動で作成します。人員配置状況も、さまざまな条件で集計が可能で、一目で過不足が確認可能です。職員たちのシフト状況も、一つの画面で全員分が分かりやすく表示されるため、誰が出勤なのか、何時に来るのかもすぐに確認でき、引継ぎもスムーズに行うことができます。

勤怠管理・シフト作成ができる保育ICTシステムをお探しではありませんか?

数あるシステムの中から希望の条件にあったICTシステムを選ぶのは大変です。本サイトでは、ご希望の条件にピッタリな保育ICTシステムを無料でご紹介いたします。資料請求だけでもOK!さらに、補助金を活用した導入サポート月額費用を抑える方法など、導入実績豊富なプロだからこその知識保育ICTシステム導入を徹底サポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

>>メールでの勤怠管理・シフト作成システム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「勤怠管理・シフト作成システム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

おまかせ保育園システム

おまかせ保育園システム」は、スマホやタブレット、パソコンなどあらゆる機器からの情報を繋ぎ、煩雑な保育園業務の効率化を図るICTシステムです。
おまかせ保育園システムでは、登降園時と同じ方法で、職員の勤怠受付も行っています。ICカードやICタグを使って、保育士を始めとした職員の出退勤を記録することが出来ます。この出退勤記録から、全体や個別などさまざまな形で集計し、予定シフトとの比較も可能です。登録しているシフトは、スマホやパソコンから簡単に確認が出来るので、急な交代などにもすぐに連携ができます。

KidsDiary (キッズダイアリー)

KidsDiary (キッズダイアリー)」は、園長・保育士・保護者に必要な機能をワンストップで管理が出来るICTシステムです。ややこしい複数のツール管理から解放し、保育園から保護者までの情報を連携して、コミュニケーションの質を高めるシステムになっています。
専用のアプリを利用することで、早朝や夜間などの電話連絡が出来ない時間帯でも、すぐに保育園への連絡が可能です。セキュリティレベルも強いため、保護者や保育士のプライバシーも安心して守ってくれます。

ChiReaff Space(チャイリーフスペース)

ChiReaff Space(チャイリーフスペース)」は、愛情に満ちた子育てを行い、子どもがのびのびと成長する場所をサポートするICTサービスです。保育士が抱える負担を減らし、保護者も安心できる、質の高い保育を目指しています。
これまで毎月手作業で考えていたシフト作成も、早番・遅番の回数や勤務形態、休暇希望などを踏まえ、基本パターンを事前に作成しておくことで、バランスの取れたシフト作成を実現します。

パステルApps

パステルApps」は、園児や保育士、保護者の情報をクラウドで管理し、外出先からもお知らせなどの連絡が可能な、連絡アプリです。連絡機能以外にも、指導案作成や登降園管理など、園の業務を効率化するシステムです。
勤務パターン別に職員のシフト作成ができ、月別・日別でシフトの確認や調整が可能です。直感的な操作でシフトを組め、全体の配置状況が把握しやすくなるよう集計されます。またそのシフトは、パソコンやスマホなどの専用画面で確認ができます。職員ごとにQRコードを発行し、出退勤打刻も記録します。

おが~るシステム

北日本の言葉で“成長する・大きくなる”という意味を持つ『おがる』という名前がついた「おが~るシステム」は、自治体と大学との共同研究により開発されたICT支援システムです。誰が見てもわかりやすく、説明書も不要なぐらいのメインメニューで、パソコン操作などが苦手な方でも安心して利用できます。
保育士や職員の勤務形態を登録し、簡単に職員ごとのシフトを作成します。また出退勤記録と連動して、労働時間や残業時間の計測などもできるほか、これらの記録をCSV出力や印刷で出すことが可能です。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

まとめ

保育士の業務負担が叫ばれている昨今、多くの保育施設で職員の業務を効率化し、少しでも負担を軽減するシステムの導入が増えてきています。保護者とのコミュニケーションや、書類作成を効率化する機能は多いですが、保育士の勤怠管理やシフト作成もシステムの導入一つで一気に負担を軽くすることが出来ます。
今後、保育士の働き方も他の企業のように、ますます多様化が進むと予想されます。正社員やパート、フルタイムや時短勤務が混在する中で、勤怠管理機能のあるICTシステムを活用し、より事務作業に手をかけず、子どもの保育に力を入れられるようになっていきたいですね。

ICTキッズでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園や幼稚園を応援しています!あなたに代わって条件にピッタリあったシステムを保育ICTシステム導入の知識・導入経験豊富なプロが無料でご紹介いたします!まずは、疑問点や不明点のご相談のみでも構いませんので、ぜひ活用してくださいね。

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

関連タグ