教育分野・システム分野のスペシャリストが生んだ保育園業務支援システムとは?

こんにちはICTキッズ編集部です。リクルートやソフトバンクと次々に大手企業が保育園の業務効率化にむけた支援システムをリリースしています。今まで保育業務と直接の関係性が無かったこともあり、大手企業の業務支援システムに関してはコミュニケーションに関するサポート機能を中心とするサービスが多いように感じております。そんな中、一人の熱心な教育から半世紀前に設立された保育園から保育業務支援システムが昨年の11月にリリースされた「LeySerKids(レイザーキッズ)」について今回、ご紹介いたします。

開発元のグレープシティー株式会社について

そもそも「LeySerKids(レイザーキッズ)」を開発した会社をご紹介いたします。開発もとは、グレープシティー株式会社という教育向けソフトウエアや支援ツールを開発、販売しているグローバル企業になります。そもそも創業者であるポール・へランド・ブローマン(岩佐 勝)は、1966年に日本人女性と結婚し幼稚園・小学校を仙台に創立します。学校運営において会計処理を行うために、PCを購入し独学でプログラミングを学び、学校法人向けの業務システムである「LeySerシリーズ」を開発しました。
さらに2001年にはWindowsで知られる、マイクロソフトとの公式パートナー会社として契約されているソフト・システム開発会社になります。つまり、教育・システム開発という2つの分野におけるスペシャリストである企業であるといえます。

「LeySerKids(レイザーキッズ)」でできること

教育現場をよく知り、開発のスペシャリストでもあるグレープシティーの保育業務支援システムの機能を見ていきたいと思います。

欠席確認

メッセージ

お知らせ

園児管理

納付金管理

SNN

出欠管理

成長メモリー

カレンダー

各種申込

アンケート

以上の11のシステム機能があります。保護者側と、園スタッフの両方にとってコミュニケーションや業務効率化を図ることができるシステムになっています。また園の管理側ではPCでの管理はもちろん、スマホでの管理をすることで園内のパソコンルームに縛られること無く、上記システムを利用していくことができます。

 

 

他社・保育事業システムとの差別化ポイント

保育園・幼稚園の業務効率化・改善を行うためのシステムとして、冒頭でも説明しましたが多くの企業様がシステムをローンチしております。正直利用しようと検討している園についてはどのシステムが一番良いのか?園の業務に適しているのか?といったことを見出すのが難しくなってきております。そのためにそれぞれの園システムについて資料問合せなどを行ったとしても、結局説明の上手な営業マンの入る園システムを導入することになってしまいます。もしくは値段だけでシステムを決定してしまいかねません。そこでICTキッズ編集部では各システムの差別ポイントをご紹介いたします。この差別ポイントを理解した上で、園に導入するシステムを資料請求前にある程度絞ることをおススメいたします。

「LeySerKids(レイザーキッズ)」の他社の保育業務支援システムとの一番の差別ポイントとしては、納付金管理一覧システムではないでしょうか。こちらの開発会社の得意分野であるのは会計処理です。学校法人の会計処理を専門に開発してきた開発会社だからこそできる納付金管理システムであるはずです。特殊な会計管理をされている園や、企業内保育事業所であれば一度こちらの会社のシステムについての問合せをしてカスタム可能かどうかの確認を取られることをおススメいたします。

公式ホームページ

まとめ

「LeySerKids(レイザーキッズ)」はいかがでしたでしょうか。乱立しはじめている保育園・幼稚園の業務支援システムですが、通常は保育業務に特化しているサポートしている企業がシステム開発会社に外注依頼をしてシステムを構築するか、システム会社が保育業務の専門家に話しを聞きながらシステム構築を行っているかと思います。しかし「LeySerKids(レイザーキッズ)」は、もともと保育・教育のシステム関係につよい会社が開発した支援システムです。今までのシステムよりもかゆい所に手が届くシステムであるかと思います。特に会計関係でシステム化に不安のある園運営者は問い合わせてみることをおススメいたします。