幼稚園・保育園ICTメーカー比較

気になるポイントで一括比較!
  • 株式会社hugmo(hugmo(ハグモー))

    ソフトバンクの保育園業務支援システムです。導入費用だけでなく運営費用も無料のシステムになります。保護者向けのコメントシステムで保育園からのお知らせなどに関して意見を共有できるのが特徴です。

  • 株式会社APProg(キッズプラス)

    カメレオンコードというQRコードよりも新しい読み取り機能を使っての登降園管理システムを導入しているサービスで、無料からスタートできるシステムです。

  • リクルートマーケティングパートナーズ(kidsly /キッズリー)

    リクルートグループが提供している0円でスタートできるサービス。2016年3月よりスタートしてわずか3ヶ月で130以上もの園に導入された保育コミュニケーション支援システムになります。おもにコミュニケーションに特化したアプリ型保育支援サービスになり、利用する画面がSNSのようなつくりになっており、スマホなどを通してチャットで保護者との連絡等に特化したシステムです。

  • 株式会社social solutions(Child Care System)

    NTT東日本と事業提携を結んでいるシステムで、グループ会社直営保育園をはじめ全国の保育士さんの意見を取り入れ開発しているシステムなので監査対応はもちろん、PCが苦手な方でも使いやすいのが特徴です。

    保育の事務業務全般を包括したクラウド型のサービスで、事務業務以外にも無料求人掲載や写真・動画販売、保育用品購入などのサービスもあります。

  • 株式会社エステム(Sakura System)

    西日本においてシェアNo1の実績をもつ保育システムになります。また特徴としては、保育大学教授の協力の下に作成されている保育指針文章テンプレートではないでしょうか。