【保育園・幼稚園版】指導案の書き方や教え方に悩む人のための簡単マニュアル

保育士にとって保育の実践の基盤となる保育指導案の作成は非常に重要な業務です。しかし新人保育士にとってはどのように書いたらいいのかわからず、頭を悩ますものだと思います。今回は指導案についておさらいするとともに、お手本を見ながら作成することで実践イメージを深めていきたいと思います。

保育指導案とは

保育施設にはそれぞれが掲げる保育方針や理念、目標があります。子どもたちが快活に生活を送りながら、園が理想とする教育をしっかりと実践するには、保育方針や目標を具体化した計画が必要です。

子どもが示す興味の対象や友達や教師との関わり方は、日々変わります。そのため、計画通りに保育を実践するのは難しく、状況に応じた変更や修正は常に求められます。

指導案を作成する意義

それならわざわざ時間をかけて指導案を作らなくてもいいんじゃない?

そういう意見はあるかもしれないね。でも指導案を作っておくと、後でいろいろと役に立つことがあるんだよ。

保育指導案は、その場しのぎの保育になってしまうことを避け、子どもの発達に即した教育を実践するために立案します。あらかじめ計画を立ることで、トラブルが発生したり迷いが生じたりしたときに立ち返る基準が作れます。

また計画をもとに振り返りを行うことで、よりよい保育のための気づきや改善策を見出す材料が見つけやすくなります。そのため多少の時間を割いてでも作成する意義は十分にあると考えられます。

「保育園のことを、知ってもらうために・・・」

姉妹サイト「保育地図」では、保育士さんからの口コミも大募集!!!
お気軽にココから口コミを投稿ください!!

指導案の種類

年間計画 4月~翌年3月までの1年間の生活を見通して立てる指導案
月案 年間計画を具体化するために、1 ヵ月の生活を見通して立てる指導案
週案 月案実施のために、継続性を考えながら 1 週間を見通して活動を具体化して立てる指導案
日案 その日の保育をどのように展開するのか、1 日の子どもの生活時間を見通して細かく立てる指導案

出典:お茶の水女子大学「幼児教育ハンドブック」より引用

保育指導案には1年および1か月を通した長期計画と、1週間や1日単位で作成する短期計画があります。計画の種類に関わらず、園児一人ひとりについて「どのような家庭で育ってきたのか」「どのような発達段階にあるのか」「どんなことに興味を持っているのか」といった事柄を踏まえながら、クラスの全体像をとらえることが重要です。その際、発達心理学などの学問的視点を活用することが推奨されます。

目標を達成するためにどんな活動や教材を用意し、どのように環境を整えるかは保育者に委ねられています。現代社会はVUCA(ブーカ)時代と呼ばれ、予測が難しいと言われますが、保育の現場こそVUCA(Volatility:変動/Uncertainty:不確実/Complexity:複雑/Ambiguity:曖昧)です。子どもの自由な発想を妨げない保育のあり方を模索しながら、創意工夫を継続することが求められます。

<参考>
日本経済新聞:「VUCA」時代、リーダーに重要な4つの言葉 (2017/1/11)

指導案の作成に関する注意点

指導案は入園から小学校入学までの幼児期を一連の流れで捉えた年間計画を立て、それをもとに月案、週案、日案に細分化していきます。長期計画と短期計画では重視すべきポイントが異なります。

長期計画作成時に気を付けること

2019年3月に東京都福祉保健局が発表した統計によると、保育士として負担に感じることの第1位は「行事」でした。行事の準備に追われて日々の保育をおろそかにしないためにも、年間行事を考慮したうえで計画を立てましょう。

また長期計画を立案する際は日本の四季にも着目し、気候による生活の変化や子どもの姿などを考慮する必要があります。季節の移り変わりを意識することで子どもたちの感性を育てる計画を立案したいものです。

<参考>
東京都福祉保健局:平成30年度保育士実態調査結果の概要<中間のまとめ>

短期計画作成時に気を付けること

月案を実践するために作成する週案は、日常生活を1週間の流れで捉え、継続的な視点で作成していきます。さらに日案では週案を細分化し、実践的で具体的な計画に落とし込んでいきます。

保育指導案は長期計画から短期計画までの一貫性を求められますが、形式にこだわり過ぎて実態にそぐわなくなるのは問題です。時には日々の子どもの様子から検討を始めてみるなど、アプローチの仕方を変えることで新しい発見があるかもしれません。

