セミオーダーメイドで園にマッチしたICTシステムが作れる「おまかせ管理ちゃんNTP」

こんにちは、ICTキッズ編集部です。施設によって書類の形式や運営方法が異なる保育施設では、初めから形が決まっている保育ICTシステムがマッチしないケースが散見されます。今使っているものをなるべく変えたくないという園におすすめのセミオーダーメイド型ICTシステム「おまかせ管理ちゃんNTP」をここでは詳しくご紹介します。

おまかせ管理ちゃんNTPとは

出典:おまかせ管理ちゃんNTPホームページより引用

保育ICTシステム「おまかせ管理ちゃんNTP」は、保育園や幼稚園向けのシステム開発に10年以上携わる株式会社フロンティアの製品です。園によって異なる管理方法に既製品では対応しきれない現実を踏まえ、園のニーズに合わせてカスタマイズするセミオーダーメイド方式を採用しています。

園の現在のやり方を踏襲したシステムを用意するため、導入後の業務に大きな変更が生じにくく、時代や状況の変化に応じて新しい機能を追加することが可能です。園の成長とともにシステムも進化させられる点が大きなメリットです。

おまかせ管理ちゃんNTPにできること

出典:おまかせ管理ちゃんNTPホームページより引用

登降園時間はシステムで記録

保育の現場で発生する事務処理は多岐にわたりますが、最も重要なのは園児の登園・降園時間の管理ではないでしょうか。延長保育料の計算に直結する部分であり、スタッフのミスや保護者からのクレームが発生しやすい部分でもあります。

「おまかせ管理ちゃんNTP」を使えば、打刻はスマホやタブレットを使う方法のほか、パソコンとバーコードリーダーで登録する方法も選べます。保護者の手で記録してもらうことができれば、保護者の納得感が増し、保育士の業務が減るので一石二鳥です。

システムで保育料を計算し、銀行へ送る請求データを作成

打刻した情報はシステムに記録されるので、データ入力の手間やヒューマンエラーのリスクが減らせます。利用時間の集計作業がスピーディに行えるだけでなく、システムを介して銀行口座への請求データを作成できるのでスタッフの事務作業をグッと減らすことができます。

園児台帳と指導計画・保育日誌が連動

園児の基本情報や指導計画、保育日誌をシステムで連動させることによって、データの一元管理が可能です。行政に提出する報告書などの書類も、各自治体に合わせた形にカスタマイズすることで、手間なく作成できるようになります。

事務作業を効率化させることで業務負荷を軽減し、持ち帰り残業を減らしたり有給取得率をアップさせるなど、働き方改革への第一歩が踏み出せます。

ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

検討から導入後まで。きめ細かいサポート体制も魅力

出典:おまかせ管理ちゃんNTPホームページより引用

長年保育業界に携わってきた経験をもとに、園の課題を解決できるシステムの構成や運用方法を提案してもらえます。システムは基本ソフトにオプションパーツを組み合わせながらカスタマイズするので、費用を抑えながらも高い機能性を備えることが可能です。

導入前後にはきめ細かなトレーニングで、機械に苦手意識があるスタッフのスキルアップが可能です。導入後の様式の変更や新しい機能の追加などの相談にも応じてもらえます。園に寄り添う対応ができるのはメーカーならでは。園運営のパートナーとして二人三脚で歩んでいけます。

まとめ

システムを0から開発していくのは膨大な時間と費用がかかります。かといってパッケージソフトではなかなか現状に合わせた運用ができず、結局手書きに戻ってしまうケースが多いため、セミオーダーメイドスタイルは双方のいいとこどりができる手法です。変化のスピードが速まりつつある現代社会において、必要に応じて機能を入れ替えられる柔軟性は、今最も保育施設に必要な部分だと思います。

TOP画像出典:おまかせ管理ちゃんNTPホームページ

システム比較はこちら

保育ICTシステム:お問い合わせ窓口
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる