保護者との連絡機能の充実【おススメ保育システム3選!】

子どもをあずかる場所として、保護者との連絡・コミュニケーションはみつにとっておきたいところです。特に最近では個人情報などの影響もあり、昔のように連絡網を作成して連絡事項を伝達するという昔ながらの手法が出来なくなってきました。また、職場にいる保護者への連絡は園にとっても大変な作業の一つです。保護者の勤め先に連絡して、子どもの体調の変化や突然の怪我の状況などを連絡しなくてはいけません。しかし、勤め先によっては連絡がうまく伝わらずに、保護者にまで連絡が届かないというケースがたたみうけられます。保護者との連絡をライン等で行っている保育園等もあったりします。しかし、ラインであるとプライベートなどの連絡など様々なメッセージで園からのメッセージが埋もれてしまうリスクがります。そこで今回は、保護者のとのコミュニケーションを強めてくれる保育システムアプリに特化したシステムについて紹介したいとおもいます。

多言語に特化したコミュニケーションツールでグローバル化した保護者に対応

コミュニケーションとして、一番最初にイメージするのは言葉です。今までの日本であれば日本語さえ話せれば何も問題なくコミュニケーションをとることができました。しかし、最近では訪日外国人を推奨する日本政府の動きもあり保護者のグローバル化もすすんできました。其の為、今まで日本語ですんでいたものが最低限英語でのコミュニケーションを求める園などもでてきました。通常の保育園であれば、いきなり英語のできる保育士さんや中国語のできる保育士さんを雇うのは難しいことです。そこで役立つのが『きっずノート』です。世界20カ国で利用されているこちらのアプリは、文章を各国の言葉に自動翻訳してくれます。さらに保護者に必要な情報をアプリを通じて音声や写真などで日々を伝えることが出来ます。一対一のチャットや、一斉配信メッセージもアプリを通して行うことができ、既読確認もできるのでどの保護者がメッセージを確認していないかも確認できるものになります。双方向のコミュニケーションをアプリを通じて行うことが出来ます。国際化が進む園ではおすすめのコミュニケーションアプリではないでしょか。

きっずノートのお問合せ

ブラウザでも確認可能な保護者専用ページ

スマートフォン対応のアプリのコミュニケーションばかりであると、どうしてもスマホを持たない保護者に対してどのようにしていけばよいのでしょうか?その場合の対応しては、こちらのkids plus(キッズプラス)という保育園システムをおススメします。こちらも基本的にアプリケーションを通して、園と保護者との連絡を取り合うものになりますがスマホを持たない保護者に対してインターネット上からの保護者管理アプリがあります。スマホの普及率も高いですが、インターネットの利用率は保育園に子どもを預ける年代の利用率は90%以上ですのでまずは問題なくこの連絡ツールシステムをアプリ、もしくはインターネット上から利用していただけるのではないでしょうか。またアプリだけでなくブラウザでの管理ということであれば、遠く離れたおじいちゃん・おばあちゃんもインターネット環境さえあれば、保育園に通うこどもの様子も見てもらうことが可能というわけです。
internet

kids plusのお問合せ

全てが無料から始められるコミュニケーションツール

保育士と保護者をもっと深くつなげたいという思いから生まれたkidsly(キッズリー)は、コミュニケーションに特化した保育園ICTシステムになります。登校園管理も保護者からのマイページから確認してもらうことができ、遅刻や欠席の連絡もアプリから行うことが出来ます。さらに、連絡帳から園児の様子を写真や、直感的にわかるインターフェースにしております。また、園から保護者への連絡だけでなく、保護者から園に伝えたいことも、連絡帳機能を通して、体温や便の回数、前日の就寝時間などを連絡してもらうことができます。カレンダー機能で園のスケジュールの共有や写真の共有も可能になります。

kidslyのお問合せ