乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因・予防・対策徹底解説!午睡チェックのサポートシステム導入を!

近年、とくに病気でもない赤ちゃんが、突然原因不明で亡くなってしまう事象が多く発生しています。死亡原因は不明ですが、一般的に「乳幼児突然症候群(SIDS)」とされます。
いまだ原因が判明していないSIDSで、預かったお子さんの突然死を引き起こさないよう、保育園ではSIDSを予防するために「午睡チェック」など、さまざまな対策を行っています。
そこで今回は、SIDSを引き起こす原因や、SIDSを予防するICTシステムについてご紹介していきます。

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは?

「乳幼児突然死症候群(SIDS)」とは、睡眠中に赤ちゃんが突然死亡する原因不明の病気のことを指し、最近では多くの赤ちゃんがSIDSで亡くなっています。

原因不明なSIDS

SIDSの問題点として、予兆がないまま乳幼児が死んでしまうということ。死亡原因を調べるも、その原因がわからない場合にSIDSと診断されます。これまで既往歴もなく、死亡に繋がるような予兆がないまま死に至ることで、原因が見つからずこのように診断されます。なお、睡眠中の窒息による事故死はSIDSに含まれません。

特に、1歳時未満児における原因不明の突然死は「SIDS」と診断されることが多くなっています。日本では年間100人を超える乳幼児がこの病気で命を落としており、乳幼児の死亡原因としては第4位となっています。

午睡チェックの補助的な役割として、システムでの午睡チェックを導入している園も出てきています。保育ICTシステムはもちろん、午睡チェックシステムもおまかせ下さい!

本サイトでは、午睡システムの知識豊富なプロがご希望の条件にあったシステムを無料で紹介いたします。
メールでの午睡チェックシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
午睡チェックシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

午睡チェックをサポートする保育ICTシステムの一覧・比較はこちらから

突然死の新たな概念「乳幼児の予期せぬ突然死(SUDI)」

さらに突然死の新しい概念として「乳幼児の予期せぬ突然死(SUDI)」が定義されました。SIDSは1歳未満における原因不明の突然死に診断されますが、SUDIは1歳以上の乳幼児における原因不明の突然死にも該当し、突然死全体のことを指します。
SUDIを定義することで、他の突然死との共通点や相違点を観察できると考えられており、「SIDS」は、SUDIの中の一つとして位置づけられています。

午睡チェックの負担を軽減するため、午睡チェックセンサーやベビーセンサーを導入する園が増えているようです。本サイトでは、午睡チェックセンサーやベビーセンサーをはじめ、保育業務の効率化につながる保育ICTシステム導入の無料相談を承っております。導入に関する疑問や不明点の解決条件にあった最適なシステムのご紹介など行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

午睡チェックセンサー・ベビーセンサー導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

乳幼児突然死症候群(SIDS)が発症する4つの傾向

SIDSの原因はまだ明らかになっていませんが、SIDSが発症する要因にはいくつかあります。ここでは代表的なものを4つご紹介します。

年齢

SIDSは、1歳未満の赤ちゃんに多く発症する病気です。特に2〜6ヶ月の赤ちゃんに多く発症し、年齢が上がるにつれて頻度は落ちてきますが、3歳ぐらいまでは用心しておく必要があります。

感染

小さな子どもで気を付けておきたいのが、感染症です。子どもの体調不良を引き起こす要因となる呼吸器の症状は、気を付けておきましょう。とくにRSウイルス感染は、大人には軽い鼻かぜ程度にしか感じませんが、乳幼児だと重症化してしまい突然死のキッカケになってしまいます。

寝かせ方

SIDSなどの突然死には、うつ伏せ状態で発見された事例が多いため、乳幼児期の寝かせ方にも注意が必要です。生後5ヵ月をすぎると寝返りが出来るようになりますが、寝返りが出来たからといって簡単に元の状態に戻れるとは限りません。仰向けに戻れないまま窒息して亡くなってしまうこともあります。

体調

子どもの体調には常に配慮しているかと思いますが、保育園に登園させられそうな軽い症状の場合も気を付けておく必要があります。突然死した乳幼児の中には、軽い鼻水や咳などが出ている状態で登園していたケースもあります。

保育園での午睡チェックをサポートする保育ICTシステムの一覧・比較はこちらから

本サイトでは、午睡システムの知識豊富なプロがご希望の条件にあったシステムを無料で紹介いたします。
メールでの午睡チェックシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「午睡チェックシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

保育園だけでなく家庭でもSIDSは起こる?

SIDSは保育園だけでなく、何気ない日常の家庭でも起こります。どんなときに発症しやすく、気をつけるべきなのか見ていきましょう。

気を付けたい子どもの睡眠環境

SIDSの多くは、睡眠中に発生します。そのため大切なお子さんの睡眠環境は、保護者の方も気を配る必要があります

同じベッドに子どもを複数寝かせていないか

複数の子どもが同じベッドに寝ると、窮屈になってしまい、寝返りなどもしにくくなります。まだ寝返りができない赤ちゃんでも、一緒に寝ている子どもの寝返りの下になって、窒息死に至ってしまうこともありますので、ベッドに複数人寝かせないようにしてください。

柔らかいベッドに寝かせていないか

米国小児学会では、柔らかすぎるベッドで寝かせていると、うつ伏せになったときにSIDSのリスクが高まると発表しています。柔らかいベッドでうつ伏せになることで、鼻や口を塞いでしまうため、子どものベッドは柔らかすぎず硬すぎないものにしましょう。

うつ伏せで寝かせていないか

これまででも説明したように、SIDSはうつ伏せ寝で引き起こされる可能性が高いと言われています。乳幼児で寝返りができるようになると、いつの間にかうつぶせ寝になることがありますが、うつぶせ寝になっているのに気付いたら、すぐに仰向けにしてあげましょう。

子どもの体にあった寝具を使っているか

柔らかすぎる毛布やサイズの大きい掛ふとんは、子どもを窒息させてしまう可能性があります。子どもを寝かせる際の布団は、適切な硬さで、体格にあったものを使用しましょう。

子どもを温めすぎていないか

赤ちゃんは高体温になると、SIDSを引き起こしやすくなりますので、温めすぎないようにしましょう。冬になるとどうしても厚着をさせたり、部屋を温めすぎたりしてしまいがちです。通気性のよい衣服を着せて、不要な帽子や靴下などを履かせないようにしましょう。

SIDSやSUDIを予防する「午睡チェック」という対策

SIDSやSUDIを予防するためには、午睡チェックが有効とされています。子どもたちが安心してお昼寝ができるよう、保育士さんには見守る役目があります。この午睡時に子どもの様子を確認して、用紙などに一人ずつ記入していきます。午睡チェックは、時間ごとに「呼吸状態」「皮膚状態」「寝ている体勢」「汗や体温」などの全身状態をチェックします。

注目の午睡チェックセンサー

保育園などでの午睡チェックは、紙へ記録しているところが多いと思いますが、効率的にチェックするためには、午睡チェックが搭載されたICTシステムの利用をおすすめします。

hugmo(ハグモー)のhugsafety

ハグモーは、保育士の仕事を効率化し、子どもと関わる時間を増やすことを目的にした保育ICTシステムです。
ハグモーの中には「hugsafety」という午睡チェックシステムがあります。専用のアプリを使うので、わざわざ紙に記載する必要はありません。またSIDSの予防を早期で行うために、午睡センサー機能があります。hugmoの午睡センサーは、マット型の呼吸センサーになっており、お昼寝中の呼吸をリアルタイムでモニターできる仕組みです。

料金

園の施設によって異なりますが、一般的な利用料金は以下の通りです。

価格
初期費用 1施設につき3万円
月額料金 1施設につき1万5,000円
午睡センサー価格 ・一括購入:11万8,000円
・リース:月額2,200円〜(5年契約の場合)

この午睡センサーは大切な園児のお昼寝中の呼吸をリアルにモニターし保育士と一緒に園児の睡眠を見守ります。
ハグモーの午睡チェックセンサー導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ハグモーの午睡チェックセンサー導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

ルクミー

ルクミーは、保育の質を上げることを目的に、午睡チェックサービスやフォトサービス、体温計の管理ができる保育ICTシステムです。
ルクミーの午睡チェックサービスは特許を取得しており、睡眠中の園児たちをICTの活用で見守る医療機器となっています。センサーとタブレットを用いて、身体のかたむきを見守ることができます。子どもがうつ伏せになれば、アラームがなるので保育士がすぐに気づけます。

料金

園の施設によって異なりますが、一般的な利用料金は以下の通りです。

価格
初期費用 ・午睡チェックセンサー 1個30,000円
・専用タブレット初期設定費用 10,000円
月額料金 ・基本料 1名1,600円
・タブレットレンタル 1台3,000円

IBUKI

出典:IBUKI PLUS公式サイトより

「IBUKI ONE」は、株式会社リキッド・デザイン・システムズが提供している、保育園用ベビーセンサーです。
センサーを布団の下に敷くだけで、乳幼児の呼吸運動がモニターできます。さらに複数(6人)の乳幼児をモニターできる「IBUKI PLUS」というサービスもあります。
また「IBUKI NAP」では、午睡チェックが可能となり、最大で12人同時に午睡チェックが行えます。ベビーセンサーと連動して、呼吸数のチェックや検温の状態をデータで見ることができます。

料金

ホームページ上では非公開となっており、見積もり依頼のうえ、代理店と直接交渉することになります。

Hoimin

出典:Hoimin公式サイトより

Hoimin(ホイミン)は、保育の睡眠チェックサービスです。ベビーセンサーの「シエスタBeBe」と連動して利用します。子どもの向きや寝返りなどが、タブレットを用いて一目で分かるようになっています。また確認した午睡チェックを、紙に印刷することも可能です。

料金

ホイミンの料金はホームページで非公開となっています。問い合わせから見積もりの相談をする必要があります。

午睡チェックシステムをお探しではありませんか?

数あるシステムの中から希望の条件にあった午睡チェックシステムを選ぶのは大変です。本サイトでは、ご希望の条件にピッタリな午睡チェックシステムを無料でご紹介いたします。さらに、補助金を活用した導入サポート月額費用を抑える方法など、導入実績豊富なプロだからこその知識午睡チェックシステム導入を徹底サポートいたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね。

メールでの午睡チェックシステム導入の無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
午睡チェックシステム導入の無料相談をしたい!」とお伝え下さいね。

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)

まとめ

SIDSやSUDIの概要を理解し、予防に努めることは大切です。
最近では、午睡チェックをスムーズにし、子どもの安全を守るためのICTシステムが多数登場しています。紙に記載する手間をはぶき、より子どもの様子に力を入れる質の高い保育をするには、午睡チェックが搭載されたICTシステムを取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。

午睡チェックをサポートする保育ICTシステムの一覧・比較はこちらから

午睡チェックセンサー導入の無料相談はこちら

0120-558-949
受付時間
9:00 – 19:00(土日祝・年末年始を除く)