CoDMON(コドモン)

主な機能
  • 指導案作成
  • 登降園管理
  • 保護者連絡
  • 保育料関連
  • バスGPS
  • シフト管理
  • 園児記録

CoDMON(コドモン)は、シェアNo.1を誇るクラウド型業務支援システムです。園内業務を自動化するための多彩な機能がシンプルにまとまっており、特にPCの苦手な保育士からは使い勝手が良いと好評です。

他の機能
  • 日誌
  • 保育料自動計算
  • 請求書発行
  • 口座自動振替
  • 園バス管理
  • 出欠・延長連絡
  • 保護者向け園バス位置情報配信
  • 連絡帳
  • 一斉メール配信等
  • アンケート
  • 行事予定/カレンダー
  • 写真共有・販売
  • 勤怠管理
  • 職員シフト作成・管理
  • 園児台帳
  • 健康チェック
  • ヒヤリハット
  • 午睡チェック

その他機能

  • 保護者専用アプリ
  • 保育士専用アプリ

補助金の適用実績

  • 厚生労働省「ICT補助金」
  • 文部科学省「ICT補助金」
  • 経済産業省「IT導入補助金」
  • 厚生労働省「職場意識改善助成金」
お問い合わせはお気軽に
0120-551-019
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる

てぃ先生も使ってみました!

てぃ先生のコメント

コドモンの指導案の作成画面には、あらかじめ文例が用意されています。オリジナルの文章を登録することもできるそうです。年間指導計画で書いた情報が月案・週案にも引き継がれるので、全てを連動させた計画立案ができるのがいいですね。

作成した指導案はシステム上から主任の先生や園長先生にチェック依頼ができ、園長先生は承認ボタンを押すことで手続きが完了します。これならお互いの時間を拘束しないで済みますね。

保護者向けアプリには欠席・遅刻連絡を贈る機能があって、連絡を受けた園では「保護者からの連絡」の画面で連絡内容がチェックできます。確認後に承認ボタンを押せば、園が確認したことを保護者の方のアプリに通知できるので、お互いにきちんと連絡できたかわかるので安心です。

保育士にとっても保護者にとっても、今までのやり方では負担になっていた部分が、コドモンを使うと効率的になっていいなと思いました。

編集部のおすすめポイント

interface

SNSのような保護者用連絡機能のマイページ

保護者用のマイページは、SNSのような感覚で利用することができる画面構成になっています。学生時代からスマートフォンに慣れ親しんでいる世代の保護者が増えているので、スムーズに導入できると思います。

CoDMON お見積りはこちら

一度に複数人チェックインできる登降園システム

CoDMON(コドモン)は登降園管理をICカードで行います。普段皆さんがお使いの電子マネーカードに園児情報を登録すれば利用可能です。また、兄弟が一緒に登園しても、1枚のカードで同時にチェックインすることができるので、保護者に何枚ものカードを持っていただく必要がありません。

今までの指導案をそのまま活用できる指導案作成機能

今までエクセルなどで使っていた指導案のフォーマットをアップロードすることで、システムに取り込むことができます。わざわざフォーマットを作りなおす手間もなく、従来通りのやり方をCoDMON(コドモン)でも継続できるので、導入もスムーズです。パソコンだけでなくiPadでも確認することができるので、指導案の閲覧や作成に場所を選びません。

導入費用

初期導入費 0円
基本月額費用 5,000円/月
園児台帳/一斉メール配信/連絡帳/欠席遅刻受付/アンケート/行事予定管理/写真・アルバム販売/資料室機能/保護者用専用アプリ/ユーザーサポート

・登降園・勤怠管理 3,000円/月
・延長保育自動計算・請求書発行 5,000円/月
・日誌・指導案作成 5,000円/月

パソコンやタブレットがあれば、初期投資0円で始めることが可能です。また最大1ヶ月間は無料でデモ版を試用することができます。

お問い合わせはお気軽に
0120-551-019
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる
関連記事

関連する記事をすべて見る

CoDMON(コドモン)の運営会社
株式会社スパインラボ