保育ICTシステム「コドモン」保護者からの評判はどう?保護者が求めるコトを解決するコドモンの魅力

保護者にとって、保育園や幼稚園に初めて子どもを預けることは、不安や心配が大きいかと思います。保護者の方の多くは、保育園を選ぶ際、インターネットや口コミ、そして自治体や園に直接訪れて、資料請求などの情報収集を行います。

しかし実際に子どもを預けてしまえば、そこから先の状況というのは保護者の目の届かないところですよね。最近は保育園でのトラブルや問題もニュースで見かけ、安心して預けていいものか慎重に考えなくてはいけません。このように保護者の不安な気持ちを解消してくれるのが、保育ICTシステム「CoDMON(コドモン)」です。

進む保育園のICT化

みなさんは、保育ICTシステムをご存知でしょうか。

ICTとは「Information and Communication Technology(情報伝達技術)」の略で、コンピューター技術によって情報や知識を共有することを言います。保育現場では近年、このICTシテムを導入しているところが急増しています。

多くの保育園が、保育ICTシステムを導入する目的は、保育士や保育園で働く職員の業務負担軽減や、保護者との円滑なコミュニケーションを図るなど、ICTシステムを通じて質の高い保育を提供していくといった点にあります。近年、保育士の業務過多などにより保育園を退職する保育士が増え、全国的に保育士不足が叫ばれる中、保育ICTシステムを導入して保育士の業務をデジタル化することで、保育園での業務にかかる工数を減らし、子どもたちへの保育やこれまでできなかったことに時間を使うことができます。

保育ICTシステムに関する質問や導入相談はコンシェルジュにお任せ!

No.1の導入実績を持つICTシステム「コドモン」

出典:CoDMON公式サイト

保育ICTシステムの中で人気なのが、株式会社コドモン(旧:株式会社スパインラボ)が提供する「コドモン」です。2015年に発売を開始し、わずか4年間で3,200箇所以上の保育園に導入された、業界導入実績No.1のICTシステムです。

コドモンは現在も、保育園のあらゆるニーズに応えるため、日々システムの改善を実施しています。タブレットを使って管理するコドモンですが、スマホ世代の若手保育士から、機械が苦手なベテラン保育士まで、どなたでも直感的に操作できる点も多くの保育園に選ばれています。

保護者が求めていることも、コドモンを使えば一気に解決します。では、子どもを預ける保護者の皆さんは、どういった点を気にしているのでしょうか。

保護者が今最も知りたいのが「園内の様子」

保育園に子どもを預ける保護者が一番気になるのは、預けている間の子どもの様子です。「今日は園で一日どうだったのか?」「どのようなことがあったのか?」「他の子に迷惑をかけていなかったのか?」など、目の届かないところで自分の子どもはどう過ごしているのか気になる方も多いでしょう。

こうした保護者の為に、保育士の方は園児一人ひとりの連絡帳などに、保育園での子どもの様子を事細かく書くことを心がけます。そうは言っても、文章で伝えるだけでは限界があるのが現状です。

2019年7月には、下関の認可保育園でしつけと称した体罰の疑いについて報じられました。このようなニュースが報じられると、保護者はますます不安になります。保育園は、保護者が見ることができない空間で、どのように子どもに対して保育しているかを、できる限り知ってもらう必要があります。

コドモンを使えばタイムラインでお知らせ

LINEやFacebookなどのSNSのように、タイムラインで写真と一緒にお子さんの情報が流れてきたらどうでしょうか?日中働いているパパやママも、休憩中などの空いた時間にお子さんの様子を確認することができたら安心ですよね。

保育園ICTシステムの「コドモン」では、保護者向けにそれぞれのアカウントを発行し、マイページを作成しています。保護者用マイページのタイムラインに、園からのお知らせ投稿が表示されます。また園からの連絡帳も、マイページから確認することができます。マイページのアカウント情報は、保護者間で共有することができるため、子どもの様子をみんなで閲覧することも可能になります。

子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を、保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
また自分の保育園にコドモンが入ってほしい!という保護者の方も、コドモンについて詳しく説明します!
コドモンやICTシステムの導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

保育園へ朝の連絡をスムーズにしたい

保護者は、子どもの急な病気や家庭の事情で遅刻または欠席の連絡を保育園にする必要があります。通常なら、登園前の時間に電話をかけていると思います。しかし、朝の保育士は忙しいため、なかなか繋がらないこともあるでしょう。コドモンは保育園への朝の連絡をスムーズにしてくれる機能がついています。

コドモンの保護者向けアプリで簡単に連絡

コドモンでは、スマホで見れるマイページを保護者に発行できます。朝の連絡をしたいときは、このマイページから連絡することになります。遅刻や欠席などの連絡だけでなく、都合欠なのか病欠なのかについてもメッセージすることも可能です。病欠の場合は感染症の有無についても伝えられます。

保育士は、保護者から来た連絡に対して「承認」ボタンを押せば、確認したことを保護者に報告できます。とても利便性の高いサービスです。

保育園の年間行事やスケジュールをスマホで確認したい

保育園の年間行事やスケジュールは、保育園からの紙のお知らせを配ることが多いと思います。しかし、保護者はスケジュールを確認するために毎回お知らせを確認する手間がかかります。スケジュールがスマホで確認できれば忙しい保護者も喜ぶことでしょう。

