子どもと楽しむために知っておきたい「ひなまつり」のあれこれ

節分が過ぎ、暦の上では春になりました。地域によっても異なりますが、そろそろひな人形を飾り始める時期でもあります。そこで今回は、ひなまつりの由来や風習についておさらいし、子どもたちと一緒に作れるひな人形もご紹介します。

ひなまつりとは

平安時代から続くといわれる日本の伝統行事のひとつ「ひなまつり」。もともとは中国から伝わった「上巳(じょうし/じょうみ)の節句」という無業息災を願う行事でした。3月上旬の巳の日に、草や藁で人形(ひとがた)に自分の穢(けが)れを移し、川に流すことで厄を祓います。当時の貴族の女の子がよくしていた人形を使って遊ぶ「ひいな遊び」が結びつき、「流し雛」が生まれたとされています。

「上巳の節句」が3月3日に定まったのは室町時代の頃のようですが、戦国時代が終わるまではお祓いの行事で、人形を飾って遊ぶようになったのは江戸時代以降です。このころになると人形を作る技術が高まり、人形を屋内に飾るようになりました。現在は桃の節句とも呼ばれ、女の子の健やかな成長と幸せを祈る行事とされています。

あなたの園もコドモンを導入して無駄なコストや時間の削減につなげませんか?
本サイトでは、コドモン導入の疑問や不明点の解決はもちろん、お得に導入する方法も無料でご相談可能です。コドモン導入の知識・経験豊富なプロだからできるアドバイスをぜひ一度聴いてみませんか?資料請求だけのお問い合わせでも構いませんので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

メールでの無料相談はこちらからお電話での無料相談はこちらから「コドモン導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

ひなまつりにすること

ひなまつりはひな人形を飾って、主に女の子の幸せな成長を祈願します。また白酒や菱餅など、ひなまつりの食べ物を飾ったり食べたりしてお祝いします。

ひな人形は2月4日の立春から2月中旬にかけて飾るのが良いとされ、2週間から1か月半ほど飾り続けます。年が明けるとすぐに飾る地域もあります。また、ひな人形をしまうのが遅れると婚期が遅れるという話がありますが、それは迷信のようです。地域によっては4月に入るまで飾り続けます。一般的には3月中旬ごろをめどにかたづけるようです。

地域によって異なる飾り

立ち雛

ひな人形のルーツとなる人形(ひとがた)は立ち姿でした。その流れを受けた立ち雛は伝統的なスタイルと言えます。立ち雛はお内裏様とお雛様のみの親王飾りが多いようです。

坐雛

江戸時代になると華やかな雛飾りが流行しはじめ、座った姿の坐雛が主流になります。宮廷の様子を模して三人官女や五人囃子といった人形の数も増え、7段飾りのような大掛かりなものも増えました。近年は核家族化や居住環境の変化から、親王飾りや三人官女を加えた5人飾りのようなコンパクトなタイプが人気のようです。

つるし雛

山形県の「傘福」、静岡県の「つるし飾り」そして福岡県の「さげもん」が有名なつるし雛は、ひな人形の周りに吊るして飾ります。赤ちゃんがハイハイしている姿の「這い子(はいこ)人形」や、「犬」や「羽子板」といった縁起物の人形には子どもの幸せへの願いが込められており、赤ちゃんのお守りとしての意味も持っています。

ひなまつり定番の食べ物

菱餅

菱形に切った赤・白・緑のお餅を重ねた和菓子で、ひな人形と一緒にお供えします。もともと中国で食べられていた餅に由来し、赤には先祖を尊ぶ気持ちと厄払い、白は洗浄の意味と長寿への願い、緑には健康を願う思いが込められています。

ひなあられ

ひなまつりに備えるひなあられにも地域によって特色が見られます。関東ではお米のあられや炒った豆に砂糖の衣をかけて甘みをつけたものが主流ですが、関西では塩やしょう油味で丸い形状のあられです。

ハマグリのお吸い物

平安時代の貝合わせで知られるように、ハマグリの貝殻は対になっているもの以外はぴったり合いません。このことから仲の良い夫婦であることを願ってハマグリのお吸い物を食べるとされています。

白酒

もともとは桃の花びらをつけた桃花酒を飲んでいたようですが、江戸時代からはみりんに米や麹を混ぜて作った白酒が飲まれるようになりました。アルコールが入っているため、子どもにはノンアルコールの甘酒が良いでしょう。

ちらし寿司

長寿を表すエビや見通しがきくといわれるレンコンなど縁起の良い具が多いちらし寿司は、ひなまつりの定番として食卓を彩る料理です。レシピサイトでは錦糸卵やイクラで飾り付けたり、ケーキ寿司といった新しいスタイルの料理にも人気が集まっています。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

ひなまつりの制作

ひなまつりにはみんなでひな人形を手作りして、お部屋をかわいく飾ってみませんか?ここからはICTキッズ編集部が厳選した、未就学児童にも作れそうな制作動画をいくつかご紹介します。

折り紙で作るおひなさま

3つの工程で簡単に折れるおひなさまなら、小さなお友達にも簡単に作れます。単色の折り紙だけでなく、花柄や千代紙などを使えばさらに華やかさが増します。顔を手書きするだけでなく、シールやマスキングテープで衣装を飾っても楽しいですね。みんなでお花やくす玉を作ってつるし雛に仕立てても盛り上がりそうです。

紙コップで作るおひなさま

紙コップを使ったおひなさまは、折り紙で衣装を飾りつけます。モールで作った土台に頭を乗せるとゆらゆらと揺れます。衣装や顔を工夫すれば、おひなさま以外にもいろいろなものが作れます。いろいろな場面で利用できそうな制作なので、ぜひ応用してみてください。

まとめ

ひなまつりは女の子のためのイベントとされていますが、みんなでお内裏様やお雛様のコスプレをしても楽しそうですね。平安時代から約1,000年も続くひなまつり。日本の文化とともに和の心も伝えていきたいものですね。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

関連タグ