保育支援システムを気軽に始めるならコレ!無料で使えるKidsly(キッズリー)の魅力

こんにちは、ICTキッズ編集部です。ICTシステムによって園内の保育業務が大幅に改善されることや、補助金が出ることから、多くの園でICTシステムの導入を検討されていると思います。

一方でICTシステムの導入や維持のためには、それなりのコストがかかってしまうことから、なかなか導入に踏み切れない園も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は「無料」で使える保育業務支援システム「kidsly(キッズリー)」をご紹介します。

▼こちらもチェック!▼
保護者と信頼関係を築くための心がけ&おすすめ連絡ツール3選!
保育料計算を簡単&スピーディに!おすすめ登降園システム5選

kidsly(キッズリー)とは

「kidsly(キッズリー)」は、2016年3月15日に株式会社リクルートマーケティングパートナーズが開始したコミュニケーションサービスです。無料で使えることもあり、わずか3ヶ月で130を超える園の導入が決定したようです。インターネットやスマートフォンアプリを通じて、園と保護者が双方向で情報を共有できるシステムです。

コミュニケーション特化型の「kidsly」には、「登降園管理」「連絡帳」「写真共有」「個別連絡」「園からのお知らせ」「カレンダー」という6つの機能があります。今までアナログで行われていた作業がインターネット上に集約され、スマートフォンアプリを通じて園と保護者が双方向で情報共有できるように設計されています。

保育園の視点で見る「kidsly」の良さ

「kidsly(キッズリー)」を利用すると、朝やお迎えの時間に電話を受けることが少なくなります。保護者用アプリから出欠連絡が送れるので、電話連絡が必要ないのです。電話の呼び出し音に慌てることが減り、毎朝落ち着いた気持ちで園児を迎え入れられるようになります。

連絡帳機能を使うと、園児の記録をアプリから入力できます。手書きに比べると作業時間を短縮できる上に、フォト機能で写真を送ることもできます。言葉ではなかなか表現しにくいことも写真なら簡単に伝えられます。

カレンダー機能やお知らせ機能を使えば、園の行事予定や園だよりをいつでも送信できます。保護者とのコミュニケーションが円滑になるだけでなく、ペーパーレスも実現できます。

保育支援システムのご相談はコンシェルジュへ

保護者の視点で見る「kidsly」の特徴

保護者は朝、スマホのアプリで園に欠席や遅刻の連絡を送れるようになります。風邪やインフルエンザが流行る時期は、お休みが増えて電話がつながりにくくなりますが、アプリなら時間帯を気にせず送れるのでストレスがありません。チャットアプリと同じ感覚で、気軽に職員の方とコミュニケーションをとることできます。

園から送られてくるお知らせや写真は1人の保護者につき最大4人まで共有できるので、離れて暮らす親戚にもシェアできます。アプリを使うことで園児を中心としたコミュニティが形成され、今までよりも強い信頼関係を築けるようになります。

まとめ

「kidsly」は、園と保護者のコミュニケーション・サポートを目的としたシステムのため、指導案作成やシフト管理といった機能はついていません。しかし子どもたちをすくすくと育てるためには、保護者との情報共有が不可欠です。業務効率の改善に導入が叫ばれる保育ICTシステムを試してみるなら、無料で使える「kidsly」は、まさにうってつけではないでしょうか。

TOP画像出典:kidslyホームページ

お問い合わせはお気軽に
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる