保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?電話での無料相談は03-5877-3988!メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

保育士の仕事量・残業を業務効率化で減らすアイディアは?解決には◯◯が最適!

保育士の仕事量・残業を業務効率化で減らすアイディアは?解決には◯◯が最適!

大きな社会問題となっている「待機児童問題」の解決のため、都市部などでは保育園の数を急速に増やす動きが進められています。しかしその一方で、保育園で働く保育士や職員の離職率が高まり、保育園は慢性的な人手不足に陥っています。

女性の割合の多い保育士は、結婚や出産といったライフイベントによる退職が多いのはもちろんですが、労働時間に対して給与や賞与が低いといった点も、保育士という職から離れていく要因となっています。

では保育士が働きたいと思う職場環境とは、どういった職場なのでしょうか。保育士の求める改善要望などを踏まえ、改善策とともに見ていきましょう。

保育士が職場に求める改善

女性の社会進出などによる共働き家庭の増加や、社会的養護が必要な子どもの増加などにより、保育園に預けたいという家庭が増えている一方で、都市部を中心に待機児童や保育士の人で不足が大きな問題となっています。

スポンサーリンク

保育士に求められる役割も、年々大きくなっている中、保育士の離職率が高まっていることも問題視されており、少しずつ保育園での職場環境改善に努める動きが進んでいます。

以前、東京都が実施した「東京都保育士実態調査報告書」(平成26年3月)での「保育士における現在の職場の改善希望状況」によると、およそ6割もの人が「給与・賞与等の改善」をあげており、1位になりました。保育士は、看護師や介護士と同じように、専門職の中でも給与は高くないにも関わらず、労働時間や業務量のハードさに対して、給与の低さに不満を感じている人が多く、その結果離職するということもあります。

次に多かった回答が、約4割の人が答えた「職員数の増員」です。保育業界は、慢性的な人で不足が社会問題となっており、離職率の増加から、採用難にも陥っています。どこの保育園も運営のやりくりに苦労しているため、一般的な企業のように、すぐに給与やボーナスの引き上げや、雇用条件の改善を行うことが難しいのです。

3位に「事務・雑務の軽減」

1位、2位のような声が上がる中で、3番目に改善したい点には「事務・雑務の軽減」が登場しました。約3割以上の方が、保育士の事務作業を減らしたいと考えているようです。

この要望は、2位にあがった保育士の人手不足も大きく影響していると思われます。保育園で働く職員の不足により、本来保育士がしなくてもよいような事務作業や雑務が増えてしまっていることもあります。もちろん保育園では、毎月の園だより作成や計画表、日誌に連絡帳など、保育士にも事務的作業が多いのも事実です。しかしこうした事務作業の増加により、子どもたちへの保育にかける時間が減り、保育の質が下がってきている懸念も生まれています。

1日1時間は「会議・記録・報告(施設内の活動)」に時間を取られている

厚生労働省の「保育士等確保対策検討会」がまとめた『保育士等に関する関係資料』によると、保育士の1日あたりの業務時間の中で、毎日「会議・記録・報告(施設内の活動)」に1時間弱を要していることがわかりました。

子どもたちの世話をする中で、実際のところ保育士に1時間丸々空いている時間というのはありません。子どもたちの午睡時間などに、少しずつ合間を縫って作業をしますが、ほとんどは残業時間で行うことになり、保育士にとって大きな負担が積み重なっています。

本サイトでは、あなたに代わって条件にピッタリあったシステムを保育ICTシステム導入の知識・導入経験豊富なプロが無料でご紹介いたします!まずは、疑問点や不明点のご相談のみでも構いませんので、ぜひ活用してくださいね。
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

スポンサーリンク

保育士の業務量を減らすには

では、保育士の業務量を減らしていくには、どうすればよいでしょうか。基本的には、コミュニケーションを強化し、面倒な事務作業を上手く効率化していくことがベストです。

会議時間の短縮

保育士業務を減らす方法の一つに、会議時間を短縮するということがあります。会議といっても、毎日行う業務報告会議や、園の行事に向けた会議などさまざまです。会議には複数の人が参加するため、話が逸れたりしてしまい、なかなか意見がまとまらずに会議時間が長引いたり、その日に決まらないまま終わらせることも多いです。その結果、他の作業が進められず、残業時間が増えて、拘束時間も長くなってしまいます。

そこで会議を行う際は、事前に計画書やアジェンダを準備しておくだけでも、大幅に時間を短縮することが可能です。何について話をするかが明記してあることで、話が逸れても本題に戻すこともできますし、事前に資料が用意してあることで、会議中に初めて資料を読むということもなく、効率的に会議を進めることができます。

事務作業の効率化

保育士業務の中でも、事務作業は上手に効率化させることで、一気に工数を減らすことができます。

保育園は手書き書類が多いので、まずは手書き書類部分だけでも電子化することで、事務作業時間は大きく改善するでしょう。過去の書類データを保存しておけば、次に使う時にもそれをコピーして使えるほか、よく使う文章を予測変換・単語登録しておくことで入力時間も削減できます。

最低でも月一回は発行する「園だより」や、イベントのお知らせなども、ある程度テンプレート化して共有しておくと、作成時間も短縮できるうえに、誰が作っても統一感のあるお知らせになります。

