ベビーシッター【KIDSLINE(キッズライン)】で働くという考え方

こんにちはICTキッズ編集部です。保育園という決まった場所で、女性だけの職場であるために様々な問題にぶつかりやすい保育士という職業ですが、基本は子どもたちと触れ合うことが好きな方ばかりです。しかし、保育園という組織で働くために、職場での人間関係などが問題で保育士という職業をやめられる方もいらっしゃいます。日本における潜在保育士の数は、全体の保育士の約60%もいるデータが厚生労働省の調べで明らかになっております。このような方たちが子どもの保育において活躍場を提供しているのがキッズラインという新しい形のベビーシッターサービスになります。

KIDS LINE(キッズライン)とは?

このKIDS LINE(キッズライン)というサービスは、インターネットを通じてベビーシッターを申し込めるというサービスになります。ユーザの方は、子どものベビーシッターをお願いしたい保護者の方たちになります。ちょっと仕事の用事で子どもをみることができないという方たちが簡単にネットを通じてベビーシッターをお願いできるサービスになります。

海外では当たり前になっているベビーシッターのサービスですが、日本ではまだその文化は根付いていないのが現状です。しかし、待機児童問題や女性の社会進出が当たり前になりつつある日本において、如序にこのベビーシッターのサービスのニーズが高くなってきているのではないでしょうか。

まだ対象地域としては、関東首都圏を中心に、東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・群馬・長野・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡でこちらのサポート利用が可能で対象となるは0歳から15歳までのお子様のサポートが可能となっているようです。

キッズラインでベビーシッターとして働くには?

キッズラインでは、フルタイムで働けない潜在保育士と呼ばれている方や、とにかく程もが大好きな方や、子育て経験のある主婦の方が、このベビーシッター(キッズサポーター)として登録することができます。しかも登録時に自身の時給や時間を設定できるので、自分の都合に合わせて働ける仕事になります。

ベビーシッターとしての登録方法は、ネット上から無料登録会へ応募していただきます。続いて登録説明会と面談を約3時間かけて行います。後日、日程を調整していただき実地研修を1~2時間程度行っていただきます。この際にトレーナーが評価し、基準をクリアすることができて晴れてベビーシッターとしてのお仕事を開始することが可能となります。

キッズラインでベビーシッターをする6つのメリット

1つ目は、週一回からの自分の都合のよいスケジュールでベビーシッターの仕事をすることができる点です。現役の保育士でも、勤めている保育園が副業OKであれば、ベビーシッターとして空いた時間でお仕事をすることが可能になります。スケジュール調整や更新は24時間、自分のスマホから行うことが可能です。

2つ目は、時給設定を1000円から自分で設定することができます。子どもをあずかる仕事であり、国家資格でもある保育士をもった方であれば自身の保育に対して相応の価値をつけることができます。フルタイムで40万円以上のお給金を稼ぐことも可能なようです。

3つ目は、万が一に備えたお子様への怪我に対しても最大3億円の保険適応しているということです。ベビーシッター中における不慮の怪我を心配されますが、サポート保障が適用されますし、家庭の財産的価値のある有機物破損やお子様の食中毒などにたいしても保障対象となっています。ベビーシッター様自身の特別な手続きは一切不要となっているので安心してベビーシッティングができます。

4つめは、サポートデスクがあるということです。ベビーシッターとしてスキル不足を感じていたとしても、オンライン講座などで必要なスキルを時間のあるときに学習することができます。また登録時における研修のサポートも充実しているので初心者でも安心して働くことが可能です。

5つめは、訪問先もしっかりと運営側がチェック済みのご家庭だけであるという点です。ベビーシッターとして働く不安の一つに、訪問先が信頼できるところかどうかという点です。キッズラインでは、依頼のある家庭に対して、公的書類のチェックや審査を行いますので安心して訪問することができます。

6つめは、金銭授受は会社を通して行うので金銭トラブルの心配がありません。訪問先とベビーシッター間における金銭取引が直接行われてしまうと、渡した渡していないという状況が発生する場合があります。しかし、キッズラインでは面倒なお金の受け渡しは一切なく、登録口座へ自動振込みが行われるので保育に集中することができます。

 

まとめ

ベビーシッターとして保育を続ける方法はいかがでしたでしょうか。キッズラインをはじめ、今様々なサービスが保育業界に進出してきています。前回紹介しましたAsmamaも同様です。子どもが熱だけれどもどうしても園に預けたい、もしくは延長保育などが頻繁なご家庭には、このようなサービスを園としても御紹介してあげることで、社会全体で子育て環境を構築していけるのではないでしょうか。

KidsLine公式ホームページ