育児のシェアリングエコノミー「子育てシェア」A-sMama(アズママ)とは

こんにちは、ICTキッズ編集部です。最近「アキッパ」や「Airbnb」といったシェアリングサービスが普及してきています。アキッパと空き地になった場所を駐車場としてシェアするものです。Airbnbは、空いている部屋をシェアできるサービスです。「私の30分売ります。」の文言で知られている「TimeTicket(タイムチケット)」も、同様のビジネスモデルです。

最近はシェアリングエコノミーを「子育て」に取り入れている企業があります。今回は「As-Mama(アズママ)」について紹介します。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは、様々なモノをシェアすることで、お互いの利益を創出するビジネスモデルです。代表的なシェアリングエコノミーには以下のようなものがあります。

自分の時間や労働力をシェアすることで、新しい価値を生み出すのがシェアリングエコノミーです。このようなビジネスモデルが成立する背景には、インターネットやスマートフォンの普及があります。

子育てシェアリングエコノミー「As-Mama(アズママ)」

「As-Mama(アズママ)」は、近所の知り合いやママ友とスマホアプリを通じてつながり、ちょっと時間が無いときに子どもの送り迎えを頼んだり、預かってもらうサービスです。時間単価は1時間あたり500円~と比較的安価で、気兼ねなく依頼できます。

「As-Mama(アズママ)」の利用方法

まず、スマートフォンに「As-Mama(アズママ)」アプリをダウンロードします。Facebookアカウントもしくはメールアドレスで登録をしましょう。プロフィール登録画面に進んだら、名前やプロフィール写真、性別等の情報を登録します。子どもがいる方は、子どものプロフィールを入力します。

「As-Mama(アズママ)」公式サイト

「As-Mama(アズママ)」は自分の友達をアプリに招待する機能があり、LINEやFacebookといったSNSを利用したり、招待メールを送信することができます。友だちがアプリを利用していれば、知らない人に子どもを預けるリスクが減らせます。

お願いをする場合は、「送迎・託児を頼りたい」というボタンをタップします。次に「お願いしたい内容」「子ども」「日時」を指定します。保育園に通っている旨を登録しておくと、「送迎」という選択肢が選べるようになります。お願いの際の条件や責任についての注意事項を熟読した上で「お願い」を発信しましょう。

このアプリを使えば、お世話の受け入れができることを近所にお知らせできます。お世話できる内容や具体的な提案をしっかりと明記してきます。この際にプロフィールも一緒に表示されますので、お願いする側は安心して預けることができます。

このサービスは近所のコミュニティー形成を促すアプリと言えます。核家族化が進み、近所との付き合いが希薄になった現代において、スマホを通じて再び近所とのつながりを持つことができます。

まとめ

近所とのコミュニティー活動も「As-Mama(アズママ)」のようなICTシステムで活性化しつつあります。経済成長とともにつながりが薄れてしまった地域社会。しかし待機児童問題や保育士不足などによって、再びお互いに助け合う社会に回帰するのかもしれません。