保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?電話での無料相談は03-5877-3988!メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

【対談】てぃ先生×KitS ICT教材「こどもモードKitS(キッツ)」でできること

【対談】てぃ先生×KitS ICT教材「こどもモードKitS(キッツ)」でできること

ICT教育カリキュラム『こどもモードKitS(キッツ)』は、IT技術を利用して子どもたちが描いた絵を立体的に見せたり動かしたりして、子どもたちの能力を引き出す次世代型教育プロダクトです。今回はてぃ先生と一緒にスマートエデュケーション本社を訪問し、代表の池谷大吾さんと対談を行いました。

ITは道具。大切なのは使い方

吹野:最近の博物館や美術館ではデジタルアートが人気です。『こどもモードKitS(キッツ)』を使うと、幼稚園や保育園でも同じような体験をすることができるそうですね。こういった教材の開発に至った経緯を教えていただけますか?

池谷さん:うちには子どもが3人いて、当時は末っ子が幼稚園にお世話になっていました。そのころはiPhoneが普及し始めて、ちょうどガラケーからスマホへの移行期でした。テレビなどで「スマホは子どもに良くない」って聞くたびに、ITの善し悪しが理解されないまま、子どもから奪ってしまうことが残念でして。

吹野:ゲームもスマホも子どもに悪影響を与えるという論調は根強いですね。

池谷さん:そうなんです。僕は末っ子が通う幼稚園の園長先生が大好きですが、「昔ばなしが良いんだよ」なんて言われてしまうと共感しきれなくて。ITも道具なので、上手に使えば子どもの能力を存分に引き出せると思うんですよね。

てぃ先生:確かにそうですね。

池谷さん:僕はもともとIT業界の人間で、ITを教育現場でどう使えばいいのか、その見つけ方を知っています。起業は多かれ少なかれ子どもに迷惑をかけるし、せめて事業内容だけでも彼らに共感してもらいたい……というところからビジネスを考えるようになって、それで立ち上げたのがこの会社です。

子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

03-5877-3988

スポンサーリンク

家庭用アプリから教育向けに拡大

家庭向けアプリ「こどもモード」公式ページより

出典:家庭向けアプリ「こどもモード」ブランドの公式ページより

吹野:幼稚園・保育園は保守的な業界なので、なかなか大変だったのではないですか?

池谷さん:そうなんです。だから起業当初は家庭向けの知育アプリを作っていました。子どもたちを抱っこして親子で一緒に遊んで頂く方がイメージしやすかったんですよね。でも僕には幼稚園や保育園をスマートにしたいという思いも強くありました。そこでダメもとで知り合いの園にタブレットとアプリを配ってみたんです。全部で10園くらいかな。きっとすぐに返されてしまうだろう……と思っていたら、意外にそうでもなくて(笑)。

てぃ先生:いい意味で予想が裏切られたんですね。素晴らしい!

池谷さん:「思った以上に悪くない」って言われました。「絵を描きたがらない子がiPadなら描きます」とか、「子どもが他の遊具で遊ばなくなるかと思いきや、そうでもなかった」なんていう意見も聞けました。そこで本格的に『こどもモードKitS(キッツ)』を立ち上げました。

吹野:家庭向けから業界向けにシフトしたんですね。

池谷さん:家庭向けの知育アプリ事業は続けつつ、このKitS事業を立ち上げて全国の園を訪問しました。今では300園超の導入園があります。実はうちの会社のビジョンは「世界中の子どもたちのいきる力を育てたい」というもので、教材にはほとんど言葉がないんです。家庭向けの知育アプリ事業では既にグローバル展開をしていますし、KitS事業も現在はアジア圏を中心にカリキュラム導入を進めており、将来的に世界中の子たちに提供出来るカリキュラムになれば良いと思っています。

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

先入観の壁を壊す

吹野:てぃ先生の身近な保育園で、『KitS(キッツ)』みたいなICT教育をやっている園はありますか?

てぃ先生:ほとんどないですね。月謝が高いところは幼児のうちからプログラミングをやっていたりしますけど、そもそもタブレットを導入しているところが少ないです。

池谷さん:実は僕らの引き合いは、今は地方の園が多いです。日本はみなさんの想像以上に少子化が進んでいて、地方では定員の3分の1しか埋まっていない園がたくさんあります。地方の意識はとても高まっています。

吹野:ICTシステムっていうだけでアレルギー反応が出てしまう園も多いと思うのですが、そういった園に導入した事例はありますか?

池谷さん:あります。和歌山県の先生は最初に「私はICTが嫌いです!」っておっしゃっていました。でもICTに対する批判的な報道をテレビや新聞で見聞きしているから、これは仕方がないんですよね。

てぃ先生:どうしてその先生が『KitS(キッツ)』を入れることになったんですか?

