保育園経営者も必見!企業経営に必要な資格とセミナーとは

企業を経営する上で、資格を取得しておくと役立つ場面がたくさんあります。とはいっても、どんな資格があり、何に役立つかはあまり知られてないと思います。

今回は、企業経営に役立つ資格や実際に開催されているセミナーについてご説明します。保育園経営をされている経営者の方も必見です。

経営に資格は必要?

企業の経営をするには、資金調達や事業を円滑に進めること、税金のことなどさまざまなことを理解し、実行する必要があります。その際「こんなに複雑なのだから国家資格が必要なのでは?」とお考えの方もおられると思います。

しかし企業を経営するにあたって、資格取得は必ず必要というわけではありません。ですが企業の経営というものは、スキルや知識が足りないと何かと不安になりやすいものです。資格取得することは、それに関する技能や知識を一定水準以上に身につけられるので、経営力が向上し、経営を有利に進めることができます。

資格の種類

では、経営に役立つ資格にはどんなものがあるのでしょうか? 経営に関わる資格には国家資格と民間の資格があります。代表的なものをみていきましょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は国家資格です。主に経営コンサルタントをしている方などが持っている資格で、中小企業の現状分析とアドバイスができる仕事です。保育園の経営を考えている方にとっても、施設運営を行う視点のもと役に立ちます。

資格試験は年に1度行われており、一次試験と二次試験に合格する必要があります。試験内容は、企業経営理論や財務・会計、資金調達、投資などが出題されます。

ファイナンシャルプランナー(FP)

FPは、お金に特化した資格で、国家資格と民間資格の2種類があります。国家資格は「ファイナンシャルプランニング技能検定(FP技能士)」1〜3級、民間資格はAFPとCFPとなっています。

ファイナンシャルプランナーは個人に対するイメージが強いですが、会社経営にももちろん役立てることができます。会社の資金繰りや節税、事業運営のリスク回避、保険商品の善し悪しを判断することができるからです。

FP技能士1級は年1回、FP技能士2級は年3回の資格試験があります。AFPは随時、CFPは年2回の試験開催となっています。

簿記

簿記の資格を取ると、お金の動きを把握できるようになります。企業や団体におけるお金の動きを理解でき、今後の戦略を立てやすくなるので、安定した経営が可能になります。この資格は独学でも勉強できるので、最初の一歩にはおすすめの資格です。

簿記検定の主催団体は「全経」「全商」「日商」などがあります。中でも「日商」は日本商工会議所が主催しており、最も有名で評価も高くおすすめです。

日商簿記の資格試験の内容は、帳簿の記録方法や計算・整理に関することなどが中心です。試験の開催は、2・3級は年3回、1級は年2回行われています。

行政書士

官公庁に提出する書類の作成を代行するのが、行政書士の仕事です。行政書士の資格を取得できれば、起業に必要な書類を自分で作成できるようになるのがメリットです。

資格試験の内容は、憲法・基礎法学、民法、行政法、会社法などになります。試験の開催は、年1回となっています。

本サイトでは、ICTシステムの導入に関する疑問や不明点をシステム知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、安心してシステム導入できます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

経営に役立つセミナー

経営を効率的にするためには、資格取得だけではなくセミナーを受講することで、さまざまな知識をえることができます。セミナーの内容は、財務知識、労務管理、リーダーシップ、コミュニケーション、新規事業の進め方、思考力強化など多岐に渡ります。

ここでは経営セミナーを開催している団体をご紹介します。

President Academy(プレジデントアカデミー)

経営者が学び続けるためのプラットフォームを構築しています。「経営とは何か?」を体系的に学ぶことができます。2009年に開始したセミナー参加者数は、20,000名を超えており、経営者を中心に多くの方々に活用されています。

リンク

日経ビジネススクール

「グローバルにビジネスを推進し、社会に変革と活力をもたらす人材を育成すること」をミッションに掲げ、人材の育成を支援しています。さまざまなセミナーを開催しています。

リンク

保育園・子ども園経営.com

船井総合研究所の新時代保育園・幼稚園経営研究会が運営し、日々環境が変化する幼保業界に特化したセミナーを開催しています。保育園経営者として押さえておきたい経営ノウハウなどを、成功事例とともに解説しています。

リンク

まとめ

経営する上で資格取得やセミナー受講は有効です。保育園の経営を考えている方にとって、経営に関する資格は必要ではありませんが、保育園を効率的に運営するためにはある程度の知識とスキルが必要になります。

効果的な経営をしていくためにも、資格勉強やセミナーで学んでみてはいかがでしょうか?

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら