幼稚園・保育園ICTメーカー比較

気になるポイントで一括比較!
  • 株式会社hugmo(hugmo(ハグモー))

    ソフトバンクの保育園業務支援システムです。導入費用だけでなく運営費用も無料のシステムになります。保護者向けのコメントシステムで保育園からのお知らせなどに関して意見を共有できるのが特徴です。

  • リクルートマーケティングパートナーズ(kidsly /キッズリー)

    リクルートグループが提供している0円でスタートできるサービス。2016年3月よりスタートしてわずか3ヶ月で130以上もの園に導入された保育コミュニケーション支援システムになります。おもにコミュニケーションに特化したアプリ型保育支援サービスになり、利用する画面がSNSのようなつくりになっており、スマホなどを通してチャットで保護者との連絡等に特化したシステムです。

  • 株式会社スパインラボ(CoDMON /コドモン)

    園の管理者用ページと、保護者用のログインページで利用することができるクラウド管理型の保育ICTシステムです。全ての保育業務を包括的にサポートしており、必要に応じてオプションを取捨選択できます。

  • 株式会社APProg(キッズプラス)

    カメレオンコードというQRコードよりも新しい読み取り機能を使っての登降園管理システムを導入しているサービスで、無料からスタートできるシステムです。

  • VISH株式会社(園支援システム+バスキャッチ)

    VISH株式会社が開発した幼稚園・保育園向けの総合園支援システムの最大の特徴は、園バスの運行状況をお知らせする「バスキャッチ」が利用できる点です。園バスに関する保護者の不安や不満を解消します。