保育園が保育士を求人する際のポイントと地域別の特徴

都心部を中心に待機児童問題が叫ばれるなか、近年は保育園の拡大・増設に向けての動きが活発化しています。しかしその裏では「保育士が足りない」という問題も浮上してまいりました。どこの保育園でも、保育士不足解消のために色々な対策を講じています。

保育士が保育園に求めていることをできる限り満たし、保育士を獲得するためには、色々な角度からのアプローチを拡げる必要があります。そこで今回は保育園が保育士等を求人するためのポイントと、地域別の支援事業、そしておすすめの保育特化求人サイトのご紹介をいたします。

保育園が求人掲載する際のポイント

保育園が求人を行う方法としては、地域に特化した紙媒体(広告)で保育所の近辺での募集をかける方法と、Web媒体を利用した幅広い求人を行う方法があります。現在では後述したWeb媒体を利用した求人が中心で、保育園に特化した求人サイトもたくさんあります。

現在はどこの企業でも人材不足が懸念されていますが、特に保育園は大都市を中心に急増しており、人材確保も容易ではない状況です。競争率の激しい中で保育士をはじめ、保育園に必要な人材を確保するためには、他にはない保育園の特徴や、働くメリットなどをアピールすることが重要です。

保育士求人

保育園で一番重要な人材と言えば「保育士」ですよね。現在、保育園の求人の中でも一番獲得が難しい職種です。保育士不足については、国や行政も働きかけていますが、なかなか解消には至らず、売り手市場の状態が続いています。

そのような中で保育士を獲得するには、保育士が保育園に求める以下のような要件を、できる限り満たしてあげる必要があります。

  • 勤務時間・給与面の待遇の良さ
  • 事務・雑務の軽減(保育ICTシステムの導入)
  • 有給休暇等の取りやすさ
  • 職場の雰囲気・コミュニケーションの良さ

これらを保育士の目に届くように上手くアピールすることで、保育士が「気になる保育園」として候補のひとつに挙げてもらえれば、保育士確保へ大きく近づきます。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

その他の求人

保育園で働く保育士以外の職種についても、保育園の運営には欠かせません。

管理栄養士

最近では、食を通して生きる力や感謝の気持ちを身につける「食育」という意味でも、注目されるのが管理栄養士。園児に楽しい給食や、おやつの時間を提供するにも、献立や栄養バランスを考える管理栄養士は非常に重要です。近年はアレルギーを持つ子供も増えているので、アレルギー食にも精通していると良いでしょう。親に選ばれる保育園としてのアピールポイントにもなります。

調理師

管理栄養士の考えた献立を実際に作るのが調理師です。もちろん給食やおやつは見た目も重要です。盛り付けを考えつつも、献立に沿った給食を手際よく作り提供できるように、園児の数に見合った調理師を確保するようにしましょう。

保育補助

その名の通り、保育士の補助をするのがメインの保育補助。具体的には、給食や遊び道具の準備・片付けなどを行いますが。園児と直接関わってはいけないというルールはありませんので、保育士と一緒に保育も行います。

保育士を求人する際にも、保育補助がいるということは保育士の雑務軽減につながりますので、良い印象を与えられるでしょう。さらに、保育補助から保育士へのステップアップを考えている方も多くいらっしゃるので、保育園を上げて応援したいところですね。

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら

地域別の特徴

保育士の求人はもちろんのこと、地域によっては保育士の支援に向けた取り組みなどもあるようです。ここでは東京・大阪・札幌・福岡における地域別の特徴についてまとめてみました。

東京

待機児童問題解消に向けて、東京都を中心に保育園が急増していることもあり、保育士の有効求人倍率も平成30年11月には6.44倍を記録。競争が激しいこともあり、東京都の保育士の平均月収は約27万円。中には月収28万円~・週休2日・年4回ボーナス支給など、好条件な求人も多数あるようです。

その他にも自治体を上げた、保育園就業者へのバックアップが行われています。例えば大田区では、保育園に勤める保育士(6ヶ月以上の勤務実績が必要)に、区が月額1万円を直接支給。また、保育士の家賃負担を軽減することを目的として、保育園が住居を借上げる「宿舎借上げ支援事業」も行っています。

大阪

東京都につぎ大阪府も、平成30年11月での保育士の有効求人倍率は4.49倍を記録しており、保育士の需要が大きく高まっています。大阪府では、保育士の資格取得や復職についての必要な費用や、未就学児をもつ保育士の保育料等を無利子で貸し付ける制度も充実しており、大阪府内の保育園などに一定期間従事すれば返済不要になるなど、保育士への手厚いサポートが感じられます。

