保育園・幼稚園がICTシステムを導入する際の6つの注意点

こんにちわICTキッズ編集部です。保育園や幼稚園のICTシステムの種類は非常に多く、どれを選んだらよいか分からなくなってしまうことがほとんどです。自園にとって必要なICTシステムを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。今回はICTシステムを導入する際に注意する点についてご紹介してまいります。

園への導入しやすさ

ICTシステムはものによっては、かなり大掛かりな作業をしなくてはいけない場合があります。基本的なものであればインターネット回線の改修であったり、システム専用のディバイス(機械)などを購入しなくてはいけない場合があります。まずICTシステム等になれていない園や、働かれているスタッフの方がインターネット等に抵抗がある場合には、園への導入のしやすさで選んでおきましょう。

かりに大掛かりなICTシステムを導入してしまった場合、後から別のシステムが良かったとなっても変更するのにかなりの時間と手間が最初の導入時よりもかかってしまう場合があります。過去にICTシステムを導入された実績のない園であれば、まずは導入しやすさでICTシステムを選んだほうが良いかもしれません。

ICTキッズがおススメする導入が比較的簡単なシステムはこちらになります。

kidsly(キッズリー)

hugmo(ハグモー)

利用者が使いやすいかどうか

園内業務やスタッフが利用しやすいかどうかという基準で判断するだけでなく、利用する保護者の方にたいしての意見を実際に聞いておくことも重要になるかと思います。大抵の場合、ICTシステムではデモ機などを用意しているので導入を検討しているシステム会社に問い合わせて試験的に試してみるのをおススメします。

利用しやすいかどうかで比較した際におススメなシステムは、こちらです。

CoDMON(コドモン)

園支援システム+バスキャッチ

 

必要な機能があるのかスペックを確認

当然ですが、より多くの機能が組み込まれているシステムであると価格が高くなってきます。しっかりと使う機能と使わない機能を見極めたうえでシステムを導入しておきましょう。使う機能か使わない機能かを見極めるためにもシュミレーションをしておくことが重要でしょう。

ハイスペックなICTシステムはこちらです。

くらら

園支援システム+バスキャッチ

今利用しているシステムなどとの互換性や拡張性

すでに在る程度、ICTシステムを利用している場合や、その他の業務改善の為のソフトを導入している場合には、そのシステムと互換性があるシステムを導入したほうがより作業の効率化を図ることができます。逆に互換性が無い複数のシステムを利用することで作業効率が落ちてしまい、結果として作業時間が増えてしまう場合もあります。

将来的にはもっと多くの機能をつけたいばあいも同様に拡張性のあるシステムを導入することをおススメします。拡張性が高いシステムであれば、段階的な導入計画を立てることができます。

おまかせ管理ちゃんNTP

wel-kids/ウェルキッズ

導入費用だけでなく維持でかかる費用面

導入ひようだけでなく、月額にかかる維持費もしっかりとコスト面として把握しておきましょう。各社ホームページなどで便利な機能を紹介していたりしますが、園で利用したいと思っているシステムには別途オプション費用がかかってしまったという話しは良く耳にします。

利用したい機能をつけた場合の維持費と、それ以外にシステムを利用するにあたり端末が必要になってくる場合などを確認したうえで費用を確認しておきましょう。

キッズプラス

hugmo(ハグモー)

直感的にうけいつけられるデザイン性

よくデザインの説明で「直感的なデザイン」とありますが、具体的に説明すると「説明書が無くても”なんとなく”で操作ができるデザイン」という意味に置き換えることができます。つまり、自園において新しいICTシステムを導入する際に分厚い説明書がなくても、園スタッフや保護者の方に利用していただけるデザインになるということになります。

新システム導入にはそれなりの説明会や説明文が必要になるかと思いますが、簡単に受け入れられるデザインのシステムを導入することを選びましょう。

CoDMON(コドモン)

wel-kids(ウェルキッズ)

まとめ

以上が6つの注意点になります。園にとって重要なポイントは異なるかと思いますので、それぞれの園にとってプライオリティー、優先度にあわせてICTシステムの選択をしていきましょう。新システムにはかなりの労力を必要とします。そのためについつい新人のスタッフにシステム選定などを依頼するケースがあるかと思いますが、将来のためにもプライオリティーを明確にした上で運営責任者が選定、資料請求の段階から携わっていくことがよいでしょう。

<関連記事> 検討から導入までの7つのステップ