保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?電話での無料相談は0120-558-949!メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

コドモンの指導案作成機能を活用して、保育士の負担を軽減!

コドモンの指導案作成機能を活用して、保育士の負担を軽減!

保育士や保育園にとって悩みの種である、保育指導計画案の作成業務。この指導案作成は、保育士業務の中でも多くの時間を要しており、指導案作成に時間がかかってしまって、残業や時間外労働の発生に繋がっているケースも少なくありません。

保育以外の業務負担が増えることで、肝心の保育品質が低下してしまっては本末転倒ですよね。しかしそうは言っても、保育指導計画は保育園にとって大事な要素になるため、手を抜くわけにもいきません。

そこで今回は、指導計画の作成を助けてくれるICTシステム「コドモン」の、指導案作成機能について紹介します。システムの力を借りて業務効率化を実現するだけでなく、コドモンなら保育の質向上に繋げることも可能です。指導計画案の作成に時間がかかり、保育士の負担が増えてしまっていることに悩む保育園の方は、ぜひ目を通してみてください。

保育士を悩ませる指導計画

園児の指導計画は、保育の基本となる仕事です。保育士として働く以上、保育指導案の作成は避けて通れません。保育計画では、保育の目標や狙い・内容を設定して、目標達成のためにどの時期にどんな活動をするのかを明確にしていきます。

厚生労働省が定めた「保育所保育指針」には、保育の方向性が示されています。さらに「保育の計画及び評価」では、指導案についても記されているので、手を抜いて作成するわけにはいきません。

本サイトでも分かりやすく紹介している記事があるので、ぜひ参照してください。

保育指導案の作成は保育士の悩みとなることが多く、保育士からの相談でも多く寄せられている事柄です。新人の保育士だけではなく、ベテランの保育士にとっても負担となっている指導計画の作成。しかし保育ICTシステムを導入することで、指導計画を効率的かつ簡単に作成することが可能となるでしょう。

指導案作成を効率化するだけでも乳児保育に力を注げる環境になるはずです。本サイトでは、保育士の業務軽減など課題解決のため保育ICTシステム導入を徹底サポートいたします。

保育士の方からの園長先生や運営責任者に説明してほしいといったお問い合わせはもちろん、園長先生や運営責任者からの導入による費用対効果の説明依頼や補助金を利用した導入など、ICTシステム導入のことならおまかせください!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

コドモンなら指導案作成も簡単!

出典:CoDMON公式サイト

保育園業務支援システムのコドモンは、指導案作成を助けてくれる機能が搭載されています。この機能を活用することで、保育士の負担になりがちな指導計画作成がスムーズに行えます。コドモンは、どなたでも使いやすいフォーマットなので、誤字や書き直しの心配がなくなります。使いやすい文例も用意されているので、指導案作成もはかどる上に、日々の保育の参考にもなります。

さらに指導案を作成する時には、いつも同じような内容になってしまうという方には、コドモンならバリエーション豊富なテンプレートを活用して、指導案計画が作成できます。コドモンは保育指針に沿っているものが用意されているので、監査のときも問題なく通り、安心して利用できるでしょう。

コドモンとは

コドモンは、保育園や幼稚園など、子ども施設で働く人々の業務負担を軽減してくれますよ。保育士だけではなく、園長や事務スタッフ、さらには栄養士の業務まで大幅に効率化してくれます。

政府が定めるICT補助金にも対応しており、2015年の提供開始から2019年までの間に、全国約3,600以上もの園で導入されています。シンプルな画面で、直感的な操作が可能なので扱いやすいのも大きな特徴の一つです。

指導案作成機能以外にも、登降園管理や保育料計算、請求管理に保護者連絡、日誌連絡帳などの業務が効率化され、よりスムーズに行えるようになるでしょう。

初期費用 0円
月額費用 5,000円~
オプション費用 登降園管理・請求管理:5,000円/月

※打刻機能のみ利用の場合:3,000円

帳票管理(指導案):5,000円/月

シフト作成:3,000円/月

コドモン指導案作成機能の特徴

コドモンの指導案作成機能で一つ注意しておきたいのが、指導案計画は単純にシステム化すれば良いというものではないというポイントです。

業務負担を減らして効率化できたとしても、肝心の指導案や保育品質が低下しては意味がありません。コドモンの指導案作成機能の場合は、過去や未来のデータ、さらには帳票ごとの連動性が重視されており、以下のようなデータを連携させることができます。

  • 日々の日誌
  • 発達経過記録
  • 年カリ
  • 月案
  • 週案
  • 日案

これらの連携により一貫性のある指導案が作成され、保育品質の低下を招くことなく作成にかかる時間を削減し、日々の保育業務を効率化してくれるでしょう。またデジタル技術を活用した文章複製機能やテンプレート機能、音声入力機能なども搭載されています。

既存の帳票デザインを再現

コドモンの指導案作成機能なら、現在使っている帳簿デザインをそのまま再現できます。使用中の帳簿デザインをコドモン上にアップロードすれば、管理画面上でそのままの見た目の入力フォームが作られますよ。

さらに園児の年齢別にデザインや項目が変更できるのも、嬉しいポイントの一つではないでしょうか。園児ごとの個人案がある場合にも、帳簿ごとに設定できるので助かりますね。なおアップロードできる帳簿は、Excelベースのものに限定されるので注意してください。

年次・月次ごとに豊富なテンプレート

コドモンには豊富な文例集が内蔵されています。「ねらい」「こどもの様子」といった項目ごとに、文例集から最適な文言が挿入できるようになっています。文章を考える時間をかけることなく、入力時間も短縮できるので効率化に繋がりますね。

