保育園システムを導入すべきではない3つの理由

こんにちはICTキッズ編集部です。今回の記事はいきなりサイトのコンセプトをある意味で全否定するかのようなタイトルから始まっていますが、ICTシステムは保育士園システムを導入するにあたり様々な問題があります。細かいところを挙げればきりが無いくらいに新しいシステムを導入するのは大変な作業でもあります。これらの問題を大きく3つにわけてICTシステムを導入すべきではない理由をご紹介いたします。ICTキッズでは、この3つの理由を理解した上で保育園にICTシステムを導入することをおススメします。

利用者のリテラシーの問題

リテラシーとは知識や能力、技能という意味ですが、ICTの世界において、共通の言葉などが通じない場合などがあったりすることからICTシステムの操作における問題が出てくる場合があります。保育業務支援のICTシステムでも同様に、リテラシー問題が生じる危険性があります。事実、年配の保育士が多い保育園においてはICTシステムを導入しても操作方法を学ぶことに時間がかかってしまい、通常よりも時間がかかってしまうというケースもあるようです。
またこのリテラシー問題は、ICTシステムを管理操作する保育士だけでなく、利用する保護者にも言えることです。また、保育士にとっては業務効率化としてメリットのあるシステムだとしても保護者側にとって、ICTシステム自体はさほど重要ではないため利用方法を積極的に学ばれる型も少ないように感じます。中には「保育園の都合で仕方なく」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。結果としてシステムが使いづらい、操作が分からないという声が上がる場合もあります。事実あるコミュニケーション支援向けアプリに関しては、操作が分かりづらい、というコメントなどが残されています。

トラブル時の対応に追われる(本業以外の業務)

つづいては、今までにないトラブルが発生してしまい対応に追われてしまい通常保育業務が後回しになってしまうことがあります。このトラブルとは大きく2つのカテゴリーに分類して説明することができます。一つはモノのトラブルになります。システム上におけるネットワークトラブルなどです。これらにより操作ができなくなってしまった、過去の情報を引き出せなくなってしまったということが予想されます。もしくは利用しているタブレットの故障もしくはアップデートによる不具合の為に利用できなくなってしまうケースがあります。
2つめのトラブルカテゴリーとは、人によるトラブルです。先ほど保護者のリテラシー問題を取り上げましたが、ICTシステムを導入することにより利用する保護者にとって今までとは違う方法などにストレスを感じてしまい園に対してのクレームをいってくる可能性があります。利用に関するストレスは園にとってもシステム業者にとってもどうすることもできない問題です。しかし、保護者からのクレームに対して時間を割かないわけにはいきません。以上の2つのタイプの問題はICTシステムを導入しなければ発生しなかった問題でもあります。これらの問題解決の為に結果、業務時間がシステムで短縮したとしてもトータルでの就業時間は変わらなかったりする場合やむしろ伸びてしまう恐れもあります。

思い出を形で残せないデジタル問題

こちらの導入しないほうがよい理由としては主に保護者からの視点になります。デジタル化したことにより、保育日誌なのどの子どもの成長記録を自身の手に形として残すことができなくなってしまいます。ICTシステムにおいて重要なことは今の時間であり、思い出ではありません。そのため保育日誌や連絡帳などのデータのやり取りなどは卒園してしまったら手元に残りません。今までの保育園であれば連絡帳が手元に形として残っていました。紙の削減でコストを考えるのも大切ですが、保護者の思い出を形として残すということも考えてもらいものです。

まとめ

以上3つの理由から保育園にとってICTシステムを導入しないほうがよい理由になります。これらをみて改めて保育園のICTシステムの導入を見直されている園関係者の方もいらっしゃるかと思います。ICTキッズではあくまでもICTシステムを導入する際のリスクを導入しない理由として今回ご紹介しましたが、ICTシステムはやはりこれらのリスクをカバーすることで業務改善がみこめるものになります。またICTシステム業者にとってもこれらの問題はそれぞれの会社のサービスにてカバーしています。これらのリスクを踏まえたリクスシュミレーションを行ったうえで、園へのICTシステム導入をしていただくことをICTキッズでは推奨しております。今後もICTキッズではシステムの良さとリスクについての情報を発信してまいります。