【3月の歌特集】幼稚園・保育園のねらい・内容付きで簡単選曲!

こんにちは、ICTキッズ編集部です。まもなく3月になり、春が近づいていますね。卒園や入園の準備でバタバタし始める頃ではないでしょうか。そんな中、日々の遊びや歌の準備をするのは大変ですよね。そこで今回は、3月の遊びと歌をまとめてみました。是非ご活用ください。

ひなまつり

3月といえば桃の節句ですよね。ひな祭りの3月3日にあわせて、イベントを企画している園も多いことでしょう。誰もが良く知っている「ひなまつり」は、ゆっくりとしたテンポなので、ちいさなお友達も一緒に歌いやすいと思います。

大きなお友達なら、いくつかのパーツを組み合わせるような、ちょっと難しい折り紙にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。自分で作った”おだいり様”と”おひな様”をみんなで見せ合いっこしたら盛り上がりそうですね。

はるよこい

「は~るよこい!は~やくこい!・・・・」 3月とはいってもまだまだ寒い日の多いこの時期。太陽のぬくもりが感じられる陽気の日に歌いたい1曲です。歌詞に出てくる“じょじょ(草履)”や”おんも(外・おもて)”などの幼稚語を取り入れて、子どもたちの目線で作詞されています。

赤い鼻緒の草履を準備して、みんなでお外で遊んだら、歌の再現ができますね。「明るくのびのびと行動し、充実感を味わう」というねらいを立ててもよいのではないでしょうか。

おはながわらった

花がきれいに咲く様子を「おはながわらった」と表現するシンプルな歌です。先生がお花のかぶり物などで花になりきれば、子どもたちの笑顔の花で教室が満開になることでしょう。

身近な環境に親しみ、自然(おはな)と触れ合う中で、様々な事象に興味や関心を持ってもらえる曲でもあります。外に出て、花壇の周辺で歌えば春の花に興味を持ってもらえるのではないでしょうか。

ちょうちょ

暖かくなってくると、園庭にもテントウムシやチョウチョウのようなお友達がやってきますよね。成長とともに、昆虫に関心を持つ子どもも増えてくることでしょう。発達の過程で「いろいろなものの美しさに対する豊かな感性をもってもらう」ために、手作りちょうちょと一緒にこの曲を歌って、子どものイメージを豊かに育てましょう。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

花のお国のきしゃぽっぽ

「ぽっぽ、ぽっぽ」というフレーズや「ピー」といった表現が楽しい曲です。喃語(なんご)が出たした幼児も、一緒に楽しく歌えると思います。明るく伸び伸びと行動し、充実感を得ながら楽しんで活動に取り組める曲です。電車ごっこのBGMにして、みんなで連なって遊んでも良いかもしれません。

ぶんぶんぶん

6ヶ月くらいの子どもでも楽しめる曲です。「ぶんぶんぶん」という単純なフレーズで始まるので、喃語を話し始めている子どもであれば一緒に歌おうとしてくれます。

少し大きいお兄さんやお姉さんも、ミツバチの格好をして春を体で表現すれば、お遊戯会の出し物としても使えますね。リズムがシンプルなので、タンバリンやカスタネットを叩きながら歌うこともできそうです。

Spring is Here

ダンスをしながら春を探す英語の歌です。ミディアムテンポで同じ歌詞を何度か繰り返すので、英語が苦手な先生でもチャレンジしやすいと思います。最初はゆっくりめのテンポで練習してみましょう。

この曲には青い鳥やテントウムシ、カエルなどバリエーションが豊富な生き物が登場します。この曲をモチーフにしたパネルシアターがあれば、子どもたちも楽しんで英語を学べると思います。

Flower Song Kindergarten Nursery Rhyme

英語の歌ですが、サビの部分は「ナ」で構成されているので、その部分だけみんなで歌うなら難しくないと思います。子どもと踊りながら歌うのも楽しそうです。歌に出てくる花の絵に合わせて英語のつづりを示してあげると、英語教育にも使えます。

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるように、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!

Let’s Star Jump!

軽快なリズムに合わせて、一緒にダンスができる楽しい曲です。ジャンプを中心とした振り付けなので、外に出られない雨の日にエネルギーを発散しながら英語に慣れ親しんでもらうのに良いのではないでしょうか。

まとめ

歌やダンスを用意するには、どうにかして時間を捻出しなければなりません。指導案の作成はなるべくスピーディに済ませたいところですよね。保育ICTシステムには指導案のテンプレートや例文が用意されていたり、自動で素案を作ってくれるものも登場しています。

政府や自治体は保育士不足による業務負荷の軽減を図るため、保育ICTシステムの導入を推奨しています。ICTキッズでは保育ICTシステムの比較ページをご用意していますので、是非そちらも活用してくださいね。

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

<関連記事>
子どもと一緒に歌いたい昔ながらの童謡14選【生きもの編】 
【完全保存版】指導案作成に欠かせない保育の内容の「ねらい」および「内容」早見表

関連タグ