チャイルドケアシステムでは何ができる?気になる機能や料金をお届けします!

チャイルドケアシステムでは何ができる?気になる機能や料金をお届けします!

平成28年より「保育園のICT化補助事業」が実施されて以来、全国の保育園でICTシステムの導入が進められるようになりました。激務になりがちな保育士の業務負担を軽減し、諸々の費用も削減してくれる保育システム。保育の質向上にも活用できるので、保育園、保育士、園児、保護者にとって嬉しいツールと言えるでしょう。

現在では多くの保育システムが登場しているので、どのシステムを選べばいいか迷っている人もいるかと思われます。今回は数ある保育システムの中でも「チャイルドケアシステム(Child Care System)」について、解説していきたいと思います。どんな機能があるのか、料金体系はどうなっているのか、気になる情報をお届けしているので、ぜひ目を通してみてください。

チャイルドケアシステム(Child Care System)とは

保育管理システムである「チャイルドケアシステム(Child Care System)」は、株式会社グローバルブリッジにより運営されています。2019年6月の時点で、全国で700以上の園で普及が進められているICTシステムです。登園降園管理、園児台帳、保育日誌作成など42種類もの充実した機能で、保育園の運営をサポートしてくれます。

チャイルドケアシステムを導入することにより業務効率化、人件費削減といった効果が期待できるでしょう。クラウド型のシステムなので、パソコンだけでなくiPadやスマートフォンでも使用が可能です。

平成28年、厚生労働省により「保育園のICT化補助事業」が実施されるようになりました。保育業界でICT化が全国的に促進されるようになり、導入にかかる補助金制度も整備されています。もちろんチャイルドケアシステムも補助金対象なので、安心して導入できますね。

チャイルドケアシステムを導入して保育士業務の悩み解決!

出典:チャイルドケアシステムHP

チャイルドケアシステムを導入することにより、事務作業が軽減できるようになります。これにより保育士や幼稚園の先生は、保育や教育に集中して取り組めます。
こうしたICTシステムの力を借りることによって、何かと時間がかかりがちな、保育計画や日誌の作成や保育士のシフト作成、毎月の園だよりの作成など、さまざまな事務作業を大幅にカットできます。

一例によると、チャイルドケアシステムを導入したある園では、システム導入前と比べて月間218時間の工数削減に成功したのだそう。これは一年に換算すると、なんと約350万円に相当します。人件費に置き換えると、保育士1人分の経費削減に相当するので、保育園の運営にも大いに影響するでしょう。

シフト作成時間が短縮

毎月のシフト作成を手書きで行っている園も多いかと思われます。手書き作業は時間がかかる上に、ミスも起こりやすいので精神的に負担がかかりますよね。
チャイルドケアシステムを導入すれば、出勤時間や登降園時間の予定をパターン登録することが可能となります。シフト作成が簡単になり、毎月のシフト作成にかかっていた時間と人件費を大幅にカットできます。たとえば手書きでは1日15分かかっていたシフト作成が、導入後は1日5分で作成完了と10分間の短縮に成功しました。これを月に換算すると、4時間30分/月の削減が見込めます。

出退勤管理の短縮

月間の出退勤情報の集計にも、非常に多くの時間を要するだけでなく、保育料に関わる部分なのでミスも許されません。しかしチャイルドケアシステムなら、すべて自動計算してくれるので集計作業にかかる時間をまるまるカットできます。1ヶ月の出退勤時間の合計が自動で計算されるので、毎月のように時間をかけていた時間が削減できます。

登降園集計時間の短縮

保育士だけでなく、園児一人ひとりの登降園集計も多くの時間がかかります。たとえば1人あたり30分の作業時間が必要な場合、100人の園児がいると集計作業に必要な時間は1ヶ月50時間となります。こちらもチャイルドケアシステムが自動計算してくれるので、園児ごとの集計にかかっていた時間が大幅にカットできますよ。

さらに園児一人ひとりの延長保育料も自動計算され、保護者への請求書も出力できます。保育士が事務作業に時間を割かなくて良くなるので、保育の質向上にも役立てられるでしょう。

午睡チェックのVEVOセンサーも登場!

出典:VEVOセンサー紹介ページ

チャイルドケアシステムでは2019年10月1日より、子どもたちの安全を見守り、保育士の負担を軽減する『VEVOの午睡チェック体動センサー』の販売を開始しました。医療機器としての届け出も済ませている午睡チェック機能は、乳幼児突然死症候群(SIDS)から子どもたちを守り、少しでも保育士の精神的・肉体的不安を取り除いてくれるでしょう。

午睡チェック体動センサーの詳細

『VEVOの午睡チェック体動センサー』では、保育士が他の部屋で作業している時でも確認できるアラームが搭載されています。うつぶせ寝などをいち早く検知して、アラート画面で知らせてくれるので安心ですね。

お昼寝時間や体の向きをすべて記録してくれる機能も搭載されており、複数の子どもの午睡チェックを自動で記録してくれます。これにより事務作業の負担軽減効果も期待できるでしょう。

さらに午睡チェック表は、エクセルでのダウンロードが可能です。またVEVOと連動することによって、正確なお昼寝情報を保護者と共有できます。

料金体系

VEVO午睡チェックの体動センサーの料金は、以下のようになっています。

初期費用

設置費用 120,000円/園
センサー 30,000円/個
タブレット初期設定

ランニングコスト

センサー利用料 1,000円/個
システム利用料 2,000円/園
タブレットレンタル費用

>>メールでの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「チャイルドケアシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

補助金の利用が可能

チャイルドケアシステムは、以下の各種導入補助金制度の対象となっています。
・保育所等におけるICT化推進事業
・保育所等における事故防止推進事業
・保育所等における児童の安全対策強化事業

CCS+Pro

「チャイルドケアシステム(Child Care System)+Pro(CCS+Pro)」は、「保育所等におけるICT化推進事業」の対象となります。1施設当たり100万円の導入補助を受けられる可能性がありますが、各自治体によって内容や対象は異なって定められています。詳しい情報は株式会社グローバルブリッジまたは本サイトまでお問い合わせください。

VEVOセンサー

「VEVOセンサー」は「保育所等における事故防止推進事業」「保育所等における児童の安全対策強化事業」の対象です。子ども1人当たり3万円の導入補助を受けられる可能性がありますが、こちらも各自治体によって内容や対象が定められています。詳しい内容はぜひお問い合わせください。

高い?チャイルドケアシステムの料金体系

チャイルドケアシステムの料金体系は、以下のようになっています。

月額料金

契約年数 フレッツ光加入済 フレッツ光未加入
1年 3.3万円 3.6万円
2年 2.8万円 3.1万円
3年 2.3万円 2.6万円
4年 1.8万円 2.1万円
5年 1.3万円 1.6万円

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

チャイルドケアシステムが選ばれる理由

チャイルドケアシステムの料金は、他社のICTシステムより月額費用が少し高めに設定されています。しかし多くの保育園、認定こども園、幼稚園、学童などで選ばれ導入されています。満足度も非常に高く、チャイルドケアシステムが導入している保育園におこなったアンケートでは、各項目別の5段階評価でも高い結果が出ていました。

出典:チャイルドケアシステムHP

他社システムより高めの価格でも、満足度が4.2とポイントが高いのは、それだけ魅力があるシステムだからと言えるでしょう。

他社よりも豊富な機能

チャイルドケアシステムの月額費用は高めに設定されていますが、他社製品よりも多くの機能を搭載しています。そのため少々割高であっても、保育園、認定こども園、幼稚園、学童などさまざまな施設で利用されています。多機能でありながら、操作がシンプルで分かりやすいのも好評の理由のようですね。

現場の声を即座に反映

チャイルドケアシステムは、保育関連施設から最新の情報を収集しています。全国の利用施設から集めた情報は、「現場の声」として即在に反映しされています。そのためチャイルドケアシステムは、保育現場のニーズに応える満足度の高いICTシステムであり続けているのですね。

