保育園の採用担当者が知っておきたい【効果的な求人票の書き方】

こんにちは、ICTキッズ編集部です。ハローワークを利用する時に提出する求人票。皆さん何となく書いていませんか?実はこの求人票にも書き方のコツがあるのです。今日から始められる効果的な求人票を書いて、お金をかけずに保育士を確保していきましょう。

基本的な求人票の書き方

<ハローワークの求人申込みから採用までの流れ>

1)事業所登録:事業所登録シートを作成する

2)求人申込書に記入する

3)窓口で相談、求人申込み

4)求人情報の公開

5)ハローワークからの紹介連絡

6)面接(選考)

7)採否決定

8)応募者への通知

9)採用手続き

10)ハローワークへの採否結果の連絡

1)事業所登録シート

ハローワークで求人の申込みをする際、最初に作成するのは事業所登録シートです。この情報も求職者にとって重要なチェックポイントの1つになるので、求職者に興味が持たれるように書く必要があります。この事業者登録シートの内容は求人票の赤枠の部分に反映されます。

2)求人申込書

求人申込書には、求職者に開示される求人情報を記載します。職種や仕事の内容、雇用形態、雇用期間、就業時間時間など記入します。

競合調査から始まる効果的な求人票の書き方

効果的な求人票を書くための一番のポイントは、競合を知ることです。保育士の求人倍率は平均で1.5倍です。昔から付き合いのあるお隣の保育園でも、採用に関して言えばライバルになります。ほかの園に見劣りしない情報を求人票に掲載しなければなりません。ハローワークの求人票はインターネットでも閲覧できるので、よその園がどのような求人票を出しているのか確認しておきましょう。

ハローワークインターネットサービス

求職者が求人票のどこを見ているのかを知る

求職者はどんなことに重点を置いて仕事を探しているのでしょうか?上のヒートマップは、「独立行政法人 労働政策研究所・研修機構(JI)」の「中小企業における人材の採用と定着」(平成24年3月30日)から抜粋したデータです。赤色に塗られているエリアが良く見られていることを示します。

今回サンプルで表示されているのは、2011年の9月に実施した首都圏に住む求職中の女性11名の視点です。主に給与面を一読した後に、仕事の内容および就業時間・休みに関する情報を時間をかけて見ているようです。また求職者は会社の情報(求人票右上部分)も良く見ていることを認識しておきましょう。

求人票におけるA/Bテスト方法

求める人材に届きやすい求人票の書き方を見つけ出すために、可能であればA/Bテストを行いたいものです。これは広告などで行われる手法で、より良い結果が得られる手段を検討する際に利用されます。

例えば求人票でA/Bテストを行う場合、業種名の部分を「保育士(要経験)」と「保育士(経験不問)」の2つのパターンで求人を出して、どちらの応募が多いか比べてみるのです。応募数などで求職者の反応を見ながら記載内容を工夫することで、より効果の高い求人票を作りましょう。

A/Bテストでチェックしたいポイント

ハローワークの保育士の求人を検索すると、上のような表が出てきます。給与や勤務時間など、求人票によって差があることがわかります。一番左が職種の欄ですが、この職種が以下のように表示されていたら求職者の印象はどう変わるでしょうか?

例えば赤枠で囲ったように、職種に「要経験」「経験不問」といった表示があるだけで、求める人材が求人票を見てくれる確立が高まるとは思いませんか?このように表記の方法を変えるだけで他園と差別化することができるのです。非常に些細なことのように思えますが、こういった工夫の積み重ねが効果的な求人に繋がっていきます。

まとめ

人手不足が著しい保育業界では、保育士の確保が喫緊の課題です。どの園でも優秀な人材を確保し、長く勤めてもらいたいと考えていることでしょう。深刻な待機児童問題を抱える都市部では、特に競争が激化しています。求人票に掲載できる情報は限られていますが、その成約の中でできる限りの工夫を重ねれば、きっと求める人材を採用できると思います。

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!