保育園の経営管理って何をすればいいの?経営管理の基本について解説します!

少子化や待機児童問題が叫ばれている日本では、共働き家庭が増えています。しかし子どもを保育園に預けて働こうと思っても、預ける先がなくて困っている家庭は少なくありません。それらの問題を解消すべく、保育園や育児支援を立ち上げようとする動きもあります。

けれどその時に問題となってくるのが、経営管理ではないでしょうか。保育園を経営するといっても、何をすればいいのか分からない。そもそも経営管理の定義とはなんだろう、と入口でつまずいてしまい、二の足を踏んでいる人もいるかと思われます。

そこで今回は、経営管理の基本的な概念や、定義について解説していきます。これから保育園の経営・運営を考えている、すでに始めているけど経営管理について詳しく知りたい。そんな人は、ぜひ目を通してみてください。

そもそも経営管理とは?

そもそも経営管理とは何のことを差すのでしょうか。何をもって経営管理とするかは人によって定義が異なりますが、一般的には予算を軸に、会社経営に必要な資源を配分する管理や技術のことを差します。

新しく設備を導入するにしても、人を雇用する場合でも、一定のまとまったお金が必要になりますよね。けれど行き当たりばったりの経営をしていては投資が難しく、会社の規模を大きくすることが難しくなってしまいます。それに利益やコストをきちんと把握していないと、経営を続けていくのが困難になってしまうこともあるでしょう。そんな事態を避けるために、経営管理が必要となります。

経営管理を行うにあたっては、以下の三点を意識しておいてください。

  1. 管理体系、報告ルートなど「経営のあり方」
  2. 予算管理、評価制度など「経営管理の手法」
  3. 業務システムなど「経営管理のインフラ」

これらのポイントを踏まえて、経営・運営の状況を見直しましょう。

本サイトでは、ICTシステムの導入に関する疑問や不明点をシステム知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、安心してシステム導入できます!ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
メールでの保育ICTシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

経営管理の基本

経営管理では企業・組織の経済活動促進、効率的な目標達成するための調整・総括を行います。基本的に会社単位で行われるケースが多く、一般的には以下のようなものが対象となります。

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 人事・労務管理
  • 財務管理 など

保育園経営の場合、特に重要だと思われるのは「人事・労務管理」と「財務管理」ではないでしょうか。これらの場合、主に以下のように管理することができます。

管理対象 内容 管理方法
人事・労務管理 ・共通の人事・評価制度の決定
・労働環境の改善
従業員のモチベーションをアップさせる施策・制度の導入
財務管理 グループ経営管理を前提とした予算編成 ・システム導入による業務負担の削減
・統一された会計方針で管理する

経営管理でやるべきことは?

これまでは経営管理の基本的な概要や目的について説明しましたが、具体的には何をすればいいのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。一般的な企業・組織の業務は、以下の四つに分けられます。

①業績管理、予算管理、収益管理など

主にお金に関する事柄の管理や分析業務です。一般的には経営者が担当することが多いでしょう。

②一般会計、原価計算、財務管理など

お金に関するオペレーション業務です。上記の他にも債権管理や債務管理も該当します。こちらは一般的には、経理部門や財務部門が担当することが多いです。

③業績管理、顧客・マーケティング分析、リスクマネジメントなど

こちらはモノや人に関することを分析する業務です。一般的には生産部門、営業部門、マーケティング部門などさまざまな分野で特化した部門が担当します。

④生産、販売、マーケティングなど

サービスや商品に対するオペレーション業務に相当します。開発部門、生産部門、販売部門、マーケティング部門などが担当することが多いでしょう。

これらは一般的な企業における例ですが、基本的な考え方は保育園経営の場合もあまり変わりはありません。経営者が自ら担当するべき業務は、①のお金に関する分析業務となるでしょう。

実際に経営を行っていると、他の業務も自ら担当したくなることもありますが、そこは我慢が必要です。あらゆる業務で経営者の決定を待たなければならない状況になると、スムーズに業務が行えなくなってしまいます。

経営者はあくまで①の業務に集中し、他の②~④の業務は担当者に任せるようにしてください。

保育士の業務を効率化して、子どもに時間をかけられるように保育園へのICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

経営管理の目的とは?

経営管理のそもそもの目的とは、企業や組織が掲げるビジョンに沿って従業員の方向性を統一し、気持ち良く仕事を遂行してもらうことにあります。一人一人の従業員を経営方針や戦略と同じ方向に向かわせ、行動させる必要がありますが、そのためには以下の三つのポイントが重要となります。

①戦略

企業・組織にはそれぞれの経営ビジョンや目的がありますよね。それらを達成する上での戦略もさまざまで、企業・組織ごとに異なります。戦略が異なれば経営管理の仕組みも異なってくるので、明確な戦略を立てて共有しておくことは重要な要素です。

②方向性

素晴らしい戦略を立てたとしても、実行する従業員が同じ方向を向いていなければ意味がありません。戦略を共有しておくことは大事な要素ですが、それだけではなく、KPI(業務評価指数)を設定しておくといいでしょう。これは目標達成度を評価するための指標のことで、客観的な指標として重要な役割を持っています。KPIを設定することで目標が分かりやすく見える化されるので、目標に向かって努力するようになります。

③実現可能性

戦略、KPIは重要な要素ですが、実行可能な範囲内の目標を心掛けてください。たとえば長時間の残業やワンオペでの激務を前提とした目標では、実現可能性に問題があるので、設定したところで意味がありません。あくまでも実現可能な範囲内の目標を用意するようにしてください。

①②③を円滑に行うためには従業員のモチベーションを向上させることが重要であり、動機付けは欠かせない要素となります。近年ではテクノロジーの発展により、業務効率化はシステム化ばかりが求められがちですが、動機付けやコミュニケーションの重要性はあまり変わっていません。効率的な経営を求めるあまり、従業員を置いてけぼりにしないよう注意してください。

経営管理を実行しよう!

経営管理の目標やKPIを設定したら、予算など実際の計画に落とし込んでいきましょう。なるべく早く予算を組み、実際に組織を運営しながら改善点を探していくことこそ、経営を成功させる大事なポイントです。予算編成にはあまり時間をかけすぎず、スピーディに行う必要があります。

とはいえ適当に予算を組むわけにもいきません。それにお金に関することなので、身長になってしまいがちですよね。そんな時に役立つのが、便利なシステムです。現在ではデータを効率的に収集・分析できるツールが多く登場しています。データ収集、分析、会計などの業務をサポートしてくれるシステムを活用すれば、正確な予算編成をスピーディに組めるでしょう。

本サイトでは、経営管理や予算編成をお助けする、便利なシステムを多数紹介しております。
無料でご相談していただけますので、ぜひ活用して下さいね。保育士の方からの園長先生をどうにか説得したい、運営責任者に導入した際の費用対効果を説明してほしいといったご相談もお待ちしております。
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

定期的に経営管理を見直そう!

経営が一年、二年と長期に渡り続いていくと、経営管理の見直しも必要となってきます。世の中の状況は日々変わっており、保育園を取り巻く環境も変化しています。

たとえばコストの割り振りなどは、その時々で最適な形が変わってくることもありえます。業務予測も状況によって変わってくるので、複数の事態を想定してリスクに備えてください。

いつまでも経営を始めた当初の管理方法を行っていては、経営状況が停滞してしまうこともあるでしょう。毎年少し数字をいじるだけではなく、経営管理や組織全体を見渡して、定期的に見直すように心がけるといいですね。

また変更する頻度に関しては、組織によって異なります。たとえば毎年変更するケースもあれば、2~3年に一度変更するというケースもあります。一般的な企業では、大企業は3~5年に一度、中小企業なら1~2年に一度と言われています。保育園でも経営に規模に応じて、見直しの頻度を設定してください。

まとめ

今回は保育園を経営する上で欠かせない、経営管理の基本について解説しました。

保育園経営でも予算が限られており、従業員を雇って円滑に業務を回していく以上、経営管理は欠かせない重要な要素となります。一般的な企業とは勝手が違うように思えるかもしれませんが、基本的な部分は応用可能です。今回解説したポイントを踏まえ、長期に渡って愛される保育園の経営を成功させてくださいね。

正確かつスピーディな経営管理を行う上で、システムの力を借りるというのも一つの手段です。本サイトでは保育園の経営をサポートしてくれるシステムをご案内していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

これからの保育園経営に欠かせない「保育ICTシステム」の導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

関連タグ