採用コストを抑えながら優秀な保育士を獲得するための4つの方法

こんにちは、ICTキッズ編集部です。保育士の求人を出す時、採用コストに頭を悩ませる経営者の方は多いのではないでしょうか。マイナビの「2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」によれば、新卒の入社予定者1人あたりにかかかる採用費は平均46.1万円とのことです。

中途採用になると、職種によっては50万円とも100万円とも言われるため、職員の補充にはそれなりの費用を覚悟しないといけないのかもしれません。今回は採用コストを抑える方法と、保育士の求人募集の手順についてご紹介します。

<参考>
2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査

コストを抑えて募集できる求人方法

(1)公共職業安定所(ハローワーク)を利用する

ハローワークは国が設置する機関で、企業や団体から求人を受け付けて仕事を探している人を紹介したり、求職者が目指す職業を得るために技能や資格の取得支援をする職業訓練などを行っています。

ハローワークで求人を募集する場合、利用料は掛かりません。求人票の書き方のアドバイスも受けられるので、積極的に活用しましょう。労働条件に関するデータも豊富で、給与や勤務時間をほかの園と比較することもできます。求人募集は申し込みをした月の翌々月の末日まで有効です。有効期限が来たら、再度申し込みすることも可能です。

保育士・保育所支援センターを利用する

保育士・保育所支援センターは都道府県や地方自治体が中心となって運営しています。ハローワークとも連携しながら保育士の人材確保に特化したサポートを行っており、人材を探している園の担当者も無料でサービスを受けることができます。

センターでは保育園の求人情報の公開や就職のあっせん、保育園の求職フェアの実施など、幅広く活動しています。潜在保育士の保育士再就職支援も行っているため、経験豊富な人材が求人を見ている可能性も高いです。積極的に活用することで、優秀な人材を獲得しやすくなると思います。

園の管理者向けには、職員が働きやすい環境作りのアドバイスやセミナーも行っています。採用が終了した後でも活用することができる機関です。

<参考>
【全国保育士・保育所支援せインター】一覧

保育士専門学校・大学に呼びかける

保育士の学科・教育課程を持っている大学や専門学校でも、求人の受付を行っています。求人票は各学校のホームページの「企業の方へ」や「求人票について」といった項目からダウンロードが可能です。学校に求人の掲載を認められれば、無料で掲載することができます。

新卒の保育士を採用したい園は、いくつかの学校の就職担当者と繋がりを作っておくと良いでしょう。毎年継続的に学生を紹介してもらえるかもしれません。こまめに求人情報を共有したり、定期的に学校を訪問したりしておくと関係性が深まります。就職活動生に先輩保育士を紹介するのも喜ばれます。

保育士専門の求人サイトを使う

園と保育士のミスマッチをなくし、離職率を低くするため、保育士専門の求人サイトも増えています。幅広い業種を取り扱う大手サイトに比べると、保育方針や園長の人柄、園の雰囲気、現場の人間関係など、保育士が就業にあたって高い関心を示す部分が詳細に伝えられる工夫も多いです。職種が限定されることから掲載総数も減るため、求職者に自園の求人を見つけてもらいやすくなります。サイトの利用者にうまくアピールできれば、即戦力となる保育士が就業してくるかもしれません。

求人掲載の料金体系は、求人サイトによって異なります。従来は掲載に際して料金がかかるスタイルが主流でしたが、最近は無料で掲載でき、採用が決まると費用が発生する成果報酬型も増えています。ただし掲載プランや期間によっては、費用がかさむこともあるため注意しましょう。

保育士の求人募集の手順

求める人材を明確にする

保育士を募集する際には、まず自園が求める人材を明確にしましょう。求める資格・経験・年齢・人柄や、なぜその条件を求めのるかを書き出しておくといいでしょう。挙げた条件の中で優先順位を決めることで、求める人材が明確になります。

求人媒体を選ぶ

求人媒体ごとにアプローチしやすい職種・年代・性別は異なります。求人を出しても、その媒体を見る求職者の中に求める人材がいなければ意味がありません。より的確に求人募集を行うために媒体ごとの特徴を理解し、自園のニーズに合った媒体を選ぶといいでしょう。

求める人材の目に留まる求人票を作る

掲載媒体が決まったら、掲載先の基準に合わせて求人票を作成していきます。応募者とのミスマッチを出さないためにも、「仕事の内容」「必要な学歴・経験・免許・資格」の欄は特に気を付けて書きましょう。

給与面や労働時間だけでなく、園の雰囲気や保育指針など、ほかの園との違いを伝えることも重要です。応募が少ない場合には、他園と比較して労働条件が低すぎないか検討しましょう。

<関連記事>
保育士の求人を出すときに注意したい5つのこと

まとめ

今回は保育士の採用コストを抑える方法についてお伝えしました。求人情報はインターネットだけでなく新聞や雑誌、求人誌などの媒体でも掲載が可能です。求人媒体によって、アプローチしやすい職種や年代も異なるため、適切な採用方法を選んで効率的に保育士を獲得していきましょう。

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!