保育士の仕事選びの傾向としては、正社員でも、年間休日の多さや残業時間の少なさを重視される方が多いようで、働き方によって給与も様々ですが、正社員の月給は23.5万円程度が平均のようです。

札幌

札幌市でも、保育士の有効求人倍率は年々上昇傾向にあり、広義での待機児童数も急増しており、保育士の確保は喫緊の課題とされています。支援策としては、未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付を行い、2年以上札幌市内の保育園などに従事した場合は、返済不要になります。

保育士の求人としては、正社員からパートまでと幅広く、自分のライフスタイルに合わせた働き方もできるように工夫された保育園もあります。なお、正社員としての月給は21万円前後が平均となっているようです。

福岡

福岡地区の保育士の有効求人倍率は平成30年11月で2.35倍と、年々上昇かつ高い水準で推移しており、保育人材の確保は難しい状況となっているようです。行政としては市内保育所への就職の促進、離職防止を図るため、家賃の一部助成(1人あたり1万円/月)を実施しています。

保育士向けには、未就学児がいる保育士の子どもの保育料の一部貸付事業や、就職準備金貸付事業が行われています。九州で一番人口の多い都市ということもあり、福岡の保育士の平均月給は、22.7万円となっているようです。

参考:年収ガイド「保育士(保母・保父)の年収」

求人掲載おすすめ

保育士の求人サイトは数多くありますが、なかでも求人掲載におすすめなサイトを3つご紹介いたします。

ホイキュー

出典:ホイキュー ホームページ

ホイキューは、保育士不足の世の中を解消すべく立ち上げた、保育業界に特化した求人サイトです。検索方法も、ブランクありや経験年数などから選べたり、育休や住宅補助など、福利厚生の面から選べたり、都道府県だけではなく、市区町村、さらには沿線・駅からの検索も可能になっています。求人以外にも、仕事に役立つ情報などの発信もしているので、サイトへの呼び込み率が高いのも特徴。

完全成果報酬プランのため、採用されるまで求人掲載料や初期費用は一切かからないのが特徴。さらには、オプションとして広告運用プランも準備されており「多数の求人情報に埋もれて気づかれない」「ひとりあたりの採用コストが高すぎる」といった問題も解決してくれます。

マイナビ保育士

大手転職サイト マイナビが、保育士に特化して展開する求人サイトが「マイナビ保育士」です。首都圏トップクラスの求人数と安心できるキャリアアドバイザーによるフォローで、多くの保育士の採用活動を幅広くサポートしてもらえます。
求人広告サービスは、月々4,000円から利用できるエントリープランや、採用予算や課題別でさまざまな選択肢が用意されています。

保育Fine!

保育Fine!(ファイン)は、保育業界最多の求人数を誇り、さらに「最低応募数付き自動掲載延長」といった他には無いサービスを取り入れた求人サイトです。掲載プランが3種類と掲載期間(半年・1年)によって料金が変わるシステムで、最低応募数に達しない場合は無料で掲載延長ができるのが特徴です。

保育士サポート.com

出典:保育士サポート.com ホームページ

保育士サポート.comは、情報掲載料が完全無料の成果報酬型の求人サイトです。求人情報はマイページで管理できるため、掲載までの時間を短くできるのが特徴です。サイト内で求職者とメッセージのやり取りができ、オプション(有料)では、求職者にスカウトメールを送ったり、サイト内でのアピール力を高めるピックアップ機能などを準備しています。

数ある保育専門の求人サイトについて、もっと詳しく知りたい方はコチラにお進みください。

まとめ

今回は保育士の求人をする際のポイントと、地域別の特徴、求人掲載におすすめな保育特化型求人サイトをご紹介させていただきました。特に大都市圏では、保育士の需要が高まりすぎて、保育士に優位な状況となっています。コストを抑えつつも、保育士を呼び込めるように、求人サイトを上手に利用しましょう。

さらには地域ごとの保育士へのバックアップについても、まだ知らない保育士に情報を提供することは、信頼向上にもつながるかと思われます。また保育士の負担軽減を図り、より定着しやすい環境を作るには、保育ICTシステムの導入がおすすめです。

ICTキッズでは、保育ICTシステムの導入についてお悩みの方の無料相談窓口を設けています。予算や要望をもとに、園に最適なシステムのご紹介も行っておりますので、ぜひご利用ください。

保育士がより働きやすい保育園を作るには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら