夢を実現できるかも!? 保育士なら取り入れたい実行力を高める手帳活用術

今年もあと1カ月を切りました。そろそろ来年の手帳の購入を検討している方も多いのではないでしょうか?スマホやタブレットなどデジタルが普及した現代においても、手帳は根強い人気があります。せっかく手に入れた手帳なら、上手に使いこなしたいものですよね。

手帳は仕事が効率良く進められたり、目標が達成しやすくなるとして注目されています。毎日の業務に明け暮れている保育士の皆さんにこそ活用していただきたいツールの1つです。

最適な手帳の選び方

お店に行くとデザインやサイズの異なる手帳が大量に並んでいて、どれを選んでいいか迷ってしまう方が多いと思います。手帳にはいろいろなレイアウトのものがあり、用途や書き込みたい情報量によって選び方は変わります。まず最初に手帳のタイプを確認しておきましょう。

レイアウトの種類

マンスリータイプ

見開き2ページに1カ月の予定が書き込めるマンスリータイプは、1カ月の予定を俯瞰できるので、長期的な予定の把握にピッタリです。ただし記入欄が狭いので、記入する情報を厳選する必要があります。

休日は蛍光ペンで枠を囲ったり、仕事とプライベートなど予定の種類によってペンの色を変えたり、記入するルールを決めておくと省スペースな管理がしやすくなります。月案の概要をメモしたり、毎月発生する月例業務の予定を入れておくとうっかりミスが防げます。

ウィークリータイプ

ウィークリータイプは1ページに1週間が割り当てられていて、見開き2週間になっているものや右側がメモ欄になっているもの、あるいは2ページにわたって1週間分の日付が振られているものなど種類が豊富です。1ページ1週間タイプの方が予定を把握しやすくなりますが、1日分のスペースは狭くなります。書きこむ量が多い人は、スペースが広く取られているものを選ぶと良いと思います。

時間軸が書いてあるタイプなら、予定の時間帯を←→(矢印)で表せば、1日のスケジュールと空き時間が一目でわかるようになります。また1週間のTo Doリストを付せんに記入して管理すれば、翌週に持ちこすタスクもそのまま移動させられます。業務が山積みだからこそ、計画的に仕事をこなす習慣をつけたいものですね。

デイリータイプ

1日につき1ページが割り振られているデイリータイプはスペースが広いので、会議の議事録やセミナーの内容を詳しく記録することが可能です。図解したりイラストを加えたり、比較的自由に書き込むことができます。

仕事用に使う場合は、ウィークリータイプのように時間軸と矢印で予定を管理するスペースを区切っておき、残りのスペースにその日にあったことやアイデア等をメモすると良いでしょう。日記帳として1日の振り返りを記録するのにも適しています。

用途による選び方

仕事を重視するなら

仕事に使う場合は毎日のスケジュールの量でレイアウトを選びます。人との約束が多い人は、行動予定をしっかり記入できるように、見開き2ページに1週間の予定が書き込めるウィークリータイプがオススメです。約束が少ない場合、細かく記録するのが苦手な人はマンスリー、たくさん書き込みたい人はデイリーが良いでしょう。

市販されている手帳はマンスリータイプとウィークリーもしくはデイリーの組み合わせになっているものが多いです。概要をマンスリーに記入して1カ月の予定を把握し、詳細はウィークリーやデイリーに落とし込むのが一般的な使い方です。

プライベートで活用するなら

流行りのライフログを残すなら、デイリータイプの手帳がオススメです。1ページを2分割や4分割にしてテーマを決めるとまとめやすくなります。スペースが広い分、イラストを書いたりシールを貼ったり、アイデア次第で楽しみ方の幅が広がります。お散歩のときに子どもが摘んでくれた花びらや葉っぱなどを貼っておくと、振り返る楽しさが大きくなりますよね。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

夢を叶えるスケジュール管理術

せっかく素敵な手帳を手に入れたのなら、上手に活用したいものです。予定を確実に実行すれば、望んだ未来が手に入ります。今回はダイエットを例に考えてみましょう。

スケジュールの立て方

スケジュールを立てるときは長期→中期→短期の順に考え、最終的に1日の行動予定に落とし込みます。ダイエットをする時、たいていは「3ヶ月で5kg痩せる!」というように目標を決めますよね。そうすると1カ月で約1.7kg、半月で0.85kg痩せないと目標が達成できません。

例えば3ヶ月で5kg痩せるために「一駅手前で降りて家まで歩こう」と決めたとして、あなたはどれだけ実行できますか?決めて終わりになってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで手帳の登場です。目標を達成するためのスケジュールを立てて、手帳に記入していきます。このとき、スケジュールに“余白”を作るのが成功のコツです。

予定通りにいかない時は“余白”で調整

「一駅手前から歩く」ことは簡単なようですが、毎日続けるのは大変です。大雨で外出できない日や体調不良で動けない日もきっと出てくることでしょう。もし予定通りに行動できなかったときに、予定が詰まっていては挽回のしようがありません。そこで万が一の時のためにスケジュールに余白を作っておくのです。

今回は実行しやすくなるように、1週間のうち火曜日と木曜日に歩くことにして、予備日を別の曜日や週末にしておきます。そして、その予定を手帳に書き込み、実行したらチェックを入れることにするのです。何らかの事情で歩けなかった日は、金曜日や週末にウォーキングすればOK!にするのです。…こんなルールなら、続けられそうな気がしませんか?

大切なのは実行した後の行動

計画をしっかりと実行するためには、毎日寝る前に手帳を見返す習慣をつけることが大切です。予定通りに行動できたかどうか、できなかった場合は何が原因だったのか、どうやって挽回するのかを検討し、翌日以降のスケジュールで調整します。

また、週末や月末に実践できたかどうかを確認しましょう。なかなか予定通りに実行できない場合は、計画自体に問題があるのかもしれません。改善点を見つけ出し、翌週以降の計画を修正することで実現力が高まります。

<参考>
仕事の教科書BOOKS 図解 手帳術 学研ムック /仕事の教科書編集部

まとめ

こうして見てみると、スケジュールの立て方は保育指導案と同じですね。でも指導案がダイエットと違うのは、自分の行動の相手が子どもということです。予定通りに実行しようとしても、思うように子どもたちが動いてくれなかったり、狙った成果が得られないこともあると思います。

ここで大切になるのが振り返りの時間です。問題点を洗い出して改善方法を探し、次に活かしていくことが質の良い保育につながります。

その時間を捻出する方法として厚生労働省が推奨しているのが、保育支援システムの導入です。現在は無料で使えるスマホアプリなども登場しています。この機会にどんなものがあるのか探してみてはいかがでしょうか。

保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

関連タグ