“安全”で“安心”な保育のための新しいシステム「パステルApps」

近年の日本社会では、共働きが当たり前という風潮が広がりつつあります。保育園や幼稚園にはたくさんの子どもたちが預けられ、保育士と保護者はより緊密に連携をとっていきたいものです。そこで今回は、園児・保護者・職員をつなぎ、コミュニケーションを円滑にする機能を備えた「パステルApps」についてご紹介します。

「パステルApps」とは

保育園や幼稚園では、コミュニケーション不足によるトラブルが増加傾向にあります。日々の業務に追われている保育士にとって、子どもや保護者としっかり向き合う時間を捻出するのは至難の業です。また職員同士のミス・コミュニケーションが事故につながるリスクもあります。

「パステルApps」は、株式会社TOKAIコミュニケーションズと株式会社サンロフトが幼稚園・保育園向けに共同開発した保育ICTシステムです。パソコンでインターネットに接続することで使えるクラウド型のシステムで、「メール配信」「欠席・遅刻連絡」「アンケート」といった機能が保護者とのコミュニケーションを支援します。また「指導計画書」や「保育日誌」、「要録作成」「保育料計算」などの機能が保育士の業務負荷を軽減します。また「登降園管理」や「HOP(発達支援)」といった有料オプションを組み合わせることも可能です。

パステルAppsにできること

メール配信

保護者への連絡をメールで行える機能です。園児1人につき複数の送信先が設定できるので、ご両親やご家族に同じ情報を送れます。「パステルApps」はシステム上でメールの開封状況が確認できるので、未開封者に再送信すれば、重要事項の連絡もれや伝達ミスがかなり軽らせるのではないでしょうか。

欠席・遅刻・早退連絡

朝の時間帯は遅刻やお休みの連絡が集中しがちです。電話がなかなか繋がらないと、出勤前の保護者に大きなストレスを与えてしまいます。

「パステルApps」を使えば、保護者はスマートフォンなどで保護者用のWebページにアクセスし、欠席・遅刻・早退の連絡を簡単に行うことができます。連絡事項の欄に理由などを記載できるので、我が子の詳しい状態を園に伝えることができます。

園に届いた出欠連絡は自動的に一覧表にまとめられるので、改めてシステムに入力する手間がありません。状況を一目でチェックできるだけでなく印刷も可能です。

アンケート

行事の出欠をとったり、保護者要望を調査するには、アンケートが有効です。でもそのたびにアンケート用紙を作って配ったり、手作業で集計するのは、かなりの時間と労力を要します。

「パステルApps」の「アンケート」機能を使えば、質問を複数設定でき、それぞれ回答方法を選択式や自由回答などから選べます。回答結果は自動集計され、横棒グラフや円グラフなどで表示されるほか、印刷もできます。

園児発達支援システム「HOP(ホップ)」との連携

「HOP」は筑波大学大学院の安梅勅江教授をはじめとする「保育パワーアップ研究会」の研究をベースにした園児発達支援システムです。日本の3万人以上の園児データから作成した年齢別の発達の目安に基づき、一人ひとりの発達状況や社会的スキルを評価することができます。子どもがどのような支援を必要としているのかを、さまざまな視点と科学的根拠から見極めるのに役立ちます。

充実のサポート体制とセキュリティ

保育の現場ではパソコンを使う機会が少ないため、「ICTシステムは難しそう」とお考えの方も多いと思います。でも心配することはありません。サンロフトでは専門のサポートセンターを開設し、パステルAppsの操作方法のほか、エクセルやワードの使い方、プリンタの設定方法といったパソコンに関する疑問に丁寧に答えてくれます。

「パステルApps」に入力されたデータは、高セキュリティのデータセンターで自動的に保管され、園のパソコンにはデータが残りません。万が一パソコンが盗難に遭っても、IDとパスワードがわからなければ情報が漏れることはありません。また、職員ごとに個別のIDを付与することで、誰がいつシステムを使ったかの記録も残ります。

まとめ

昔ながらの電話やおたよりは、もちろん素晴らしいツールです。しかし忙しい現代人にとっては、携帯やパソコンでメールをやり取りする方が便利な場合もあります。「パステルApps」は保護者と保育士の円滑なコミュニケーションを助けるだけでなく、保育士の専門性を高めるために役立つ機能も搭載しています。30日間の体験プランも用意されているので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!