池谷さん:たまたま僕が登壇したセミナーにいらしていたんです。他の登壇者の話を聞きたくてセミナーに来てみたら、僕がICTとはかけ離れた「自己肯定感」の話をしていました。まさかそんな話だとは思っていなかったそうで、僕のところにやってきて「ICTは嫌いなんだけど、これでこんなことはできるんですか?」と質問してくださって。

スポンサーリンク

吹野:思いっきり先入観を覆されてしまったんですね。

池谷さん:それで僕は和歌山まで行って、体験会をやらせてもらいました。子どもたちが同じ土俵の上で、それぞれに個性的なアイデアを出す様子を目の当たりにして、先生の認識がガラリと変わったようです。それからその先生は、苦手なICTの操作を必死に覚えてくれました。「これであの子たちがさらに成長するんだったら」って。だから僕、今でも新しい技術を作ると和歌山の先生に意見を求めるんですよ。

吹野:もともとITに苦手意識があった人の意見は貴重ですよね。保育業界では特に。

池谷さん:うちの親も、僕がICTの会社をやっていることを知っていながら「なんで幼稚園とか保育園の子にiPadを与えるの?」って言うくらいですからね。世間がそういう空気を作ってしまっているところにメスを入れないといけないと思います。

子供たちとの時間を増やすためICTシステムの導入を考えてみませんか?
詳しくはコチラに無料相談!

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

人々の意識改革が必要

吹野:てぃ先生も講演活動を通じてご自身の思いを発信していますよね。講演を聞きにいらっしゃる皆さんの様子や反響から、何か感じていることはありますか?

てぃ先生:僕は今31歳で、保育業界では中堅くらいです。この業界では、僕くらいの年齢の保育士が多くないので、いわゆるベテランと若手、どちらの考えにも沿った話ができるところに価値があるんじゃないかなって思う部分はあります。

池谷さん:ちなみに講演会で話されるのは、どんなテーマが多いんですか?

てぃ先生:基本的には自治体や企業の主催者さんから指定があります。自治体は保育士さんたちが辞めてしまわないように、“保育士を続けることの素晴らしさ”みたいな話をしてくださいって言われることが多いです。

吹野:自治体にとって、保育士不足は悩みの種ですからね。

てぃ先生:でも保育士さんたちが抱えている問題って、時間にも気持ちにも余裕がないところですよね。だから主催者の方には、その問題の解決策を伝えた上で何か話した方がいいのではないかと提案をしています。たいていは受け入れていただけるので、講演でICTを利用して時間の使い方を変えるアイデアの話をするんですが、皆さん納得してくれるみたいですね。

吹野:今はお昼寝の時間に連絡帳を手書きして、お迎えに手渡しできるようにしている園がほとんどです。でもICTを使えば園児が帰宅した後に連絡帳を配信できるので、夕方に作業をしても間に合うんですよね。

池谷さん:そういう使い方は良いですね。講演には経営者が聞きに来るんですか?

てぃ先生:中にはいらっしゃいますけど、大半はやっぱり現場の先生です。なので、現場の先生たちが使ってみたいと思っても園長先生に言い出せなかったり、言えたとしても「あ、いらないです」で終わっちゃう……。そこが一番のネックかなと思っています。

池谷さん:そうですね、変えていったほういいと思います。僕はIT業界でやってきいてるため、保育業界とのスピード感の違いを感じることも多いです。いろんな方法で啓蒙・啓発活動をやっていく必要がありますね。

スポンサーリンク

幼稚園・保育園に特化した教材

吹野:スマートエデュケーションの『こどもモードKitS(キッツ)』は、子どもたちが描いた魚が画面の中を泳いだりするんですよね。同じようなプロダクトは他社にもありますが、違いはどんなところですか?

池谷さん:うちは先生たちの使いやすさを重視した設計になっています。背景には「空」「海」「ジャングル」「ハロウィン」「クリスマス」「宇宙」の6テーマを用意して、1年を通じて保育に使えるように工夫しています。春には「空」のテーマを使ってみんなに鯉のぼりを作ってもらったり、卒園シーズンには「宇宙」のテーマで年長さんに宇宙船を描いてもらったり、そういう世界観なんです。

てぃ先生:それは良いですね。現場に取り入れやすそうです。

池谷さん:水族館や博物館のデジタルアートは面白いけれど、いつでも足を運べるわけではありません。僕は幼稚園や保育園でこういう遊びができるのがいいと思ってるんですよ。

てぃ先生:僕、先日お台場で開催していたチームラボのアートを「すごいー!」と思って見ていたので、これが自分の園にあったらすっごく嬉しいです(笑)。

池谷さん:以前はなかなか理解してもらえなかったんですけど、チームラボさんが知られるようになったおかげで、現場の先生もイメージしやすくなったみたいです。そういった意味ではチームラボさんが有名にしてくれたコンテンツですね。「チームラボさん、ありがとう!」って思っています(笑)。

子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

03-5877-3988

スポンサーリンク

新たな発想とコミュニケーションを生むKitS(キッツ)

吹野:『KitS(キッツ)』を使うと、どんなことができるんですか?

