保育ICTシステムの導入でお困りではありませんか?電話での無料相談は0120-558-949!メールでの無料相談はこちらから。。。どのシステムがいいの?システム比較のための資料が欲しい!補助金を利用して導入したい!などお気軽にお問い合わせ下さいね。

【2019最新版】保育士が「働きやすい」職場環境にするには? 

【2019最新版】保育士が「働きやすい」職場環境にするには? 

保育士不足や待機児童問題が深刻化するなか、2019年秋より保育料無償化も本格的にスタートしました。ますます保育士の需要が高まることが予想されていますが、人材の確保は進んでいないというのが現状ではないでしょうか。
保育士の人材を確保する上で重要なのが、職場環境や労働環境と言われています。実際に保育士の退職・離職理由の上位に、これらの要因が深く関わっているのをご存知でしょうか。

今回は保育士の人手不足の原因を考えながら、どうしたら改善できるのかを考えていきましょう。そして根本的な解決に役立つ方法の一つとしてICTシステムの活用についてもご紹介していきます。
主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

離職率の高い保育士の労働環境

保育士の労働環境は依然として過酷な状況と言えます。通常の保育以外にも、保育内容に関する準備、保護者への連絡、各行事の準備や開催、その他の事務作業と、様々な業務内容が課せられているのです。当然、規定の労働時間内にこれらすべての業務をできるわけもなく、毎日の残業や帰宅後の作業などで相殺しているという状況でしょう。
しかも、子どもたちの状況や、保護者の送迎の時間などにより、対応しなければならないことも多く、作業がずれ込むことで、さらに残業時間が増えることも避けられない状態なのです。

保育士が働きやすい職場とは

人間関係

職場環境を考える時、真っ先に思い浮かぶのが人間関係です。良好な人間関係さえあれば長く働く要因にもなるでしょう。特に保育士の人間関係で注意しておきたいポイントをご紹介します。

女性が多い職場

東京都福祉保健局が行なった調査によると、就業している保育士のうち、約95%が女性という結果が出ています。このように、保育士は男女比率で言うと、圧倒的に女性が多い職業と言えるでしょう。同性の先輩や同僚と良い関係を保てればそれが励みになって、仕事への威力も増すはずです。逆にギスギスした関係であったり、良好な関係を持てない場合、長く働くのが苦痛になってしまうでしょう。
また上司や主任、園長との関わり合いも重要です。もちろん管理職として部下やメンバーに対して厳しく指導する場合も必要ですが、それがプレッシャーを与えすぎてしまうのは問題です。また、何気ない一言や行動が発端となり、パワハラと思われてしまう可能性もあるため、注意しておきたい部分です。
参考データ:『平成30年度東京都保育士実態調査結果』東京都福祉保健局HP

子どもや保護者との関係

多くの子どもや保護者と接する機会があるからこそ、中には相性の合わない相手もいるかもしれません。なかなか子どもが心を開いてくれないと言う場合や、保護者からきつく当たられてしまうこともあるでしょう。そんな時こそ、同僚や上司、延長などがフォローして支えてあげることで心の持ちようも違ってくるでしょう。

労働環境

保育士の労働環境が過酷と言われていますが、それは具体的にどのような点について言われているのでしょうか。

給与

長時間働いても、その分給料に反映されない場合は納得が行きませんよね。サービス残業や最低賃金を下回っていないかいうことも注意しなければならない点です。
また、保育に関する経験や知識が深いのにも関わらず、給料が上がらない場合にも、退職や転職を考える大きな要因になるでしょう。
そのため、定期的な給料の見直しや確認を行うことが必要です。

労働(拘束)時間

保育園は、一般的に朝7時〜夜8時頃までの保育時間に対応している施設が多いのではないでしょうか。この中でシフト管理を工夫して、一人当たり8時間労働になるようにしているでしょう。ただし冒頭でも触れたように、業務量が多いために残業が発生したり、持ち帰りの業務が当たり前のように行われていることを考えると、保育士の労働時間の負担は大きいはず。業務に関する見直しや改善を行わないと、この点を改善していくことは難しいでしょう。
また、働きやすさという点を大切にするなら、休憩や有給についても取りやすいように配慮するべきです。

スポンサーリンク


保育方針

保育に対する考え方や、個々の保育士の強みや進みたい方向性などが、働く保育園と合致しているかどうかも大切ではないでしょうか。本人の思いや理想とは違う方針のなかで働くのは、保育士にとっても施設側にとっても好ましい状況とは言えません。

保育に対する考え方

人間の生涯のなかでも、重要と言われている乳幼児期の過ごし方に深く関わるのが保育士です。保育に対するイメージや、自分が理想とする保育環境がある方も多いはず。
例えば乳幼児期の食事が大切と感じる場合は「食育」に力を入れている保育園、教育が大切と感じているなら「幼児教育」に注力している保育園などを選ぶと、より自分の理想に近い保育が行えるのではないでしょうか。

能力や方向性に合っているのか

上記の保育方針にも似ている部分ではありますが、今働いている園が自分に合っているかという点も大切ではないでしょうか。保育方針や保育園の特徴、園長の考え方と自分の目標とする保育にズレがある場合、どんなに頑張っていても長く働くのは大変です。
考え方や方針、施設の特色を理解して共感できるかどうかも、重要な点になってくるでしょう。

