カスタマイズができる保育ICTシステム「あんしんノート」で業務効率UP!

こんにちは、ICTキッズ編集部です。国や自治体は、幼稚園や保育園に保育ICTシステムを導入することで業務効率をアップし、保育施設の人手不足の解消につなげようとしています。

一方、保育施設側はパソコンやタブレットといったIT機器に馴染みがないため、導入には消極的な印象があります。システムを導入することで、今まで使っていた書類のレイアウトが変わってしまい戸惑う職員の方も少なくないようです。そこで今回は、施設のニーズに合わせてカスタマイズできる保育ICTシステム「あんしんノート」をご紹介します。

あんしんノートとは

出典:あんしんノート公式サイト

あんしんノートは、株式会社FLシステムが開発した保育業務支援システムです。株式会社FLシステムは福祉施設や病院向けのシステム開発も行っています。

あんしんノートは保育業務の質を高めるとともに作業時間を減らし、本来の仕事である「子どもと向き合うこと」に専念できる環境を整えるため、さまざまな機能を備えています。

保育士が、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

あんしんノートにできること

登降園登録~保育料請求

園児の登園・降園時刻は、専用タブレットにICカードをかざして記録します。株式会社ジャクエツの施錠管理システム「あんしんパス」のICカードも使えるので、保護者はカードが1枚あれば解錠と打刻ができます。

打刻データは園児の出欠状況に反映されます。1画面にまとめて表示されるので、誰が出席で誰がお休みなのかが一目で把握できます。

また、あんしんノートは登園・降園のデータをもとに保育料を自動で計算してくれます。全銀協のフォーマットを採用しているので、口座振替データの出力や取り込みも簡単です。請求に対して支払いが確認できない場合は、未納情報としてシステムに登録されます。

指導計画

年間・月間・週間の指導計画をシステム上で作成できます。コピー機能があるので、過去の指導案から文言を引用するのも簡単です。過去の指導案はシステムで検索すれば即座に見つけられるので、紙よりも振り返りの作業がしやすい点もメリットです。

計画表のレイアウトはカスタマイズが可能です。今まで使っていた書式をシステムに反映できれば、機械操作が苦手な職員の心理的ハードルが下げられるのではないでしょうか。

マスター管理

施設の開園時間や園児とその家族の情報など、システムを運用する上で必要となる基本的な情報はマスター画面で管理します。なおユーザー毎に閲覧や入力の権限の範囲を個別に設定できます。

園児の身体測定や予防接種などの保険情報には、診断書や意見書などをシステムに登録したり、出力したりすることが可能です。システムで一元管理することで、情報漏えいなどのリスクが軽減できます。

まとめ

まだまだ十分に普及していない保育ICTシステム。公式ホームページやパンフレットだけでは、どんなものなのかイメージするのは難しいですよね。そこでFLシステムでは無料のデモンストレーションを実施しています。実際に目の前で使うところを見るという経験は、システムの選定に非常に役立つと思います。

保育ICTシステムの導入のことならおまかせ下さい!本サイトでは、ICTシステム導入知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ? 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら

関連タグ