【てぃ先生登壇】保育地図主催の「保育士向けセミナーin東京」に潜入レポート!

こんにちは、ICTキッズ編集部です。2019年3月3日(日)、ICTキッズの姉妹サイト「保育地図」がリニューアルを記念して保育士向けセミナーを開催しました。当日はカリスマ保育士てぃ先生が登場し、これからの時代の保育について講演がありました。今回はそのイベントの様子をお伝えします。

保育地図【保育士向けセミナーin東京】

出典:保育地図ホームページより引用

2019年3月3日(日曜日)、セミナーを共催した「保育地図」のリニューアルイベントとして、全国の保育士や保育関係者の方が参加していました。

開催概要

日時:2019年3月3日(日)13:00開場13:30開始
場所:株式会社Wiz 大会議場 東京都豊島区南大塚
・第1部 これからの時代の保育士とは
・第2部 参加者との懇親会
・第3部 第6回保育ドリプラ2020キックオフミーティング

保育地図とは

保育地図は「子どもを保育施設に預けたいけど、どこにどんな保育施設があるのか分からない」というお悩みを解消するため、保育施設情報を位置で検索できるようにしたサイトです。役所に行けば認可保育園や認証保育園のリスト情報を入手することができますが、それだけでは「どんな園か?」「どれくらいの距離にあるのか?」といった情報は把握できません。一つずつ検索して調べる手間が発生してしまいます。

保育地図では、希望するエリア情報を入力して検索ボタンをクリックするだけで、近所にある複数の保育施設を同時に見つけられます。位置情報だけでなく、それぞれの園の情報を随時追加・更新しているので、最新の園情報をその場でチェックできるのです。

てぃ先生の講演から

今回の「保育士向けセミナー」は、株式会社Wizの大会議室(東京都豊島区)で開催され、フォロワーが46万人いる日本一有名な保育士てぃ先生が登壇しました。アイスブレイクはさすが保育士といったところ。参加者の保育士の方たちもノリがよく、一気に場が和みました。

お話の中でとても感心したのは、子どもと向き合う上で大事な事は残しつつ、積極的に最新のテクノロジーを取り入れている点です。0歳児のクラスにスマートスピーカーのALEXA(アレクサ)を導入し、抱っこで手がふさがった保育士が声で電気を消せるようになって喜ばれたというお話もありました。

その一方で、ALEXAを3歳児に活用したところ「点けて」「消して」「点けて」「消して」を繰り返し、おもちゃになってしまったというエピソードも。同じ道具でも園児に合わせて使い方を工夫しなければならないようですね。

ICTシステムの導入に関する疑問や不明点をシステム知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、安心してシステム導入できます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

テーマは「アダプティブラーニング」

本題の「アダプティブラーニング」とは、子ども一人ひとりに合わせて学習内容を提供することや、その仕組みを意味します。てぃ先生はマインドマップを取り入れているということで、参加者も感心する内容でした。

マインドマップは思考・発想法の一つで、脳内の連想を見える化するノート法です。単語やイラストを交えて整理することで、考えがスッキリまとまります。マーケティングではユーザー分析方法としても使われています。それを保育園の現場で活用するというのです。

参加者もワークショップとしてマインドマップを作成しました。てぃ先生はマインドマップを一人の園児ごとに作成して活用するそうです。園児の個性を詳細に分解すると言ったらいいのでしょうか。

マインドマップにより分解された個性は、園児ごとに最適な保育方法を見つける手立てになるのだそう。てぃ先生の保育園ではこのマインドマップがあるおかげで、その子の興味に合わせた教育ができているそうです。参加者の皆さんも納得の表情でした。

教育担当制のポイント

育児担当制に話が及ぶと、現場あるあるを交えたお話がありました。育児担当制は1人の保育士が3~4人の子どもを担当する制度で、子どもの情緒を安定させる効果があると言われています。

担当制度は、必ずしも決められた保育士さんが決められた子どもを見なければならないのではありません。担当の先生が最終的なよりどころになればいいということでした。しかし、その本質を理解されていない保育士さんも多いようで、自分が担当する子がほかの先生のグループに行ってしまい悩んでいるという事例などを紹介されていました。

新しい用語はどの業界でも戸惑うものですが、保育業界でも同様の事が起こっているようです。定期的に研修会やセミナーに参加して、情報のアップデートをしていく必要性を感じました。

まとめ

過去から続く保育の大切なところは守りつつ、新しいものを取り入れていくというお話は、多くの保育関係者にも聞いていただきたい内容でした。今後も保育地図では保護者向け・保育士向け・園長先生向けといったイベントを定期的に開催する予定だそうです。ICTキッズでもイベント情報を随時お知らせしていきますので、是非ご参加ください。

保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

<関連記事>
【対談】てぃ先生×KitS③ こどもモードKitS(キッツ)が目指す未来
今と昔ではこんなに違う!?保育園に求められる意識改革

 

関連タグ