経営に欠かせない経営財務とは?その理由と経営財務が身につく資格5選

保育園に限らず、経営を円滑にするためには、経営財務の力が必須になります。経営財務とは、あらゆるお金の問題に対処するための方法です。保育園を経営する上でも、理解しておくことが大切です。今回は、経営財務についてや財務に関わる資格についてご紹介していきます。

経営財務とは?

経営財務とは、経営者や管理者が財務の課題に対応するために発展した経営管理の方法です。当初は、資金調達や資金管理の課題が中心でしたが、現在は、経営管理に有用な方法や手段などを提供することを狙って進化しています。一般的に、財務管理という言葉と同義で使われる場合が多いです。

財務って何?

「経営財務」という中の「財務」という言葉。これはどういう意味を指しているのでしょうか? 財務は、経理が作成した財務諸表を参考にして資金計画を立てることを言います。例えば、銀行から資金を調達する、会社の予算を管理する、株式を発行して資金を調達するなどが当てはまります。

一方で、財務とよく混同されるのが会計や経理だと思いますが、会計と経理は過去の取引をデータにすることで、財務は未来の資金計画をしていくことという点に違いがあります。

経営に財務力が欠かせない理由

継続して企業を運営して成長するために、財務力は必要不可欠です。財務経営をすることで、企業の状況を把握し、方針を決定することができます。仕事内容は、この状況や方針によって変わっていくものです。

資金不足になってしまった場合は、融資を受けるために計画を立てますし、資金がある企業は他社の買取したり、投資先を決めたりします。

保育園経営においても、継続して運営したり、新しく保育園を開設して事業を拡大したりするためには、会計や経理のデータを元に、今後の資金計画をするための財務力が必要となります。

経営財務を知るのに役立つ資格

「経営のために財務をしっかりしたいけれど、知識があまりない」という方には、専門の資格を取得している方に相談したり、自分で勉強するとよいと思います。財務に関するいくつかの資格をご紹介します。

日商簿記

日商簿記は、経営活動を記録して整理し、財政の状況を明らかにするための知識を有する資格です。初級〜1級まで分かれています。検定は商工会議所が主催しています。

ファイナンシャル・プランナー(FP)

FPは、お金の専門家です。税制や不動産、保険、年金などの資産を効率的に運用するファイナンシャル・プランニングの技能を取得しています。1〜3級に分かれています。企業においては、総合的な資金計画を立てて収支・負債・資産を分析し、目標の実現を導く助けをします。

公認会計士

公認会計士は会計の専門家です。国家資格の中でも非常に難しい資格です。会計の監査や、財務、経理などを行います。

財務報告実務検定

財務報告書類を作成して開示するために必要な方法や知識を得られる検定試験です。誰でも受験できますが、簿記3級以上の知識を有していることが望ましいとされています。試験は、日本IPO実務検定協会が実施しています。

財産管理アドバイザー

財政管理アドバイザーは、金融商品や保険、不動産、税制株の活用方法などをについて助言できる民間の資格です。一般社団法人日本経済協会が主催しています。

まとめ

企業を継続的に運営し、成長させていくためには、会計や経理だけでなく、将来的なことを考えた財務が必要になります。保育園経営においても「安定した運営をし、待機児童解消のために保育園を増やしていきたい」とお考えの場合は、しっかりとした経営財務が必要です。財務には専門的な知識が必要なため、有資格者に相談してみるのは有効です。

お問い合わせはお気軽に
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせはコチラから!!