本サイトでは、子どもに時間をかけられる保育を目指す保育園を保育ICTシステム導入で徹底サポートいたします!園長先生や運営責任者の方はもちろん、保育士の方からの導入相談をお待ちしております。
ICTシステム導入相談は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいね!
メールでの保育ICTシステムの無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから「ICTシステム導入の無料相談をしたい」とお伝え下さいね。

0120-558-949

保育士の退職理由TOP3

給料が安い

労働時間が長く、業務量が多いのに、もらえる給料が低いのは不満に繋がりますよね。厚生労働省の調査によると、私立保育園の保育士一人当たりの平均月給は約26万円(※)としています。労働時間や業務量、スキルを加味した上で適切な給料設定をするようにしましょう。

業務量が多い

保育士は、子どもの保育だけが業務ではありません。保護者への配布物や連絡帳の記載、日々の保育内容に必要な物の準備や行事の準備、事務作業も多く伴います。
これらの業務を全て行なわなければならず、保育士の間で分担して行なったとしても業務量が多いと言えるでしょう。

スポンサーリンク


労働時間の長さ

業務量が多いために元々の勤務時間では終わらず、残業が発生します。また、それでも終わらない場合は自宅での作業も必要でしょう。その上、子どもたちの状況や延長保育の人数によっても勤務時間が伸びたりと、保育士本人ではどうにもできない部分があるのも事実です。

※賞与を1/12にした分も合算
(参考資料:”平成29年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査集計結果について”厚生労働省)

保育士業務の負担軽減を図るICT化

保育士の負担を減らすために役立つと言われているのが、ICTシステムを活用すること。様々な業務が効率化され、保育士の負担を軽減することができるとされています。

懸念点

ただし保育園にICTシステムを導入することに対する懸念点もあるため、以下の問題をしっかり把握しておきましょう。

環境整備不足

ICTシステムを導入する場合、インターネット環境を整えておくことが必要です。基本的にパソコンやネット回線の環境は整っている場合が多いですが、こうした環境が整っていない場合はネット環境の確立が必要です。

タブレット操作に慣れていない

保育の現場では、パソコンやタブレット操作に慣れていない方も多いでしょう。業務の中心は保育なので、手作業で行うことも多いことを踏まえると仕方ありません。園長や主任なども年配の方が務めている場合は特に敷居が高いと感じてしまうかもしれません。
ただし、タブレットといっても、特別に難しい操作や専門知識が必要な訳ではありませんので使い方を調べたり慣れていけば問題ないでしょう。

おススメの保育ICTシステム

コドモン

たくさんのICTシステムがある中で特に人気があるのがこちらのサービス。シェア・実績ともに1位とも言われていて、保育園のICTシステムに必要な機能が十分に搭載されています。使い勝手も良く、補助金対象にもなっているため、お勧めできるサービスと言えるでしょう。しかも月額5,000円から利用できるのも、充実した機能を備えたサービスでコストを抑えて使うには嬉しいポイントです。

キズナコネクト

キズナコネクトは、シンプルで使いやすい機能・操作性にこだわっているため、初めてこうしたシステムを導入する際に安心して使えるサービスと言えるでしょう。登降園管理、シフト管理、保護者への連絡等の基本的な機能はもちろんカバーしています。

チャイルドケアプロ

チャイルドケアプロでは、多彩な機能を兼ね揃えたサービスとして提供されています。充実した機能を提供しているのに、定額制で利用できるのも安心できるポイント。約40種類もの便利な機能を搭載しているので、これ一つで保育園業務を大幅に効率化できるのが魅力でしょう。

キッズプラス

保育施設向けの「kids+work」、登降園管理の「kids+clock」、保護者向けの「kids+family」の3つの柱で展開されています。事務作業も登降園管理も保護者にとって便利な機能も搭載されているので、幅広い活用ができるでしょう。また、カメレオンコードといって、最先端技術により同時に複数の出退勤や登降園管理をスムーズに行えるのも面白いですよね!

保育士・園長(運営責任者)など関係者で話し合う機会を設ける

ICTシステムの導入によって、保育士業務を大幅に効率化することができ、そのことが保育士の負担を軽減させることに繋がるでしょう。その点は魅力的であり、どんどん導入する園が増加しているのも納得できますよね!
ただし、それ以外の労働環境や職場環境を考えると、しっかりとした話し合いの場を設けることが必要でしょう。保育士と園長との定期的な話し合い、保育園の運営に関する改善案について意見を出し合うこと、保育士の労働環境を改善していくことに役立ちます。また職場環境や人間関係も含めて、こうした定期的なコミュニケーションを取ることが重要ということを忘れてはいけません。

スポンサーリンク


まとめ

今回は人手不足とされている保育士の労働環境や職場環境についてご紹介しながら、その改善策をご紹介しました。
特にICTシステムの導入は効果的で、園業務の負担を大幅に改善できるはずです。今いる保育士の働き方や環境を改善するためにも、ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

保育士がより子どもたちへの保育に時間をかけられるようになるには、保育ICTシステムの導入で業務を効率化しましょう!
保育ICTシステムについて、気になることがあれば本サイトへご相談ください!知識豊富なプロに無料でご相談いただけますので、積極的に活用してくださいね

保育ICTシステム導入の無料相談はこちら
0120-558-949
受付時間
9:00 ~ 19:00(土日祝・年末年始を除く)
メールでの無料相談はこちら
主要ICTシステム比較資料のダウンロードはこちら

スポンサーリンク