文例は年次、月次ごとに区分けされているので、現在の状況にぴったり合う文例の参照も瞬時に行えます。また保育園独自の文例を、テンプレートとして登録することも可能となっています。バス遅延のお知らせなど、よく配信するような文章はあらかじめ登録しておくと便利に利用できるでしょう。

連動性ある計画案を策定

コドモンは、各種データや帳簿との連動性を重視しています。月案なら年間指導計画、週案なら月案の記載内容を参照しながら記載できる上に、同じ文章を挿入することも可能です。指導計画ごとの連動性を高めることにより、計画案の作成効率が上がり、作業にかかる時間も削減できますね。

承認フローで事務手続きを効率化

コドモン上で、園内の承認フローを構築することも可能です。クラス担任→主任→園長といった、最大で三階層の承認フローが構築できるので、時間をかけずに事務手続きが効率化できるでしょう。差し戻しの際にはコメントを添えることもできるので、コドモンのシステム上で円滑なコミュニケーションが取れるようにもなります。

保育ICTシステム導入No1クラスのコドモン導入をご検討中ではありませんか?
コドモン導入の事ならおまかせ下さい!本サイトでは、コドモン導入の知識・経験豊富なプロが導入の疑問や不明点を解決し、安心して導入いただけるよう徹底サポートいたします。相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。
>>メールでの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「コドモン導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

指導計画の作成方法

コドモンで指導計画案を作成していく手順、方法についてお伝えします。

指導計画案作成

  • ダッシュボードの「記録と計画」をクリックして「指導計画」をクリックする。
  • 指導案を入力する。手順は以下の通り。
    1.週案/月案/年間指導計画/全体的な計画の中から項目を選択する。
    2.各項目をクリックして、それぞれ文章を入力する。
    ※「ねらい」「こどもの様子」といった項目ごとに、コドモンに内蔵されている文例集から最適な文言を挿入可能。

さらに自分で入力した文章を、文例として登録して園内で共有することも可能です。その場合は、帳票や該当月によって例文が登録されていない項目があるので注意してください。また保育士を教育する上の観点から、文例を非表示にしたいこともありますよね。そんな時は「設定>職員管理>役職管理」の手順で、非表示設定にできます。

修正案の追加入力

承認後の指導計画案でも、修正案の入力が行えます。承認後でも、申請者は修正案をそのまま追加入力すればOKです。

テンプレート差し替え後、行方が分からなくなった入力文の表示

新テンプレートの変更後に、旧テンプレートにあった項目がなくなってしまうこともあるようですね。表示できなくってしまった入力文はアラート表示が出るようになっており、新テンプレート内の項目にコピーできるので安心してください。

オリジナル帳簿

コドモン上で用意されていないような、園内の帳票をコドモン内で取り扱いできるオリジナル帳簿機能も搭載されています。帳簿の持つ特性や、レイアウトや項目といったデザインを登録すれば、あらゆる帳簿がコドモン上で管理できますよ。

オリジナル帳票の記入方法

オリジナル帳簿の記入方法は以下の通りです。

クラスごとの場合

①ダッシュボードの「記録と計画」をクリック。

②登録したオリジナル帳票が表示され、帳票をクリックすると入力画面が表示されるようになる。

園児ごとの場合

①ダッシュボードの「園児台帳」をクリック。

②「個人帳票」をクリックすると登録した帳票が表示され、帳票をクリックすると入力画面が表示されるようになる。

「不定期」の帳票入力方法

①不定期の帳票を選択し、「新規」ボタンをクリック。

②「作成日時」「クラス」「タイトル」を設定する

③「作成開始」をクリックすると入力画面が表示される。

④帳票作成後は、作成した帳票が表示されるようになる。

オリジナル帳票の登録の流れ

①ダッシュボードの「設定」から「指導案テンプレート」に移動。

②「オリジナル帳票テンプレート」内にある、クラス/園児ごとで登録したい帳票の「新規登録」ボタンをクリック。

③帳票のタイトル、繰り返しの単位(日ごと/週ごと/月ごと/不定期)を選択する。

④「新規登録(Excel形式)」をクリックして、テンプレートを登録する。

なお作成した帳票の状態は、オリジナル帳票の日付部分をクリックして表示されるカレンダーに表示されるので確認しておきましょう。

あなたの園もコドモンを導入して無駄なコストや時間の削減につなげませんか?
本サイトでは、コドモン導入の疑問や不明点の解決はもちろん、お得に導入する方法も無料でご相談可能です。コドモン導入の知識・経験豊富なプロだからできるアドバイスをぜひ一度聴いてみませんか?資料請求だけのお問い合わせでも構いませんので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

メールでの無料相談はこちらからお電話での無料相談はこちらから「コドモン導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

まとめ

今回はコドモンの指導案作成機能について紹介しました。

コドモンは、保育士や保育園にとって負担になりやすい業務を助けてくれる機能が豊富に搭載されています。とくに悩みとして挙げられやすい、指導計画案の作成を助けてくれる機能を活用すれば、保育士の負担を軽減して業務効率化を実現できるでしょう。

コドモンは連動性が重視されているので、システム化したからといって保育の品質低下を招くこともありません。使いやすいテンプレートと直感的な操作性で、安心して利用できます。

コドモンには他にも便利な機能が満載です。本サイトでも紹介しているので、ぜひ他の記事にも目を通してみてください。

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら