こどもーしょんのミマモルメICタグなら登降園管理が素早く簡単に!

こんにちは、ICTキッズ編集部です。保育ICTシステムは保育園の人手不足解消の切り札として注目されています。特に登降園管理機能は紙と鉛筆による記録に比べて正確ですし、保育料の計算も自動化できるので便利と評判です。最近はタッチパネルやバーコード、ICカード等で簡単に記録がつけられるシステムも多いですよね。

こういった登降園システムは年々進化しており、既にゲートをくぐるだけで記録がつけられるシステムも登場しています。今回はそんなタッチ不要の登降園機能を搭載した「こどもーしょん」を紹介します。

「こどもーしょん」とは

株式会社サンワードの保育運営管理システム 「こどもーしょん」は、より良い保育を未来につないでいくためのシステムとして開発されました。園児の出欠管理はもちろん、指導計画や園児の発達記録といったデータも一括で管理できる便利なシステムです。

年間スケジュールやその日の業務、一時保育のような不定期に預かる園児の管理、さらには職員の配置や担当業務の割り振りなどもシステムで管理できます。子どもたちと接する保育士だけでなく、管理職や事務員といった保育園に関わる全ての人の業務をサポートしてくれるのが「こどもーしょん」なのです。

ミマモルメICタグでタッチ不要の登降園管理

こどもーしょんの最大の特徴は、阪神電鉄の登下校ミマモルメの技術を利用した登降園管理システムにあります。ミマモルメのICタグなら、かばんに入れて持ち歩くだけで特別な作業は必要ありません。園児がICタグを身につけて門や玄関を通るだけで、登降園時間が自動登録されます。わざわざ端末を操作したりカードをタッチしたりしなくて良いので、保護者がうっかり記録をつけ忘れる心配もありませんし、登園記録をつけるための行列ができることもありません。

記録された登降園の情報は自動集計され、登園している園児の数もリアルタイムで把握できます。出席・欠席の管理だけでなく、延長保育時間の集計や保育料もシステムで自動計算。請求書の発行や自治体への申請も自動化できるので、煩雑な事務作業の負担軽減につながります。

専用システムと連携し自治体への提出書類も簡単作成

保育園の運営には自治体に提出するための書類がつきものです。この書類は自治体ごとにフォーマットが異なり、作成のために何度も同じ計算をしたり、同じ内容を記入しなければなりません。適正に施設を運営するためには必要な業務ですが、できることなら効率化したいというのが皆さんの本音ではないでしょうか。

オフィスキッズワーク合同会社の「スーパー事務員あやこさん」は自治体への提出書類を作成するためのシステムです。「こどもーしょん」と連携できるので、提出書類を作成するために、わざわざ専用システムにデータを手入力したり、何度も同じ計算をしなくても大丈夫。職員同士が情報共有するための機能も用意されており、慌ただしい毎日の中でも的確に情報伝達ができるように工夫が凝らされています。

まとめ

ミマモルメICタグを持っていれば、ゲートをくぐるだけで登降園の記録がつくなんて、便利ですよね。わざわざタブレットを操作したり、ICカードを取り出す必要もないので、特に雨の日や荷物が多い日などは保護者に喜ばれるのではないでしょうか。

ICTキッズでは「こどもーしょん」を導入した保育施設へのインタビュー取材も行っており、近日公開予定です。どうぞご期待ください♪

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!