幼稚園・保育園ICTメーカー比較

気になるポイントで一括比較!
  • CoDMON /コドモン(株式会社スパインラボ)てぃ先生動画

    全国の公立/私立保育園にて導入園数1,000園を超える、保育園向けICTシステムでは圧倒的にシェアNo.1のクラウド型システムです。園内業務を自動化するための多彩な機能がシンプルにまとまっており、特にPCの苦手な保育士からは使い勝手が良いと好評です。

    てぃ先生のコメント体験動画あり

    コドモンの指導案の作成画面には、あらかじめ文例が用意されています。オリジナルの文章を登録することもできるそうです。年間指導計画で書いた情報が月案・週案にも引き継がれるので、全てを連…続きを読む

  • KIDSNAコネクト(株式会社ネクストビート)

    「KIDSNAコネクト」は園長業務にフォーカスして機能を厳選したシステムです。日次以外で発生する業務の負担が大きいという調査結果をもとに、シフト管理や出退勤記録の機能を充実させています。Wi-fi機能を備えたiPadをリース契約できるので、わざわざWi-fi環境を整える必要がありません。リース料金には通信料が含まれているので、通信コストを気にせず使用できます。

  • KidsDiary (キッズダイヤリー)(KidsDiary 株式会社)

    KidsDiaryは、待機児童を抱えた現役パパが開発したアプリ。だからこそ保護者目線からの利便性の工夫も施され、また「現場目線を大切に待機児童問題を解決したい」という思いが会社設立の原点なのだとか。常に先生方の声に耳を傾け、園の特徴に合わせて柔軟にカスタマイズできながらも、誰もが感覚で操作できるシンプルな仕様になっています。

  • 保育施設向け業務支援サービス(株式会社日立システムズ)

    お問合せ・資料請求から1ヶ月、無料のトライアル期間が用意されています。デザインは一昔前のシステムに近い印象を受けますが、日本のIT黎明期から業界を牽引してきた日立システムズの製品なのでセキュリティーは万全です。

  • hugmo/ハグモー(株式会社hugmo)

    ソフトバンクグループが提供するコミュニケーション特化型の保育園業務支援システムです。導入費用だけでなく、運営費用も無料で使えるシステムなのでコストが気になりません。