CoDMON(コドモン)ってどうなの?利用者のリアルな声と費用を紹介

現在、保育園のICT化サービスの中でも特に人気のある「CoDMON(コドモン)」。さまざまな園がCoDMONを採用しているようですが、実際に利用してみた人はどんな感想を持っているのでしょうか?今回はツイッターで、CoDMONを利用している方のつぶやきを集め、客観的に評価してみたいと思います。【2019年3月更新】

<関連記事>
業務改善に最適!保育ICTシステム「CoDMON(コドモン)」でできること
コドモンの指導案作成機能。使うと業務はどう変わる?

CoDMON(コドモン)とは

出典:CoDMONホームページより引用

2015年に登場した「CoDMON(コドモン)」は、すでに2,400を超える保育施設で導入されいる保育ICTシステムです。インターネットに接続できるパソコンやタブレットがあれば誰でも簡単に扱うことができます。初期費用0円・月額5,000円からスタートでき、最初の1か月間は無料で使えることから、導入ハードルの低さが魅力です。

<関連記事>
幼稚園・保育園ICTメーカー比較:CoDMON(コドモン)

ツイッターで調べてみた

保護者のツイートでは…

保護者のツイートでは、スマホの音声入力でコメントが簡単に送信できることや、移動中に園からの連絡事項をチェックできることなどに満足する意見がありました。保育園だけでなく、学校でも使えるようにしてほしいという保護者もいらっしゃいます。保護者の方はCoDMONを、とても便利な連絡帳アプリと捉えているようですね。

CoDMONには保護者との連絡を円滑にするための機能がたくさん搭載されていて、保護者と保育園との連携を密にするねらいがあります。このねらいは一定の成果を収めていると言えるでしょう。

中にはいつも忙しそうな保育士さんを心配して、「こういうシステムをもっと使ってほしい」という声や、なかなか園に導入されない理由を考察するツイートもありました。こういった発言があるということは、保護者の皆さんが保育士が大変な仕事であることを理解し、感謝の気持ちを抱いている表れと言えるでしょう。

保育園側のツイートでは…

保育園側のツイートでは、コドモンを使って保護者との関係をより良いものにしようとする取り組みや、保育士の業務負担の軽減のための工夫を紹介しているものが見られました。CoDMONを使うことで、保育園のブランドイメージも高まるようですね。

CoDMON(コドモン)のお見積り窓口はこちら
0120-551-019
平日 9:00~19:00(土日祝・年末年始休)

まとめ

今回はCoDMON(コドモン)の評判を確かめるべく、ツイッターで実際にCoDMONを使っている保護者の声や、保育士をはじめとする保育園側の声などをお伝えしました。全体的には好意的な声が多く、特に保護者のCoDMONの評価は高い印象です。

「保育園と保護者の間で情報共有が手軽に素早くできる」点や「アプリのデザインが感覚的で非常にわかりやすい」という点は、保護者も保育士も共通して評価されている部分だと思います。保育システムの導入を検討する際には、Google PlayやApp Storeで閲覧できるユーザーのコメントも参考になるかもしれません。

保育ICTシステムのお問い合わせはお気軽に
0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)
無料相談してみる