保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

保育士で年収1,000万円は可能?低所得と高所得の差

保育士で年収1,000万円は可能?低所得と高所得の差

数ある職業の中でも、収入が低いといわれている保育士ですが、「年収1,000万円」は可能なのでしょうか。そこで保育士のお給料事情とあわせて、近年注目を集めているベビーシッターについても、現役の保育士に伺ってきました。

保育士の給料はどうやって決まる?

――当然、お給料の額は保育士の評価によって変わると思うのですが、保育士を評価するのはなかなか難しくないですか?会社だったらその月の売上額を基準にして数値化したりできますけど、保育にはいろいろなモノサシがありますよね。やっぱり最終的には園長先生の裁量によるのでしょうか?

最近は目標管理シートを書かせるところも多いですけど、それは意識づけを目的としたもので、正直その結果が良かったからといって給料に直結することはあまりないですね。基本的にお給料に影響を与えるのは勤続年数だと思います。でもそういう形だと、手を抜いても頑張っても結果は同じになってしまうので、もっと園の中で保育士を評価しなければならないし、そういう取り組みをしている保育園が世間から評価されないといけないと思います。

それに「あの先生はすごく頑張ってる!」っていうのが可視化されると、保護者にもわかりやすくなりますよね。今はまだそういう取り組みをしても、なかなかお給料には反映されないかもしれないけど、いずれは頑張っている人にお金が行くような仕組みになっていくと思います。

――目標管理シートがあったりするんですね。会社みたいに。

その辺は変わってきていますね。まだ取り入れていない保育園も多いですが。

スポンサーリンク

保育士に年収1,000万円は可能?

――以前、保育士の年収1,000万円を実現したいっていう話をされてましたよね。実際のところ、そんなことって可能なんでしょうか?

その保育園だけで年収1,000万円を払うためには、それなりの保育料を頂かないといけません。例えば子ども1人につき月額20万円で預かる条件で、それに応じられる家庭を何十世帯も集めないと無理でしょう。もちろん月20万円の費用に見合うサービスを提供できることも条件ですよね。そうなると、知名度のある先生や特別なカリキュラムを用意できる保育園にしないといけないと思います。

――月に3万円の保育料でも厳しい世帯が多い中で、そういうサービスはなかなか難しくないですか?

もちろん、そういう保育園のターゲットは富裕層になりますよね。でも不可能ではないです。ただし、そういう保育園があったとしても、フルタイム勤務して1,000万円もらうのは難しいと思います。だから他園の研修を担当したり、ベビーシッターみたいな形でスキルを活かしてお金をもらって、それらを合算して年収1,000万円が今は現実的だと思うので、保育園に勤務しててもフクギョウがOKであることが前提です。漢字にすると、サブを意味する「副」ではなくて、複数の「複」で『複業』ですね。

――ちょうど今、働き方改革で国家公務員の副業も認めるなんて話も出てますし、徐々にそういうスタイルが広まるかもしれませんね。

例えば最近はネットでベビーシッターを頼めるサービスがあるじゃないですか。中には時給を自分で設定できるものもありますよね。少しずつだけど自分の価値を自分で決められるっていう働き方が増えています。

でもそういうスタイルで成功するためには、自分の価値をもっとアピールできる保育士さんが増えないといけない。さっきの富裕層向けの保育園も「あそこの保育園なら1,000万くれるんだ!」って言って飛びこむ保育士には無理ですよね。自分から「こういうことができる」とアピールできて、ユーザーが求めてることとマッチしてる先生になることで、年収1,000万円が実現できると思います。

子供たちとの時間を増やすため
ICTシステムの導入を考えてみませんか?

詳しくはコチラに無料相談!

無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

ベビーシッターという仕事

 

―今どきのベビーシッターの時給って、いくらくらいなんでしょう?

