無料でつかえる保育支援システムKidsly(きっずりー)とは?

こんにちは、ICTキッズ編集部のです。ICTシステムによって園内の保育業務が大幅に改善されるということや、補助金がでることから多くの園でICTシステムを導入・検討されているところが多いかと思います。一方でICTシステムの導入や維持のためには、それなりのコストがかかってしまうことから、なかなか導入に踏み切れない園も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんなコスト意識から導入に踏み切れない方のために、「無料」で導入・利用できる保育業務支援システムの「kidsly(キッズリー)」というシステムについてご紹介いたします。

kidsly(キッズリー)」とは

「kidsly(キッズリー)」は、2016年3月15日にリクルートホールディングスの株式会社リクルートマーケティングパートナーズがローンチした無料で利用できるコミュニケーションサービスです。無料で利用できるということもあり、このサービスはわずか3ヶ月で130を超える園の導入が決定したようです。園と保護者とを、インターネット・スマートフォンアプリケーションを通じて双方向の情報共有を行うものになります。具体的な機能としては、「登降園管理・連絡帳・写真共有・個別連絡・園からのお知らせ・カレンダー」と大きく分けて6つの機能があります。これにより、今までアナログで行われていたものを全てネット上に一元化・デジタル化したサービスになります。

保育園側側からみる「kidsly(キッズリー)」のよさ

「kidsly(キッズリー)」よって管理できる業務としては、6個あります。いずれもコミュニケーションに特化している機能であるといえます。まず登降園管理システムで朝のお迎え時間に電話対応することが少なくなるようです。「kidsly(キッズリー)」の保護者用アプリから出欠の連絡が流れてくるので、電話対応に時間をとられることも無ければ電話音での喧騒さを感じることもありません。職員の方は朝落ち着いた気持ちで園児を迎え入れることができるはずです。

連絡帳機能では今まで手書きで書いていたものも、フォーマット化されたアプリケーションで入力することができるので、記録記入の時間を短縮することができます。またフォト機能では、言葉で表現して伝えることが難しかったことでも写真で保護者に簡単に伝えることが出来ます。さらに園内における行事等の連絡やお知らせなども、カレンダー機能やお知らせ機能を利用することで簡単に保護者に伝えることが出来ます。これにより保護者の方と簡単にコミュニケーションを取れるようになるだけでなく、紙ベースからデジタルになることで印刷代を節約することもできます。

保護者からみるキッズリーの特徴

キッズリーはコミュニケーションに特化した保育支援システムですが、実際に利用する保護者・利用者側から見てどのような利点があるのでしょうか。まず保護者は朝の登園の連絡をスマホにダウンロードしたアプリケーションにログインすることで簡単に、園に連絡することができるので、園に電話がつながらないというストレスから解放されます。また園から送られてくる写真なども1保護者に対して最大4名まで共有することが可能ですので、離れて暮らす祖父母にも写真をシェアできます。また個別の連絡手段も同じアプリケーション内にあるので、使い慣れているチャットアプリと同じ感覚で気軽に職員の方とコミュニケーションをとることできます。

 

まとめ

0円で簡単に始めることができる「kidsly(キッズリー)」のサービスいかがでしたでしょうか?保育園の指導計画書等の機能がついていないコミュニケーション特化型のシステムですので、『とりあず・・・』という軽い形でシステムを導入しやすいのではないでしょうか。

このように便利にみえる「kidsly(キッズリー)」ですが、一方で利用者からの改善の声が上がっていたので一部をご紹介したいと思います。

 

開発元の調査によると保護者満足度97%のようですが、このようにアナログを大切にされる方の為にも保存用にできるサービスが追加されるとよりよいサービスになるのではないでしょうか。