指導案作成を劇的に効率化するシステム一覧はこちらから

ねらいと内容

指導案は、厚生労働省の保育所保育指針に示された保育のねらいや内容を踏まえて作成します。ねらいと内容は「乳児保育」「1歳以上3歳未満児の保育」「3歳以上児の保育」に分けて設定されており、保育の目標を実現する目的で分類された五領域で構成されています。

ねらいとは

保育所保育指針に示されている「ねらい」は、保育によって実現したい子どもたちの姿を言語化したものです。例えば「乳児保育」の「健やかに伸び伸びと育つ」という項目では、以下の3つが掲げられています。

  1. 身体感覚が育ち、快適な環境に心地よさを感じる。
  2. 伸び伸びと体を動かし、はう、歩くなどの運動をしようとする。
  3. 食事、睡眠等の生活のリズムの感覚が芽生える。

内容とは

内容は、ねらいを達成するために保育士がとるべき行動や、保育士の援助を得ながら子どもに経験させたい項目がまとめられています。「乳児保育」の「健やかに伸び伸びと育つ」という項目では、以下の5つが示されています。

  1. 保育士等の愛情豊かな受容の下で、生理的・心理的欲求を満たし、心地よく生活をする。
  2. 一人一人の発育に応じて、はう、立つ、歩くなど、十分に体を動かす。
  3. 個人差に応じて授乳を行い、離乳を進めていく中で、様々な食品に少しずつ慣れ、食べることを楽しむ。
  4. 一人一人の生活のリズムに応じて、安全な環境の下で十分に午睡をする。
  5. おむつ交換や衣服の着脱などを通じて、清潔になることの心地よさを感じる。

<参考>
厚生労働省:保育所保育指針

実際の指導案を見てみよう!

全く経験がない状態で指導案を作成するのは非常に難しいものです。保育施設によって書式も異なるため、最初はお手本を見ながら作成していくと良いでしょう。

勤務する保育施設の指導案を見せてもらうのが最も理想ですが、保育雑誌や指導案に関する書籍もたくさん出版されていますし、インターネット上でも指導案の例を見つけることができます。今回は「保育士ぽっくる先生の保育の知恵袋」で紹介されている部分実習の指導案見本を参考に、朝の会の指導案について考えてみます。

「保護者は保育士さんの“生の声”を求めています!」

姉妹サイト「保育地図」では、保育士さんからの口コミも大募集!!!
お気軽にココから口コミを投稿ください!!

保育士ぽっくる先生の指導案

この指導案では3歳児20名を対象に、朝の会のねらいとして2つの項目を挙げています。

  • 1日の活動に期待を持つ
  • 興味を持って保育者の話を聞く

「予想される子どもの活動」の欄には、子どもたちがどのような行動をとるかの予想が記入されており、「保育者の援助・留意点」の欄で自分がどのように振る舞うのかをシミュレーションしています。朝の会では思い思いに遊んでいる園児を集め、当番の園児が号令をかけて朝の挨拶をした後、伴奏に合わせて「おはようの歌」を歌います。みんなで今日の日付を確認し、出席を取った後、その日の活動の説明をするのが一連の流れです。指導案には開始時間や環境構成も記されており、教室の様子がイメージしやすい構成になっています。

五領域に照らし合わせて考えてみる

朝の挨拶は五領域の「人間関係」に該当し、当番の子どもが与えられた役割を果たす経験をするとともに、全員で挨拶の練習をすることで社会性を育てる活動になっています。また日付の確認は数字や曜日を覚えることにつながるので、「言葉」と「表現」に該当すると考えられます。

出席を取る場面では、保育者の留意点に「一人ひとりの表情をよく観察する」とあり、出欠確認と子どもたちの健康チェックを兼ねていることがわかります。幼児は体調の変化を自分で認識するのがまだまだ難しいため、「健康」の領域は保育者の支援が必要不可欠です。

子どもたちに1日の活動内容を知らせる前にはカタツムリの話を挿入し、季節を感じるとともに戸外遊びへの関心を高めています。これは五領域の「環境」に該当し、身の回りのものへの関心を促すことで好奇心や探求心が育てられると思います。

実践するときのポイント

ぽっくる先生の指導案には、五領域に該当する内容がたくさん含まれていました。しかし実際の保育では、必ずしもすべての領域を網羅する必要はありません。むしろどれか1つの領域に焦点を当てたほうが実践しやすいと思いますし、ぽっくる先生も五領域にこだわって作成しているわけではないはずです。

