保育士がやめない園にするために…園長がしておきたい6つの環境整備

こんにちは、ICTキッズ編集部です。保育士確保問題などで各方面のメディアをみていると、「1年間の勤務をする誓約書をかかなければ賞与が受け取れない」という記事を目にします。

これは一つに離職率が高いからというわけではなく、求人倍率によるものが大きいのではないでしょうか。事実、保育士の離職率は平成26年度の平均で10.3%と厚生労働省の調査が発表されていましたが、実は他業種とくらべてもそこまで違いはありません。一方で求人倍率は、一番高い東京で5.44倍となっており非常に難しくなっています。

園側としても、折角採用した保育士を手放したくないという思いから「誓約書」という手段で保育士を確保せざるをえなかったのではないでしょうか。しかしこのようなやり方は、保育士にとっても経営側にとってもマイナスでしかなく、誓約書のようなネガティブな方法で保育士を確保するのではなく、保育士がずっとこの保育園で働きたいと思えるような環境づくりが必要ではないかと思います。

ここでは保育士の退職を増やさないために、保育園経営者や園長が考えておきたい6つの園環境整備について解説していきます。

効率的な仕事と残業が少ないこと

保育士の仕事が続かない理由の一つとして、残業の多さが指摘されます。「保育士=子どもふれあえるお仕事」と思い、保育士を目指して就職する方が多くいる中、現実問題として、保育士として子どもと触れ合う時間と、書類に向かっている時間が同じぐらいといわれています。

また保育士の中には、書類作成が保育士の仕事なのでは?と言う方もいます。保育士が業務として作成する書類は、保育年間指導計画書・月間指導案・習慣指導案・日案・保育日誌・園児台帳・園だより・おしらせ・保育料請求書など、多岐にわたります。こうした理想と現実のギャップに加え、書類作成による残業時間の増加などから、保育園を辞めてしまう保育士が増えている状況です。

保育士の退職抑止、業務の効率化を図るには、園内業務の見直しと効率化が急務とされています。必要な業務とそうでない業務を明確にし、ちょっとの工夫から業務効率化を園内で常に心がけるようにして残業のない園づくりをめざしましょう。その手段の一つとして、保育業務支援システムの導入があります。ICTシステムを使うと、登降園管理システムによる延長保育料・保育料計算時間の自動化や、指導案作成ツールによる月案作成時間の圧縮が可能になります。

ICTシステムの導入に関する疑問や不明点はシステム知識豊富なプロに無料でご相談いただけます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

教育のインフラ整備がととのっている

保育士に対する教育のインフラ整備も、業務効率化・工数削減に効果的です。といっても、教育のインフラ整備とは具体的にどういったことでしょうか。

それは園内業務を教育するうえで、マニュアルやテンプレート、資料などをしっかりと整備しておこうというものです。保育園などでは、一般企業のように作業マニュアルというものが少ないのが現状です。同じものを変わらず生産する工場などとは違い、保育園は日々子どもたちの状況に応じて臨機応変に対応していかなければならないのが理由とも言われます。

しかし新人保育士が入ってきた際に、教えるべき・知っておくべき情報は、最低限あるかと思います。その情報をひとまとめにしたマニュアルがあれば、保育士の成長スピードも変わってきますし、教える人や時間がない今の状況でも、教育にかかる工数は削減できるのではないでしょうか。人が足りないといわれている現代であるからこそ、保育士を指導するために必要なマニュアルやテンプレートが重要になってきます。

評価制度が明確である

保育士に限ったことではないですが、退職理由の一つに評価制度に不満という声も上がることがあります。保育士の仕事は、営業マンなどのように数字で示しにくいほか、おゆうぎ会などの行事に向けた準備や、その後片付けなど成果以外にも時間が掛かる仕事です。しかし保育園行事の主役は、あくまでも園児たちなので、なかなか保育士の評価にはつながりません。

また保育士業務の大部分を担う指導案作成も、いくら時間外で作成したとしても、基本的な業務であるために評価基準になることが難しいのが現状です。いくら忙しく働いても、評価されてないと感じてしまうと仕事のやりがいを見出せないうえに、そこに給与面の低さが追い討ちをかけるように迫ってきます。このような状況に陥らないためにも、園独自の評価制度をもうけてみることをおススメします。

具体的な評価手法として、ポイント制や月表彰などを行い、がんばっている保育士を評価する制度を設けてみるのも一つの方法です。

パワハラ・セクハラがない

近年、パワハラやセクハラに関するニュースが取りざたされ、多くの企業がパワハラ・セクハラに対する取り組みを行っています。もちろん保育園の中でも例外ではなく、どのような発言や行動がそれにあたるのかを園経営者・園長などは意識しておきましょう。

冒頭で触れていた「誓約書」に関しても、状況によってはパワハラにあたる場合があります。単に誓約書という契約であったとしても、契約を結ばなければ賞与が出ないというものであれば、保育士側が強制と捉えてもおかしくありません。同じように先輩保育士から、新米保育士に対してのパワハラ・セクハラというのもあります。

ただし常に経営者や園長が、スタッフを終日監視しておくことは難しいです。いざというときのために、第三者の相談機関やメンター制度などの充実をしておきましょう。メンター制度雇用に対しては、10万円程度の補助金がもらえる職場定着支援助成金などを活用してみるのも良いかと思います。

本サイトでは、ICTシステム導入で業務の効率化を検討中の園の希望にあったシステムを無料でご紹介しています。システム知識の豊富なプロにまずは相談してみませんか?
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

福利厚生がしっかりしている

世間的に、保育士の給与面での改善が進められていますが、すぐに解決できるものではないかと思います。その代わりに、福利厚生の充実によるカバーを検討してみてはいかがでしょうか。保育士向けの福利厚生として、地域にはよりますが、行政による家賃補助制度として、保育士の為の宿舎借り上げ支援(上限月額8万2千円)行っているところもあるので活用していきましょう。

また保育士の休暇がとりやすい環境にするためにも、園における保育士の拡充はかかせないのではないでしょうか。子ども15人につき保育士1人を配置している園に対しては、厚生労働省が補助金を上乗せしていますので、こちらを活用し、給与面でのマイナスを福利厚生でカバーしていきましょう。

保育士間のコミュニケーションや風とおし

保育士の退職理由には、人間関係が原因で退職するというものも非常に多いです。日々、保育園という狭い環境で過ごすため、人間関係が悪くなると働きにくさを感じてしまうようです。

高い求人倍率のなかで獲得した保育士をやめさせてしまう原因が、一緒に働く他のスタッフとなると非常に悲しいことです。まずは園内におけるコミュニケーションを円滑に行うために、怒る雰囲気ではなく「ほめる」を中心にしたコミュニケーションを取ることをおススメします。園児に対してできたことをほめるように、同僚の保育士や後輩の保育士にたいして、減点方式で評価するのではなく、加点方式でほめることでプラスの職場雰囲気を生み出すことができるのではないでしょうか。

まとめ

以上6つのことを意識しながら、保育士が働きやすい環境を園全体で築き上げていきましょう。残業がなく、教育インフラを整備し、しっかりと評価するという前半の3つのことを意識するだけでも、残りがより効果的に働いてくるかと思います。その結果、多くの保育士が笑顔で保育ができる園づくりをしていけるのではないでしょうか。

保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら