保育園・幼稚園がICTシステムを導入する際の6つの注意点

こんにちは、ICTキッズ編集部です。保育園や幼稚園のICTシステムは非常に種類が多く、どれを選んだら良いか分からなくなってしまうことがほとんどです。自園にとって必要なICTシステムを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。今回はICTシステムを導入する際に注意すべき点についてご紹介します。

園への導入しやすさ

ICTシステムは、ものによってかなり大掛かりな作業をしなくてはいけない場合があります。基本的なところではインターネット回線の改修であったり、システム専用のディバイス(機械)の購入などがこれに当たります。

仮に大掛かりなICTシステムを導入してしまい、後から別のシステムが良かったと思っても、入れ替えるためにはかなりの時間と手間がかかってしまうことがあります。過去にICTシステムを導入したことがない園や、システムを使った業務に慣れていない園、インターネット等に抵抗があるスタッフが多い園では、導入のしやすさを重視した方が良いでしょう。

ICTキッズがおススメする導入が比較的簡単なシステムはこちらになります。

kidsly(キッズリー)

hugmo(ハグモー)

利用者が使いやすいかどうか

ICTシステムの選定においては、スタッフが利用しやすいかどうかだけでなく、保護者の意見を聞いておくことも重要です。大抵の場合、ICTシステムの提供会社はデモ機などを用意しているので、導入を検討しているシステム会社に問い合わせて試してみるのが良いでしょう。

使いやすくておススメのシステムは、こちらです。

CoDMON(コドモン)

園支援システム+バスキャッチ

必要な機能があるのか?スペックを確認

当然ですが、より多くの機能が組み込まれているシステムは価格が高くなってきます。使う機能と使わない機能を見極めたうえでシステムを導入しましょう。機能の見極めにはシュミレーションが重要となると思います。

ハイスペックなICTシステムはこちらです。

くらら

園支援システム+バスキャッチ

今利用しているシステムなどとの互換性や拡張性

すでにICTシステムを利用している場合や、その他の業務改善ソフトを導入している場合には、そのシステムと互換性があるものを導入した方が、より作業の効率化を図ることができます。互換性がないシステムを複数利用することで作業効率が落ちてしまい、結果的に作業時間が増えてしまうこともあります。

将来的にはもっと多くの機能をつけたい場合も、同様に拡張性のあるシステムを導入することをおススメします。拡張性が高いシステムであれば、段階的な導入計画を立てることができます。

おまかせ管理ちゃんNTP

wel-kids/ウェルキッズ

導入費用だけでなく維持にかかる費用

導入費用だけでなく、毎月の維持費もしっかりと把握しておきましょう。各社ホームページなどでは便利な機能を紹介していますが、園で利用したいと思っているシステムには別途オプション費用がかかってしまったという話は良く耳にします。

利用したい機能をつけた場合の維持費だけでなく、システムを利用するために特別な端末が必要になる場合など、銘柄によってもさまざまです。費用についてはもれなく確認しておきましょう。

キッズプラス

hugmo(ハグモー)

直感的に受け入れられるデザイン性

よく説明書きに「直感的なデザイン」とありますが、これは「説明書がなくても”なんとなく”操作ができるデザイン」という置き換えることができます。つまり、自園において新しいICTシステムを導入する際に、分厚い説明書がなくても園スタッフや保護者の方に利用していただけるデザインということです。

新システム導入にはそれなりの説明会や説明文が必要になると思いますが、簡単に受け入れられるデザインのシステムを選びましょう。

CoDMON(コドモン)

wel-kids(ウェルキッズ)

まとめ

園にとって重要なポイントは異なると思います。それぞれの園にとって優先度にあわせてICTシステムの選択をしていきましょう。新システムの導入にはかなりの労力を必要とします。そのため、ついつい新人スタッフにシステム選定などを依頼するケースもあるかと思いますが、将来のためにはプライオリティーを明確にした上で運営責任者が選定し、資料請求の段階から携わっていくことがよいでしょう。

<関連記事> 検討から導入までの7つのステップ

保育支援システムのご相談はコンシェルジュへ

「てぃ先生」が解説します 保育業務の効率化!ICTシステムを体験しよう!イベント開催!