保育園運営のリスクマネージメント

こんにちは、ICTキッズ編集部です。0歳児からの乳幼児を預かる保育施設では、園児の安全確保が大前提です。保育所保育指針の第3章(健康及び安全)では「子どもの健康及び安全の確保は、子どもの生命の保持と健やかな生活の基本」と定義し、「一人一人の子どもの健康の保持及び増進並びに安全の確保とともに、保育所全体における健康及び安全の確保に努めることが重要」としています。

厚生労働省によると、平成26年度に保育施設で発生した事故件数は合計177件(認可保育所で155件、認可外保育施設で22件)。そのうち死亡事故は17件あり、0歳児が最も多い8名と報告されています。このような事故をさけるため、園は全力でリスクマネージメントに努めなければなりません。今回は、リスク管理が必要な状況と解決策、対策についてまとめます。

<参考>
厚生労働省:保育所保育指針

何気ないお昼寝にも潜んでいる危険性

2015年9月、埼玉県の保育園で子どもがうつ伏せの状態で呼吸していないのが見つかり、その後死亡した事件がありました。体温調節がうまくできない乳児を、遮光カーテンのない窓の近くに長時間寝かせていたことなどが原因ではないかという指摘を受けています。

出典:厚生労働省「平成26年:保育施設における事故報告集計」

保育施設における死亡事故のほとんどが睡眠中に発生しています。また死亡原因の多くは、うつ伏せによる窒息死や乳幼児突然死症候群(SIDS)とされています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)は死因が特定できない場合に診断され、そのメカニズムはまだ解明されていません。寝姿勢については保育士が目視で確認ができますが、睡眠中の子どもの体温を逐一把握するのは非常に難しく、限られた保育士数でも園児の命を守れる対策が必要です。

おすすめは園児見守りロボットMEEBO(ミーボ)

出典:MEEBOホームページより引用

MEEBO(ミーボ)は検温機能のある園児見守りロボットです。子ども達の体温を温度センサーでチェックできるほか、写真を撮ったり子どもと一緒にダンスができます。

乳幼児は自分で体調の変化に気づくことが難しく、遊びに夢中になって発熱に気づかないケースも少なくありません。MEEBOが園にいてくれれば、顔色が変わらない子どもの体温変化を見逃すリスクを減らせます。

園児見守りロボット MEEBO(みーぼ)について

運動器具に対する配慮と注意

出典:産経WEST「遊具事故、背負ったランドセルが… かばん、衣類のひもやフードも思わぬ事態に(2017年2月4日)」より引用

園内の遊具も、使い方によっては凶器になりかねません。先日のニュースでは、公園の雲梯(うんてい)で遊んでいた子どもが遊具のパイプに引っ掛かり、意識不明の状態で発見されています。

このような事故は遊具に限りません、園内のありとあらゆるものが園児にとっては遊具であり、凶器にもなり得ます。日々の業務の中でヒヤッとする場面に遭遇した時は、他の保育士と情報を共有することが大切です。園内のハザードマップを作成し、日々更新するような取り組みが園児の安全確保につながります。

園児のアレルギー情報の把握

大人でも死に至ることがあるアナフィラキシーショック。子どもはアレルギーに過剰に反応することがあるため、常に園内で情報を共有できる体制を作ることが重要です。

出典:総務省「9割の施設に食物アレルギー児が在籍し、5割の保育所で事故発生(平成27年2月5日)」

たとえアレルギー情報を共有していても、配給・配膳時の人的ミスで食物アレルギーの事故が発生しています。特に人手が手薄な土曜日など、配膳ミスによる事故の発生データが出ています。

対策に利用したい保育ICTシステム

出典:CoDMONホームページより引用

このようなミスの予防には、保育ICTシステムの園児台帳が役に立ちます。タブレットタイプならいつでもどこでも持ち運ぶことができ、普段は担当していないクラスであっても園児の写真やアレルギー情報をチェックした上で配膳できるので安心です。

出典:総務省「9割の施設に食物アレルギー児が在籍し、5割の保育所で事故発生(平成27年2月5日)」

総務省のデータからも分かるように、食物アレルギーに関する研修を実施していない施設が相当数あるようです。アレルギー対策は知っていて当たり前という状況から、研修未実施の施設が多いのではないでしょうか。テクノロジーの進化とともに医療分野の常識も日々変化しています。定期的に研修を行い、情報更新に努める必要があると思います。

まとめ

保育園・幼稚園のリスクマネージメントは、子どもの命にかかわることから他の業種よりも厳しく効果的であるべきです。事故が起きてからでは意味がありません。早めに現在の体制を見直し、適切な体制を整えましょう。

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