高い人だと1時間3,000円以上の人もいるみたいです。でも従来のように、ただ子どもを預かるだけのベビーシッターだったら、うまくいかないでしょうね。価格に見合ったサービスが提供できなければ選ばれないでしょうし。

例えば「私はブリティッシュ英語ができるので、預かっている間ずっと英語で話しかけます。だから1時間3,000円で預かります」っていうシッターさんがいたとします。親御さんが、英語塾に行かせる手間やコストに比べて、家に先生が来てくれて、なおかつ子どもを見ている間中、英語で語りかけてくれる方が安いと思えれば3,000円の先生も当然ありですよね。もしかしたら5,000円でもお願いしたいっていうご家庭もあるかも知れない。

――従来のベビーシッターのイメージとはまるで違いますね。今後は海外のようにベビーシッターを雇う人も増える気がしてきました。

ただ子どもと遊んでるだけでは高いお給料はもらえないので、どんな付加価値をつけられるかが重要になってきますよね。今は保育園の数が足りなくて、わざわざ30分も自転車を漕いだり電車に乗ったりして、遠くの保育園に預けに行っているご家庭もあります。もし金銭的に余裕があるなら、家にシッターさんを呼んだほうが負担は軽くなる。それこそ近所のお友達を3人集めて、割り勘でシッターさんに見てもらったりしたら、だいぶ安くなりますよね。

――確かにそうですね。

シッターの方でも、本来は1人1時間5,000円だけど、3人まとめてなら12,000円で預かりますよっていうプランを作って、仮に4時間預かることになれば1日48,000円の収入が得られますよね。さすがに1,000万円は無理でも、人気のあるシッターさんだったら年収500万とかになりそうじゃないですか?

――1日48,000円の売上げが立てられれば、毎日働かなくてもやっていけそう!

でしょ?でもそれは、現役の保育士さんだけではなくて、潜在保育士さんもやってくれたらいいと思うんです。

――実は今、私もちょっとやりたいかもって思っちゃいました(笑)。

保育士や幼稚園の先生を目指す人は、もともと子どもが好きだから免許を取るんです。なのに、園に入ってみたら人間関係やら書類やらに追われて、子どもに関わりたいのに関われなくて、蓄積されたストレスのせいで子どもに強く当たってしまって自己嫌悪に陥ったりする……。そうして、子どもが好きで入っている人たちが、その現実とのギャップにどうしようもなくなって辞めてしまうんです。でもベビーシッターなら1対1もしくは少人数だし、負担の大きすぎる書類も必要ありません。ベビーシッターの文化が広まれば、きっといろんな人がシッターをやりたがるんじゃないかな。

本サイトでは、知識豊富なプロがご希望の条件にあったシステムを無料で紹介いたします。
メールでのシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「システム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

工夫次第で保育の可能性は広がる

――時代とともに保育士さんの可能性が広がって来ていると言えますね。そういえば先日、音大卒の演奏家をベビーシッターとして派遣するサービスを見つけたんですよね。ピアノのおけいこがセットになってるベビーシッターってどう思います?

音楽の専門家がベビーシッターをする、つまり習い事の講師派遣とシッティングが組み合わされたサービスですね。シッターさんに持ち味があるっていうのはいいことだと思います。でも高そう(笑)。

――音楽や英語みたいな特殊技能に保育士資格があれば最強のシッターになれそうですよね。

なれるでしょうね。でもそういう人って、もうそのままで十分充実していて、輝いていそうな気がする。どんなところでも活躍していそうですよね。

――ちなみに、保育園に音楽の専門教育を受けたシッターを派遣するようなサービスなんていうのはどうでしょう?

それは良いと思います。英語の先生を連れてくるのは既に保育園にもあります。でもそういう人は子どもを見ることができないことも多いんです。子どもも見れるんだったら1時間はレッスンで、残りの2時間は保育士として働いてもらうようなことができれば、わざわざ来てもらうだけの価値も出てきますよね。

スポンサーリンク

まとめ

「保育士の資格を持っている=保育園で働く」というのが、今まで持っていたイメージでしたが、最近では別の形でも保育士資格を活かすことができるのですね。
まだまだ保育士の給与は低く、労働環境も過酷と言われています。新しい働き方を探すうえで、資格も活かせるベビーシッターという仕事も候補の一つとして考えてもよいかもしれませんね。

子供たちとの時間を増やすため
ICTシステムの導入を考えてみませんか?

詳しくはコチラに無料相談!

無料相談を予約する
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連タグ

スポンサーリンク

保育ICT化
無料相談

保育ICTシステム
一覧・比較

現在のURLを
メールで送る