池谷さん:『KitS(キッツ)』には全部で12種類の教材ソフトが入っていて、子どもたちの絵を画面上で動かすソフトは『アートポン!』と言います。もともとiPadで絵を描く『らくがきっず』があったんですが、それだと園児一人ひとりにiPadを用意しないといけません。その点『アートポン!』は子どもが紙に描いた絵をカメラで取り込むだけなので、園に1台iPadがあれば済みます。

吹野:自分の絵が動きだすなんて、子どもたちにとっては魔法ですよね。

てぃ先生:取り込めるのは絵だけですか?折り紙で作った作品なんかも取り込めませんか?

池谷さん:できます。むしろそういう使い方をおすすめしています。写真を撮るだけなので、切り絵や手形でも構いません。もともとテーマはたくさん用意してありますが、独自の下絵を追加することもできます。ある園では『らくがきっず』で子どもたちに園バスのデザインしてもらいました。このときはバスの写真をもとに書いてもらいたんですが……

池谷さん:この子のデザイン、すごくないですか?

てぃ先生:子どもが描いたんですか?すごい!

池谷さん:これを描いたのは多動症の子です。普段は椅子に座っていられないのに、この時はものすごい集中力で、熱心に絵を描いていました。プレゼンでは「夜空を走るバス」を発表して、それを見たみんなが「そうか、こんな平凡なバスじゃなくて、夜にしちゃってもよかったんだねー」っていう気づきが生まれました。この子がちゃんと椅子に座って絵を描く様子を見て、涙する先生もいらっしゃったんです。

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

子どもの新たな一面を引き出す

てぃ先生:『KitS(キッツ)』で新たな子どもの能力が発掘されたんですね。実は僕、『子どもモードKitS(キッツ)』の『ごっこどうぶつえん』がすごいと思ったんですよ。

吹野:そうなんですか?私はまだ拝見したことがなくて。

池谷さん:では吹野さん、試しにやってみませんか?画面のこの木を触ってみてください。これはお絵かきコーナーで、ゾウはキャンバスです。ゾウだからといって灰色にする必要はありません。このハケで色や柄を変えられるので、絵を描いてください。

スポンサーリンク

てぃ先生:これね、上にピッてやってみて。線から色がはみ出ないようになってるの、ちゃんと。

吹野:すごい、本当だ。同じ柄のまま色を変えたりもできるんですね。流れている音もステキ!ジャングルにいるみたい。

池谷さん:楽しいでしょう?絵が描けたら、またカメラを押してください。これでキャプチャーできました。

池谷さん:今、描いてもらったゾウさんはこれですよね?

池谷さん:そしてこのボタンを押すと……こんな感じでペーパークラフトができます。

吹野:えっ、すごい!

池谷さん:これを印刷して組み立てると、自分のデザインしたゾウがオブジェになります。

池谷さん:アナログとデジタルって、実は繋がっているものなんです。『ごっこどうぶつえん』はデジタルでデザインしたものがアナログになって出てくるし、『アートポン!』はアナログで描いた絵をデジタルで出しています。

吹野:『KitS(キッツ)』はデジタルとアナログのいいとこ取りをしているんですね!これ、ホントにすごいですね!

てぃ先生:すごいでしょ?僕、すっごく感動したんだけど、Twitterでどうやったらこの感動を伝えられるんだろうと思って。

池谷さん:英語みたいな認知型能力に比べると、伝えづらい部分ですよね。でも、その“わかりづらいところ”も含めて子どもにとって最も重要で、将来につながるものだと思います。

子供たちとの時間を増やすためICTシステムの導入を考えてみませんか?
詳しくはコチラに無料相談!

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

訪問体験会を実施中!

吹野:この感動をたくさんの人に味わっていただきたいですね。例えば個別に体験会を開いてもらうことはできますか?