ねらいにある「興味を持って保育者の話を聞く」ことは、人間関係の領域に深く関連します。この指導案では人間関係の領域に重点を置き、全体を通じて子どもたちの関心を引き出すように構成した結果、ほかの要素が含まれていたと考えるほうが自然です。

指導案は大切ですが、作成するのに時間をかけて子どもを保育する時間が無くなる、保育士が疲労して質が悪くなるとなっては本末転倒です。指導案作成の効率化を行いより良い保育をするためには保育ICTシステムの導入が最適です。

本サイトでは、ICTシステム導入による効率化はもちろん、コスト削減および保育士の待遇改善や保護者へのサービス向上のため無料でシステム導入相談を承ります。システム導入希望の園長先生はもちろん、システム導入してほしいけれど園長先生を説得するのに自信がない、苦労している保育士の方からのお問い合わせもお待ちしておりますのでぜひお気軽にお問い合わせ下さいね
>メールでの指導案作成支援システムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「指導案作成支援システム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

自分でも作ってみよう!

ぽっくる先生の指導案をお手本にしながら、編集部でも朝の会の指導案を考えてみました。お手本を踏襲する一方で園児の並び方を変えたり、予想される園児の様子や出欠確認後の話題を季節に合わせたものに変えて、独自性を出すよう努めています。

この計画に従って朝の会を実施しても、子どもたちが想定外の行動に出る可能性は十分にあります。出欠を取った後に子どもたちが昨日のテレビの話を始めてしまって、計画通りに朝の会を終えられないかもしれません。

そんな時は子どもたちの関心にマッチする話に変えるなど、柔軟な対応を心がけましょう。また計画通りにできなかったことを失敗と捉えるのではなく、この経験で得られる学びを洗い出して、次回の指導案作成や保育の実践に活かすことを考えましょう。そうすれば保育士としての自らの成長を早めることができると思います。

テンプレートを活用した指導案作成が可能なシステムも!気になるシステム一覧はこちらから

<関連記事>
効率の良い保育指導案作成の手順【年間計画~日案まで】

指導案の作成が難しい理由

出典:お茶の水女子大学「幼児教育ハンドブック」より引用

経験の浅い保育者にとって指導案の作成が難しい理由のひとつに、自由度の高さがあると思います。指導案は保育者が書きやすく、共有しやすい形が望ましいことから、各園で理想のスタイルを模索し続けているために書式も体裁も違うのです。

週案と日案を一体化させた週日案を作成している保育施設があったり、記載する項目が統一されていなかったり、初めての園では戸惑うことも多いでしょう。しかし、新しいやり方に触れることで自分の引き出しが増えていくことは間違いありません。主任や先輩に相談しながら、失敗を繰り返すことで経験を積んでいきましょう。

<参考>
お茶の水女子大学:幼児教育ハンドブック
ノートルダム清心女子大学学術機関:保育の計画を立案することの意味

「保護者は保育士さんの“生の声”を求めています!」

姉妹サイト「保育地図」では、保育士さんからの口コミも大募集!!!
お気軽にココから口コミを投稿ください!!

指導案作成を手助けしてくれる保育ICTシステム

人手不足が著しい保育施設において、保育士の業務負担の軽減は重要な課題のひとつです。保育ICTシステムの中には豊富な例文集で保育士の皆さんの指導案作成をサポートするものがたくさんあります。また保育士の専門性を高めるために、保育所保育指針がシステム上で確認できるものや、子どもの発達を全国統計と照らし合わせてチェックできるものも登場しています。

政府が幼児教育無償化の方針を打ち出したことで、一部の保護者から待機児童問題の悪化や保育の質の低下を懸念する声が上がっています。安心して子どもを預けてもらえる園にするための手立てとして、ぜひ保育ICTシステムを活用してください。

補助金を利用することで導入費用も抑えることができる場合があります。ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。
>メールでの指導案作成支援システム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「指導案作成支援システム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

まとめ:大切なのは実践後の振り返り

指導案は作成することよりも実践後の振り返りが重要です。ビジネスではしばしばPDCAサイクル(計画→実行→確認→行動)が取り沙汰されますが、保育指導案は自然にPDCAを回せる素晴らしい仕組みだと思います。

保育者の最重要課題は、理想とする1年後の園児の姿に近づけるために、彼らが必要とする経験や気づきをどうやって引き出していくかを考え、実践することです。先輩に比べると見た目が悪い指導案でも、中身が充実していれば恥ずかしくありません。どうか自信を持って指導案を作ってみてくださいね。

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

保育ICTシステムメーカーのご担当者様必見!無料でシステム紹介掲載してみませんか?

関連タグ