業界唯一!NTT電話サポート

チャイルドケアシステムはサポート体制も好評です、同業界では唯一、NTTの電話サポートが無料でついてきます。ICTシステムというと、操作の難しさに敷居の高さを感じている人も少なくないかと思われます。しかしチャイルドケアシステムならフリーダイヤルでの電話サポートが受けられるので、安心して利用できますね。

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

直接話を聞くチャンス!無料セミナー随時開催中

チャイルドケアシステムでは導入を検討している人、導入済の人それぞれに合わせた無料セミナーが開催されています。

導入を検討されている方向け

チャイルドケアシステムを導入していない人向けのセミナーです。「保育システムが気になるけど触ったことがない」「現在他の保育システムを使っているけど乗り換えを検討している」といった方にぴったりのセミナーですよ。

保育システムでどんなことができるのか、どうすれば使いこなせるのかといった事柄を丁寧にレクチャーしてくれます。さらに補助金情報もあわせてお届けされているので、これから保育システムの導入を検討しているのであれば、ぜひとも聞いておきたいセミナーですね。

セミナーではパソコンやiPadが用意されているので、とくに必要な物はありません。手ぶらで参加が可能です。

導入済みの方向け

チャイルドケアシステムを導入している園や法人が対象のセミナーです。「チャイルドケアシステムの機能を使ってより良い業務効率化を図りたい」「もっと便利な使い方を教えてほしい」といったお悩みに対応してくれますよ。

相談会の後には、他の施設の人と交流できるファンミーティングの時間も用意されています。同業界で交流を活性化するチャンスでもありますね。

チャイルドケアシステムの無料セミナーは、以下のフォームから申し込みできるようになっています。さまざまな事柄を無料で相談できるチャンスなので、参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

導入にお得なキャンペーンが満載!

チャイルドケアシステムは、導入にあたってお得なキャンペーンも開催しています。

利用料最大1ヶ月間無料!

保育システム導入キャンペーンでは、以下のような特典が用意されていますよ。

1ヶ月間無料で利用できる

1ヶ月間限定で、無料利用できる特典です。初期設定は担当者がサポートしてくれるので安心ですね。なお無料期間のサポートは、無料メールサポートが利用できるようになっています。

iPadを1台無料で貸与

無料貸与のiPadと、現在使用しているパソコンで利用開始できるので、自前でiPadを用意する必要がありません。貸与されたiPadは、有料プランを契約した場合に限り、契約後にプレゼントされます。

長期使用で月額料金は2万円以上お得になる

有料プラン契約後、利用期間に応じて初月の月額利用料を1.3~3.6万円まで選べるようになっています。初期導入費は無料で、土日祝対応の電話サポートもつきますよ。

最大20万円キャッシュバック!

チャイルドケアシステムでは、他社からの乗り換え時に10万円がプレゼントされるキャンペーンを開催しています!現在、他社のICTシステムを利用している方で、乗り換えを検討している場合は、この機会にぜひご利用ください。解約時に発生する違約金、支払い残高も負担してくれるので、最大200,000円分のキャッシュバックが受けられますよ。

まとめ

今回はチャイルドケアシステム(Child Care System)の情報についてお届けしました。
他社製品と比べると料金は少々割高ですが、多機能で操作が簡単なチャイルドケアシステムの満足度は非常に高く、あらゆる施設から選ばれています。現在他社の保育システムを使っている場合でも、キャッシュバックにより補填してくれるので安心ですね。

無料セミナーの開催や、1ヶ月限定で無料利用できるキャンペーンも開催されています。この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

保育士業務の負担を軽減するため、ICTシステムを導入する園が増えているようです。本サイトでは、チャイルドケアシステムをはじめ、保育業務の効率化につながる保育ICTシステム導入の無料相談を承っております。導入に関する疑問や不明点の解決条件にあった最適なシステムのご紹介など行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

チャイルドケアシステム導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

関連タグ