池谷さん:できますよ。交通費と機材の運搬費の負担はお願いしていますが、内容自体は無料です。園を訪問して、皆さんに『KitS(キッツ)』を体験してもらいます。『KitS(キッツ)』の良さを知ってもらうのも大事ですが、先生が子どもたちと有意義な時間を過ごすことを重視していますね。園によっては2日かけて全クラスで体験会をやったりします。

吹野:子どもたちを交えた体験会なら、導入後のイメージがしやすくなりますね。でも体験会をしながら先生たちの質問を受けるのは難しそうです。

池谷さん:幼稚園だと16時頃には園児が帰宅するので、その後先生たちに集まってもらって、「そもそも、なんでこういうものが必要なのか?」という話をしています。うちは「創造力」と「チームワーク力」と「ICT活用力」の3つをテーマに掲げていて、伸びる力はまさにその「創造力」と「チームワーク力」だと思うんですよね。子どもたちにプレゼンをしてもらうと、違う価値観がたくさん出てきます。「自分も最高だけど君もいいね」って言える力が大事だと思うんですよね。

てぃ先生:多様性を受け入れられる子どもを育てよう、ということですね。

池谷さん:そうです。そしてICTをスマートに使うために、例えば誰かの写真を撮るときには「撮っていいですか?」と一言添えるといったマナーも教えれば、自然とトラブルを回避できる子に育つと思います。

吹野:これからの時代に必要なマナーを就学前に身につけられれば、親御さんも安心ですね。今までの教育では重視されずにいたマナーや価値観を『こどもモードKitS(キッツ)』で楽しく自然に学べるなんて、画期的だと思います。

スポンサーリンク

これからのテーマは国際交流とプログラミング

吹野:現在もいろいろな機能を開発中ということですが、今後はどのようなビジョンをお持ちですか?

池谷さん:キーワードが2つあって、1つは国際交流です。ICTの「C」が表すのはコミュニケーションです。今、クラス内や保護者とのコミュニケーションがテーマになりがちですけど、インターネットって本当はもっと広い世界と繋がれるものですよね。

吹野:確かにそうですね。

池谷さん:なので『KitS(キッツ)』を通じて、海外の子どもたちと一緒に時間を共有したいんです。今、社員がひとり海外に行っていて、先日タイの幼稚園でアートポンを使ってもらったんですよ。これは年長さんが描いたタイの王様の絵です。相当いいと思いませんか。?

てぃ先生:これが向こうの子どもの絵ですか?やっぱり日本の子とは感覚が少し違いますね。

池谷さん:自己肯定感がすごいんです。これはクジラの絵ですが、やっぱり日本人とは感覚が違います。こういうのを子どもたちに見せて、「なんか価値観が違うなあ」っていうのを知ってもらいたいんです。『KitS(キッツ)』を使えば、言葉がわからなくても理解することができます。

吹野:なるほど。

池谷さん:ICTの「C」の部分を、園とか保護者とかもっと広い世界の裏側とか、そういうところに繋げてあげたいですよね。それからもう1つ、日本ならではかもしれませんが、プログラミングを子どもたちにも体験させてあげたいです。

吹野:プログラミングですか?

池谷さん:幼少期にやるのは、例えばアートポンなら、自分で描いたトラさんがiPadを操作すると右や左に動いたり、ひとつの体験としてのプログラミングはやっていきたいですね。国際交流とプログラミングは、うちの中でも新しい2本軸です。

子供たちとの時間を増やすためICTシステムの導入を考えてみませんか?
詳しくはコチラに無料相談!

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

スポンサーリンク

新しい時代を生き抜く力を育てる教育

吹野:実際に保育現場に立つてぃ先生から見て、こういう技術はどんなふうに活用できそうですか?

てぃ先生:幼児期の子どもたちが成人する頃には、多分世の中って今よりもっともっと変わっていて、「今時パソコンですか?」っていう時代になっているような気がするので、その時代に合ったプログラミングとかオフィススキルとか、そういったものの基礎が楽しく学べるツールになればいいなって思っていますね。

池谷さん:うん、そうですね。

てぃ先生:だからこそ、「iPadってダメなんだよ」とか「パソコンって良くないんだよ」っていう教え方よりも、いかにこういった道具をうまく使うか、機械と子どもたちが仲良くできるかを、僕ら保育士が考えられたらいいんじゃないかなと思いますね。だって3年後5年後の子どもたちは、もしかしたらiPadが使えなければ授業も受けられなくなるかもしれないし。

吹野:既に小学校でもiPadを取り入れ始めていますね。

てぃ先生:「こういう機械は使い方によってはとてもいいものなんだ」ということを、日本中の保育士に伝えたいです。

池谷さん今はまだ耳をふさいでしまっている園長先生も少なくないので、未来の幼児教育という視点を切り口に、少しずつ関心を持ってもらえるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

目まぐるしく変化する世の中にどう対応していくのか?既に変化への対応力が問われる時代に突入しています。自分で考え、自ら発信する力がこれからの子どもたちには必要です。スマートエデュケーションのように、国内のICTシステムも世界的に注目を集めるようになりました。日本の子どもたちは受動的な傾向が強いことや、個人よりも集団に重点が置かれていることもあり、より「発言力を育てること」を掲げるスマートエデュケーションは、新しい風となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連タグ

スポンサーリンク

保育ICT化
無料相談

保育ICTシステム
一覧・比較

現在のURLを
メールで送る