コドモンアプリのカレンダーで予定をチェック

コドモンでは、園からの投稿や連絡機能だけでなく、スケジュールや資料などを保護者のマイページと共有することができます。つまり保護者はスマホさえあれば、外出先からでも園のスケジュール等を確認することができるのです。さらに、「園だより」などについても、いつでもマイページの「資料室」というところから確認することができるので、紙の管理をする手間が省けます。

まずは写真販売だけで試したい方もお気軽にご相談ください。本サイトではコドモン導入の不安や疑問点はもちろん、ご希望の条件にピッタリのシステムも無料でご紹介いたします。

コドモン導入の無料相談はこちら

保育園の写真も手軽に確認・購入したい

多くの保育園では、子どもの写真を撮って保護者へ販売していると思います。保育園で過ごしている子どもの日常や、イベントなどでプロのカメラマンに撮ってもらった写真は、通常、園の掲示板に張り出して保護者に購入申し込みをお願いすると思います。保護者の購入までのプロセスは、掲示板で子どもの写真を探す、申込書番号と枚数を書く、保育士渡す現金を用意する、写真を受け取るという多くの手順が必要となり負担となっています。しかし、コドモンなら手軽に写真を購入できるサービスがあります。

アプリで閲覧から購入まで可能

コドモンでは、写真を販売することができるネット販売システムが搭載されています。保護者がスマホアプリから簡単に申し込むことができ、販売集計や集金、写真プリント、配送までの工程をコドモンが代行してくれます。また、従来のように掲示用に写真を印刷したいときも、1クリックで印刷できるのが嬉しいところです。

保護者からのコドモンの評判ってどうなの?

実際にコドモンを利用した保護者からの評判はどうなのでしょうか。ここではTwitterから、コドモンを利用したことのある保護者の評判を集めてみました。

・「息子、いま公立と民間の学童ふたつをお試し中。民間学童の保護者連絡はプリント&学校SNS「コドモン」。保育園幼稚園でよく使われてるアプリで、むっちゃ使いやすい!遅刻や欠席の連絡これでできるし、写真も多数アップされる。

・娘が通ってる保育園でもコドモンの写真販売サービス導入を検討しているみたいで楽しみにしている。子供を持って初めて子供関連の紙文化の多さに驚愕しているIT屋としては、保育士さんと親の双方の負荷軽減に繋がるこういう仕事にとても魅力を感じる。

・この一年間、保育園と保護者との連携に コドモン @codmon_official を採用した保育園に通ったのですが、非常に体験がよかったです。保育園への連絡も簡単だし、身長測定の結果をチャートとしてみれるのもよかったし、写真の購入もスムーズでした。すべての保育園にコドモンを採用していただきたい!

・うちの子が通う保育園もコドモンというアプリで諸々一括で管理してる。遅刻欠席病欠の連絡、日々の様子(写真付き)、排便排尿の回数、食事の量、一週間の給食メニュー、使用したオムツの枚数、保育料の支払いなど。めっちゃ便利!

実際に使った保護者からは「コドモンは使いやすくて便利」という声が多く聞かれました。特に、写真サービスや遅刻・欠席の連絡にメリットを感じている方が多いようです。

コドモンを使えば保護者も安心!

保育ICTシステムのコドモンを使えば、園での子どもの様子をより知ってもらいやすくなりますし、遅刻・欠席の連絡もスムーズになるので、保護者は安心して保育園に預けられるようになります。

保護者向けアプリで連絡も簡単

コドモンの保護者向けアプリでは、マイページのトップにある「連絡」から簡単に園に連絡が可能です。「通常連絡」「欠席」「遅刻」「延長」の4つから選べ、連絡事項が記入できるので都合欠か病欠か把握することもできます。

手順

①画面の左上にある『連絡』を選択します。
②『通常連絡・欠席・遅刻・延長』を選択します。
③日にち・連絡種別・理由を記入した上で、『申請する』ボタンを選択すると園に連絡することができます。

※引用:コドモンホームページ

登降園時間もワンタッチでOK

コドモンは、保護者に専用のICカードを発行します。投稿園時はICカードを使って機械にかざすだけなので、記名の必要がなく時間が大幅に削減できます。朝の忙しい時間に混雑を避けることができるので、保護者にとってとても便利です。

手順

①画面下のメニューにある『サービス』を選択します。
②メニューの一覧が表示されますので、『入退室履歴』を選択します。
③ICカードでタッチされた入室時間や退室時間を確認することができます。

※引用:コドモンホームページ

まとめ

多くの保護者が仕事と子育てを両立しているため、忙しい日々を送っています。コドモンを導入すれば、保護者の負担の軽減を図る助けになります。さらに、保護者は子どもの様子を知りやすくなるため、安心して保育園に子どもを預けることができるようになるでしょう。

また、コドモンは保育士にとってもメリットがあります。保護者とのコミュニケーションが円滑になるので、よりよい情報交換が保護者とできるようになるのです。コミュニケーションがとれれば、保護者が保育園に対してより信頼感を抱きやすくなるでしょう。

コドモンの導入に関する疑問や不安点があれば、本サイトの無料相談コンシェルジュをご利用ください。
保護者が安心して子どもを預けられるように、そして保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようにするため、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
コドモンを始め、保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

コドモン導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら