マネジメント経験とは?定義や目的・管理職に必要なマネジメント能力について解説

みなさんは「マネジメント」について正しく理解できていますでしょうか。仕事をしていて耳にすることはあっても、ハッキリとわかっていない「マネジメント」とは、一体何を指すのでしょうか?

ここでは、マネジメントの定義や目的、役割から経営者や管理職の方が理解しておくべきポイントについてご紹介します。転職活動をしている人にとっても面接の際、アピールすべき点の参考になればと思います。

経験者採用で見ておきたい「マネジメント経験」

経験者採用をするなら「マネジメント経験がある人がいいな」と思う経営者の方は多いと思います。ただし、一言でマネジメント経験といっても役職に就いていたのか、プロジェクトのマネジメントを経験したのかなど解釈はさまざまです。

たとえば「課長職」一つをとっても、企業によっては部下が数名の場合もあれば、10人以上をまとめていたり、部下がいなくても「課長職」に就いている人もいます。

さらにメンバーの管理・指導がメインの場合や、予算策定・採用など幅広い裁量を与えられることもあります。

たとえ今、役職についてなかったとしても、チームを率いた経験やスタッフの育成・指導、プロジェクトのリーダー経験などがある人は、マネジメントの資質が備わっている可能性が高いです。

採用面接の際は、応募者がどのようなマネジメント経験をしたのか・役職についていたか・どのようなプロセスで結果に至ったのかなど、しっかり聞くことがポイントです。

本サイトでは、ICTシステム導入についてプロに無料でご相談していただけますので、ぜひ活用して下さいね。保育士の方からの園長先生をどうにか説得したい、運営責任者に導入した際の費用対効果を説明してほしいといったご相談もお待ちしております。
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

マネジメント経験とは?

一般的にマネジメント経験は「後輩や部下、メンバーの管理業務に携わった経験」を指すことが多いです。ただし、人事考課やプロジェクトとしてのマネジメント経験もその類に入るため、マネジメント経験=役職経験者と判断するのは注意が必要です。企業が求める「マネジメント経験」の意味合いや期待していることは、その企業の仕事内容、はたまた募集ポジションによってもさまざまです。

そもそもマネジメントって何?

マネジメントは、辞書をひもとくと「経営」「管理」という意味を持ちます。組織の目標を設定して達成するために、組織の経営資源を効率的に活用したり、リスク管理を実施することを言います。

そもそもマネジメントの由来は、アメリカの経営学者であり、マネジメントの概念を確立したマネジメントの父と呼ばれるP.Fドラッカーがつくった概念であり、ドラッカーは「組織の成果をあげさせるための道具・機能・機関」ということを定義しています。

マネジメント業務にはどんなものがあるか

マネジメント業務に主要な5つをご紹介します。

①組織の目標を設定する

部下やチームメンバーが何に向かっているのか、どうあるべきかゴールを定め、明確にすることです。

②業務の把握と整理

メンバーの業務を把握して分析・整理し「仕事」に分類します。さらに仕事を「作業」に分類してだれが何をどのように行うのか定義することが必要です。マネジメントは「仕事・作業」を構造化して現場の効率を高めることが重要です。

③チーム作り

チーム編成もマネジメントにおいて重要な仕事です。同じ目標に向かうメンバー選定をして、②で構造化した作業や仕事に照らし合わせながらチーム編成を行います。さらにその後のコミュニケーションも重要です。

④評価

目標に対する評価を行います。目標設定と評価(フィードバック)は、必ずセットで行いましょう。

⑤育成

④までの内容を含めて人材育成を行います。部下やメンバーのモチベーションアップを図り、サポートする支援が必要です。それにより組織のメンバーが育成すれば、全体のパフォーマンスは大きく向上します。

管理職に求められるマネジメント能力とは

管理職は組織の管理責任者です。おもに重要な業務は以下の動機づけと指導・育成です。管理職の裁量次第で事業の成果が変わります。具体的な仕事内容は、以下のようになります。

部下の動機付けを行う

部下がチーム内で同調性を示し、前向きに取り組めるよう動機づけを行います。

目標を設定する

部下をゴールに向かってどの方向に伸ばすのか目標を設定する必要があります。そして、ゴールへの道のりが理解できた部下は、実力を発揮します。

適切な指導を行う

部下の仕事内容を理解し、部下が出しているサインを敏感に察知することも重要です。自発的に成長するよう部下を指導し、精神的にもサポートします。

評価とフィードバックを定期的に行う

定期的に部下と進捗を共有し、フィードバックをすることで改善点を認識してもえるようにしましょう。

このように①~④を行うことで連携した業務を進めることができさまざまな環境で成果が上がるようになります。

子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

マネジメントサイクルで企業の利益を生み出す

企業が利益を生むためには、さまざまな取り組みをおこなっています。まずは何をどうすべきか計画を立てることが重要です。マネジメントサイクルを高めることは、企業が利益をより生み出せる重要な取り組みになります。

最も有名なマネジメントサイクル「PDCA」

マネジメントサイクルとは、目的を達成するために「計画・実行・評価・改善」を継続的におこなう経営上の基本的な管理手順のことをいいます。このプロセスを繰り返すことで業務改善活動に繋がります。しかし、この概念は広く知られているものの、実際に実務において正しく実行できているケースは少ないのが現状です。

①計画(Plan)

目標を設定して、具体的な行動計画に落とし込む

②実行(Do)

組織構造と役割をきめて人員を配置し、組織の構成員の動機付けを図りながら、具体的な行動を指揮する。

③評価(Check)

途中で成果を測定、評価する

④改善(Action)

必要に応じて修正を追加する

この一連の作業が完了したら、反省点を出したうえで再計画への流れに入り、次回も新たなPDCAを進めることで前に進む組織となります。

まとめ

今回はマネジメントの定義にはじまり、組織をまとめる管理職に必要なマネジメント能力について解説しました。経営者や部下をもつマネージャーは、マネジメントを正しく理解し、マネジメントサイクルを実行することで大きなパフォーマンスを上げることができます。是非現場で活用してみてください。

保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら