【2019最新】保育園のICT化で補助金100万円がもらえる!?申込時期や方法、対象のシステムは?保育所等におけるICT化推進補助金を徹底解説!

保育園がICTシステムを導入するには、それなりの資金が必要です。保育ICTシステム導入を補助金を活用して行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか?そんな中、平成27年度の補正予算により開始された「保育業務の効率化にかかわるICT促進についての補助金」で、園へのICTシステム導入に対して最大100万円の補助がされるようになっていますので、ぜひ活用してシステム導入を行いたいですね。

そこで、今回は「保育業務の効率化にかかわるICT促進についての補助金」について徹底解説いたします。補助金の申込・申請の方法はもちろん、申請時期や金額、条件や対象の保育ICTシステムやさらにお得に導入するための情報もご紹介して参りますので、しっかり確認して補助金を利用した保育ICTシステム導入を行ってくださいね。

「保育業務の効率化にかかわるICT促進についての補助金」とは?

厚生労働者は「待機児童解消加速化プラン」において、「保育の拡大を支える保育士の確保」のために、保育所等におけるICT化推進の補助を14億円の予算からスタートしました。ICT化によって保育士の業務軽減し、保育士の継続的な雇用につなげることがねらいです。

補助金を活用して保育ICTシステム導入をお考えではありませんか?

数あるシステムの中から希望の条件にあったICTシステムを選ぶのは大変です。本サイトでは、ご希望の条件にピッタリな保育ICTシステムを無料でご紹介いたします。補助金が利用できるシステムの資料請求だけでもOK!さらに、補助金を活用した導入サポート月額費用を抑える方法など、導入実績豊富なプロだからこその知識保育ICTシステム導入を徹底サポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

>>メールでの補助金を使用した保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「補助金を使ってICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

保育園ICT化補助金の対象となる保育施設と対象経費・対象ICTシステム

最大100万円の補助金は、どのような保育所で、どのような経費に交付されるのでしょうか。まず対象となる保育所施設は、保育所・私立保育所・幼保連携型認定こども園・地域型保育事業所(居宅訪問型保育事業は除きます。)の各事業となっています。この対象施設は、自治体によって異なります。

対象となる経費は、支援システムの購入費、リース料、保守料、工事費、通信費及び備品等の購入費です。ただし、備品等の購入費については、当該システムのソフトウェアの購入費(リース料、保守料を含む)の半額以下であるということが条件になっています。つまりソフトウェアが仮に20万円であれば、備品の購入費として認められるのは10万円までということになります。また助成の限度額は1箇所あたり100万円となっており、1,000円未満の端数が生じた場合は切り捨てになります。

対象となるICTシステムは、以下の3つの機能が必須になります。

  • 他の機能と連動した園児台帳の作成及び管理機能
  • 園児台帳と連動した指導計画の作成機能
  • 園児台帳や指導計画と連動した保育日誌の作成機能

つまり、園児台帳・保育日誌・指導計画書の3つのドキュメントが連動したシステムでなければなりません。現在検討しているICTシステムが補助金対象なのかどうかを見分けるには、各システム業者のHPを確認するのが良いでしょう。大抵はトップページに補助金について明記されています。見当たらない場合は、直接業者に問い合わせると良いでしょう。

補助金対応の保育ICTシステムのことならおまかせください!

数あるシステムの中から希望の条件にあったICTシステムを選ぶのは大変です。本サイトでは、ご希望の条件にピッタリな保育ICTシステムを無料でご紹介いたします。資料請求だけでもOK!さらに、補助金を活用した導入サポート月額費用を抑える方法など、導入実績豊富なプロだからこその知識保育ICTシステム導入を徹底サポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

>>メールでの補助金対応の保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「補助金対応のICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

保育園ICT化補助金の申請方法・申請期限と申請時に必要となるもの

【保育園ICT化補助金の申請方法】

①管轄自治体の補助金実施状況および申請期限を確認
※補助金が実施されている場合は、合わせてICTシステムの候補の調査・決定を行っておきましょう。

②管轄自治体に対して事業実施計画書と必要書類を提出・申請

③事業実施計画書の承認通知を受取

④ICTシステムの発注

⑤システム導入完了後、ICTシステム事業者に代金支払い

⑥助成金申請書・添付書類の送付(領収書等)

⑦決定通知所を受取

補助金に対応している保育ICTシステムを提供している企業の中には、補助金申請のサポートを行ってくれるところや申請の代行を行ってくれるところまでありますので、システム選びの際には合わせて確認すると良いでしょう。なお、本サイトでは、保育ICTシステムの導入知識・実績・経験豊富なプロに無料で相談できますので、ぜひご活用してくださいね。

補助金対応の保育ICTシステム導入のことならおまかせください!

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

【保育園ICT化補助金の申請期限】

各自治体によって募集状況や申請期限が異なりますので、各自治体の窓口へご確認していただくのが正確で最短です。本サイトでは、公式SNSアカウントで各地の保育園ICT化補助金の最新情報やお得に導入するための知識をお届けしていますので、ぜひフォローしておきましょう。

公式Twitterのフォローはこちらから

公式Facebookのフォローはこちらから

【保育園ICT化補助金の申請時に必要な書類】

  • システムの仕様書もしくはカタログ等
  • 見積もり書
  • 見積もり内訳詳細書
  • 事業実施計画書

また、助成金申請書を提出する際に必要な書類としては、領収書もしくは振込み明細書(領収書等は事業者名、支払い者名、領収額、領収額の内訳、領収日、領収印が記載されているもの)の写しと原本証明があります。原本証明とは、写しの余白部分に法人代表者の原本証明の印鑑が押されているものです。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
>>メールでの補助金対応の保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「補助金対応のICTシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

まとめ

保育園のICT化補助金の申請方法をご紹介しました。この補助金は自治体によって内容も申請方法も異なります。地域によっては予算の関係上、この補助金がない地域もあります。まずは各自治体に確認してみてください。

2017年については、まだ補助金の枠が確定していません。今回ご紹介した横浜市の補助金の申請方法は2016年7月に発表になった資料です。本サイトでは、各地域の補助金情報を随時発信していきます。

公式Twitterのフォローはこちらから

公式Facebookのフォローはこちらから

IT補助金も利用できる!保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

関連タグ