【完全保存版】保育の「五領域」を分かりやすく解説! ポイントとすぐに使える具体例も紹介!

指導案とは切っても切り離せない五領域。しかし指導案にどう反映させたらいいのか、具体的なイメージがわかない新人保育士さんは多いと思います。特に乳幼児期は成長が早く、生まれ月が半年違えば発達の度合いに差が出ます。

保育所保育指針は乳児期や幼児期などに分けて教育の内容をまとめていますが、概要はなかなか捉えにくいものです。今回は各領域をざっくりととらえながら、実際の指導案にどう反映させたらいいのかをご紹介したいと思います。

<関連記事>
指導案作成を助けてくれる!保育園で導入したいICTシステム6選
子どもと一緒に歌いたい昔ながらの童謡14選【生きもの編】

保育の五領域とは

五領域とは、保育所保育指針の「保育の目標」を達成するために、保育のねらいを5つに分類したものです。指導案を作成するときは、この五領域に基づいて具体的な指導内容を設定します。

保育所保育指針には「乳児保育」「1歳以上3歳未満児の保育」「3歳以上児の保育」に分けて、それぞれのねらいと内容が記されています。「1歳以上3歳未満児の保育」と「3歳以上児の保育」については、五領域に当てはめる形で保育のねらいと内容が詳しくまとめられています。指導案を作成する際は、担当する園児の年齢に該当する箇所を確認しておくと良いでしょう。

(1)健康…心身の健康に関する領域

健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。

保育者には子どもたちが安心して生活できる環境づくりが求められます。大人が十分な愛情を注ぎ、周りの人に受け入れられているという自己肯定感を育むことが必要です。子どもが自分の意思でのびのびと体を動かし、その行動を楽しむための土台になるからです。

保育者の役割には、子どもの発達の度合いに応じて、身支度や排せつといった日常的な動作を自分できるようにサポートすることも含まれています。保護者と連携を取りながら、保育の専門家として子どもの発達を促す取り組みが求められます。

(2)人間関係…人とのかかわりに関する領域

他の人々と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人と関わる力を養う。

人間は社会的動物と言われ、人と人とのつながりの中で支えあいながら生活しています。幼児期は身近な人と一緒に活動する楽しさを知り、お互いが心地良く過ごすためのルールがあることを学ぶ大切な時期です。

やりたいことが思うようにできなかったり、自分の気持ちをうまく表現できなかったり、試行錯誤を繰り返しながら成長していく子どもたちをどう支援していくのか? 保育者の力量が試される部分ではないでしょうか。

(3)環境…身近な環境とのかかわりに関する領域

周囲の様々な環境に好奇心や探究心をもって関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。

植物や動物と触れ合ったり、数字や文字に接することで身の回りの環境に関心を持ち、好奇心や探求心を育てる環境の領域。おもちゃで遊んだり絵本を読んだり、見たり聞いたりする全てのことが子どもたちの刺激になって、観察力や考える力を育てます。

さらに子どもたちがお互いの感動を伝え合い、共感し合うことで、豊かな感情が培われます。なるべくたくさんのものを見たり聞いたり体験したりすることで、子どもたちが夢中になれるものを見つけるきっかけを作りたいですね。

(4)言葉…言葉の獲得に関する領域

経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。

言葉は人と人とがお互いを理解するために便利なツールです。子どもたちは成長とともに言葉を覚え、自分の経験や思いを自分なりの言葉で表現したり、相手の話を聞こうとしたりします。

保育者は言葉の響きやリズムの面白さ、新しい表現などを子どもたちに紹介するとともに、体験や気持ちの言語化を助けたり、子ども同士のコミュニケーションを仲介するなどの支援を行わなければなりません。指導案を作成する際は、さまざまな言葉に接する機会を作ることにも気を配りたいものです。

(5)表現…感性と表現に関する領域

感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。

感じたことや考えたことを周りの人に伝える方法は言葉だけに限りません。絵を描いたり工作したり、歌ったり踊ったり……。もちろん笑ったり泣いたりすることも表現のひとつですよね。

絵や歌、踊りなどに苦手意識がある人の多くは、幼少期に周りと比較されて自信が持てなくなったことが原因と考えているようです。その後の彼らの表現に影響を及ぼす可能性を考えると、保育者が子どもの作品に対してどのような態度をとるべきなのか、あらかじめ考えておく必要がありそうです。

<参考>
厚生労働省:保育所保育指針

指導案の作成時間を短縮したいと思いませんか?
保育ICTシステムのご相談はコンシェルジュへ

五領域を活動に当てはめてみる

では実際に五領域を活動に置き換えてみましょう。指導案の作成において、必ずしも5つの領域を網羅する必要はありません。今回は塗り絵で考えてみたいと思います。

表現の領域

まず塗り絵をするためにはイラストを印刷した紙や画材が必要です。多様な表現を促すなら、クレヨンや色鉛筆、カラーマーカーだけでなく、色紙や糊も用意しておけば、貼り絵を始める子どもが出てくるかもしれません。こういった取り組みは五領域の「表現」に該当します。

人間関係の領域

数が限られた色鉛筆をみんなで共有して使うなら、順番を待ったり、お互いに譲り合ったりすることが必要です。お友達と気持ちよく貸し借りできるようになることは「人間関係」の領域に当てはまりますよね。

言葉の領域

自分の気持ちをある程度言葉にできる年長さんのクラスなら、でき上がった作品をみんなの前で発表する機会を設けてもいいかもしれません。どうしてこの色を選んだのか、どんなことを工夫したのかなどを自分の言葉で説明したり、疑問に思ったことを質問する場を作ることで、「言葉」の感度を高められると思います。

<関連記事>
幼児期の塗り絵で自己肯定感アップ!保育士が意識したい塗り絵の活用法

まとめ

今回は保育の五領域についてまとめてみました。指導案を考えるときには五領域の要素を盛り込むことも大切ですが、活動を通じてどんなことを学んでほしいのか、どんな子どもに育ってほしいのかをイメージすることが重要です。

保育業務をサポートする保育ICTシステムの中には、指導案の例文集が用意されていたり、素案を自動作成する機能を搭載しているものがあります。ICTシステムを活用して業務効率をアップし、ゆとりある保育を目指しましょう。

保育ICTシステム:お問い合わせ窓口
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる

保育ICTシステムメーカーのご担当者様必見!システムの紹介が無料でできる秘密とは!?