スポンサーリンク

ICTシステムの導入

厚生労働省は、保育園事業全体の効率化のために「保育園などにおける業務効率化推進事業」という子育て支援事業を、平成27年に創設しました。これにより、国全体で保育園の業務効率化に向けたICTシステムの導入を推奨する動きが高まってきました。

人手不足に加え、業務量の増加に悩まされている保育園へ、ICTシステムを導入することで、保育士業務の多くを自動化することができます。書類作成はもちろんのこと、登降園管理や職員の勤怠管理、保育料の計算も自動化されます。

また作成工数のかかる、保護者への配布物や緊急連絡も、専用のアプリを使ってメールやメッセージで配信でるので、ペーパーレス化が実現。保育士にとっても保護者にとっても、非常に便利になります。

主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

保育園・保育士の業務効率化にはICT化が最適

保育士の業務を減らす方法をご紹介しましたが、これらの中でも最適な方法は、やはり保育ICTシステムの導入ではないかと思います。

今や、数多くのICTシステムが登場しており、用途や目的に合わせて選ぶことができます。過去に経済産業省が調査した結果によると、保育ICTシステムを導入したことで、1ヶ月あたり約77時間、およそ10日分の業務時間が削減できると試算しました。

ICT化対応の補助金も

保育園を始めとした保育施設へのICTシステム導入は、政府としても積極的に推奨している事業になります。そのため国や自治体にて、さまざまなICT化対応の補助金が設けられています。

補助金には、厚生労働省による「保育所等におけるICT化推進等における補助金」や、東京都福祉保健局による「保育所等におけるICT化推進補助金」、東京都生活文化局による「園務改善のためのICT化支援」などがあります。

ではICT補助金にも対応していて、業務効率化に最適なICTシステムをご紹介します。

子供たちとの時間を増やすためICTシステムの導入を考えてみませんか?
詳しくはコチラに無料相談!

03-5877-3988
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

保育士業務を効率化するおすすめICTシステム

コドモン

サービス開始から約4年で、4,000園近くの保育園で導入されている、国内No.1シェアを誇る保育ICTシステム「コドモン」。システム操作が苦手な方でも安心して使えるよう、シンプルで使い勝手の良い機能が充実しています。

月額5,000円というお手頃な価格にも関わらず、指導案や日誌の作成、連絡帳に登降園機能といった基本機能から、子どもたちの健康チェックに職員の勤怠管理まで幅広い機能が備わっています。

もちろん「コドモン」は、ICTシステムを導入する際の、各種補助金にも対応しているため、保育ICTシステムの導入を考えている保育園はぜひ検討したいサービスです。

キズナコネクト

シンプルな機能・操作性が魅力的な、株式会社ネクストビートの「キズナコネクト」は、保育園が抱える課題を解決に導くICT支援システムです。

職員の労務管理や園児の登降園管理、児童台帳といった機能が充実しているほか、登園記録を活用した保育料の計算も自動で行います。わかりやすい画面表示と操作性により、どなたでも簡単に扱うことができます。

キズナコネクトの利用料は、園児数によって変動するため、小規模の保育園などが大規模の保育園と同額の費用となることがありません。もちろんICT補助金も適用されます。

キッズプラス

「kids plus(キッズプラス)」は、保育園での事務作業にかかる負担を軽減する、保育ICTシステムです。園児管理やお知らせ配信機能など保育園の事務作業を手助けする「kids+work(キッズプラスワーク)」、最先端技術のカメレオンコードを使った登降園管理機能の「kids+clock(キッズプラスクロック)」、そして連絡帳やお知らせなど、保護者向けの機能が豊富な「kids+family(キッズプラスファミリー)」の3つのサービスから成り立っています。

キッズプラスには、気軽にお試しが可能な無料プランが設けられており、基本料金は園児の数によって2,000円~10,000円までさまざまです。導入時には、各種ICT補助金が利用できるので安心です。

hugmo(ハグモー)

ソフトバンクグループの最先端技術により、万全のセキュリティのもと展開されている「hugmo(ハグモー)」シリーズは、保育施設向けのICTシステムです。

主に、保護者とのコミュニケーションを図る連絡帳サービスやQRコードを使った勤怠管理を行う「hugnote」や、写真販売サービスの「hugphoto」、近年注目を集めている午睡チェック業務をサポートする「hugsafety」といったサービスが搭載されています。

初期費用が30,000円かかるほか、機能に合わせて3つのコースが用意されており、月額費用は5,000円からとなっています。ただし「hugmo」は、ICT補助金の対象サービスであるため、補助金を利用してコストを抑えて導入が可能です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、保育士の離職率増加の大きな要因となる、仕事量・残業時間を減らすため、業務効率化のアイデアについて紹介してきました。

保育士の思う改善希望の多くが仕事量に対する給与面、人手不足、そして事務作業の多さという問題を解消すべく、業務効率化に最適なICTシステムの導入について解説しています。システムの利用料がかかったとしても、効率化によって無駄な残業を無くすことで、余計なコストを削減することが可能になります。

保育士が、より子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるためにも、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!

主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
03-5877-3988
受付時間
9:00 ~ 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連タグ

スポンサーリンク

保育ICT化
無料相談

保育ICTシステム
一覧・比較

現在のURLを
メールで送る