コドモンの指導案作成機能。使うと業務はどう変わる?

現在保育士の方たちが苦戦しているものの中に「指導計画」があるのではないでしょうか。保育園では年間計画、月案などの長期指導計画から、週案、日案といった短期の指導計画を策定しなくてはいけません。

コドモンには指導計画の作成をアシストする機能が備わっています。今回はコドモンの指導案作成機能について、詳しくご紹介します。

テンプレートが豊富

特に新人保育士の方の頭を悩ませるのが「何をどんな風に書けばいいのか」ということではないでしょうか。「ねらい」や「内容」、「こどもの様子」などどう書けばいいのか、あるいはマンネリ化してしまわないか不安に思っていらっしゃる方も多いと思います。

コドモンには項目ごとに内蔵された文言が1000以上登録されているため、入力する時間も短縮できますし、どのような表現で書けばいいのかを学んでいくことができます。また、この文例集はカスタム可能で、その保育園独自の文例を登録し、参照できるようになっています。そうすることで、園のカラーを保ったまま月案や日案を作成することができるのです。

さらに、これらの文例集は年齢別・月毎に区分けされているため、現在受け持っているクラスに合う文例を瞬時に参照することができます。これにより、大幅な時間短縮が見込まれますし、保育士の方の負担軽減にもつながります。当然ですが、作成された月案や日案は共有されるので、保育士同士の情報共有にも役立ちます。

一貫性のある指導案の作成が可能

保育所保育指針には、月案や日案などの指導計画について「一貫性のあるものとなるよう配慮されることが重要」という記載があります。しかし、紙ベースで作成していると、月案や日案の関連性が薄くなってしまったり、断片的なものになってしまったりすることもあり得ます。

コドモンの指導案作成機能は、過去と未来、ひいては帳票ごとの「連動性」を重視した設計になっています。長期指導計画である年間カリキュラム・月案と、短期指導計画である週案・日案、さらには日々の日誌や発達経過記録までもがデータ連携しているので、一貫性のある指導計画の実現が可能です。

1年間の流れをふまえた指導計画ができ上がることで、「作りっぱなし」や「その場しのぎの結果反省」が大幅に減ることが見込まれます。しっかりと検討された計画に基づいて保育を行い、その保育が適切に行われていたかをチェックして改善点を洗い出すことで、次の月案・日案の作成の計画に活かすといった良いサイクルが生まれます。

作業を効率化する工夫

パソコンスキルに自信がない保育士にとっては、手書きでの月案・日案作成のほうが効率が良いという場合もあります。しかし、コドモンの連動性は実行力を高める上で非常に役立つ機能です。

コドモンには、より便利に活用できるように音声入力機能が搭載されています。また、アナログな作業ではできない「文章の複製」や、先ほどの「テンプレートの活用」もICTシステムならではの機能です。コドモンを使うことで、今まで手間がかかっていた部分を大幅に改善することができ、より明確に月案や日案に沿った保育を行えるようになると思います。

CoDMON お申し込みはこちら

ペーパーレスにできる

コドモンを導入するとペーパーレス化できることも、注目すべき点です。月案や日案を作成したはいいけれど、膨大な資料を紙で管理するためには保管スペースが必要ですし、閲覧する時には探す手間が発生します。

月案や日案は、保育園の方針が詰まった情報の塊です。クラウド型のコドモンを使えば、インターネットを経由していつでもどこでも欲しい情報を閲覧できるようになります。もちろん書庫やファイリングの作業も不要です。

承認フローの効率化が図れる

コドモンの月案・日案機能で特徴的なのは、申請・承認フローが容易に、かつ確実に構築できる点です。例えば記入者であるクラス担任から主任、園長への申請、園長から主任、主任から記入者であるクラス担任への承認といった流れで最大で3階層までの申請・承認フローを作るすることができます。

また、差し戻し時にはコメントも添える機能が備わっているので、システム内でコミュニケーションを図ることが可能です。「タイミングが合わなくて指導案のフィードバックができない」なんていうことも減らせます。

まとめ

今まで指導案の書き方がわからずに、インターネットで調べていた保育士の方も多いのではないのでしょうか。実際インターネットには数多くの文例集が存在します。それだけニーズがあったということですよね。

コドモンは皆さんのニーズに応えるべく、数多くの文例集テンプレートを用意しているので、月案・日案作成の手助けになることは間違いないでしょう。特に保育所保育指針では一貫性の重要さをうたっています。コドモンのデータ連動システムを使えば、きっと一貫性のある保育が実践できると思います。

CoDMON(コドモン)お問い合わせ窓口
0120-551-019
平日 9:00~19:00(土日祝・年末年始休)

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!