延長保育自動計算のおススメ保育システム3選!

保護者によっても登降園時間はまちまちです。また開園時間もまちまちで6時からスタートしているとこもあれば7時に始まるところもあるかと思います。そして園毎に設けているコア時間を中心として、延長保育請求料金を算出するために、それぞれの園児の支給進呈区分に添って計算していることと思います。これらの時間計算の時間、短縮できたら園スタッフはどれだけ早く帰宅することができるのでしょうか?今回はおススメの延長保育自動計算システムを3つ後紹介いたします。

金銭トラブルにつながらないためにしておくこと

pre

いきなりシステムを紹介する前に、延長保育の大変さについて少し触れたいと思います。そもそも、延長保育の収益というのは園運営に欠かせない重要な財源の一つであります。しかし、制度により園児ごとに標準の保育時間が異なり、保育園に預ける時間もことなります。そうなると重要になるのは、何時何分に登園して何時何分に降園を下の子かということです。これらの時間計算をするためにタイムカード等を導入して登降園の時間をデータ化しやすくしているとこもあれば、手書きの台帳をもとに算出している園もあるかもあります。お金がかかわる部分ですので、一歩間違えると通常の保護者をモンスターペアレントに変えかねません。そのために、何度も何度も時間の確認を行い、請求金額の確認を行います。月に一度の作業かもしれませんが、結果として何十時間も作業に当てなければなり無くなりますが、登降園システムを使うとあっという間に作業が終了します。さらにコンピューターの自動計算等が対象ですので。特に問題はないかと思います。

園-SiEN:バーコードでもICでも、タイムレコーダーでも管理可能

enshien

こちらの園システムでは登降園システムにより集計したデータを園児ごとに自動的に延長保育料金を算出することができます。このシステムは個人ごとの明細はもちろん、印刷フォームも園児全員分のリストから、切り取りして使える個別の簡易明細票、個別の明細票と3つのタイプに分けて出力することができます。
さらに独自の請求管理システムと連携させることにより、様々な延長保育だけでなくその他の請求の管理が可能になり請求漏れ等の心配もなく作業の効率化を図ることが出来ます。

公式ホームページ

CoDMON:全国の認定保育園の保育料に自動対応

codmon

ブラウザ上で管理・設定等が出来るこちらのシステムにおいて、保育料をはじめ延長保育の計算は登降園管理システムと連動しているので上記システムと同様に自動で計算してくれます。違いとしては、直感的に操作できる画面設計と都道府県を選択するだけで自動的に認定保育園の場合の保育料が自動反映してくれるという点です。また、園児台帳から通園パターンを登録し、園児ごとの登園時間設定を管理することで保育料および延長保育の自動計算を可能にしてくれます。月末に請求書・明細書・領収書をそれぞれの形式で出力でき、全銀形式やCSV形式で月別の請求データ出力することができるので、会計ソフト等とも連携が可能になります。

公式ホームページ

静脈認証で登園管理!口座自動引き落とし連携でらくらく、保育料管理

kurara

「くらら」では、基本的にICカードでの登校園管理をすることが可能です。しかし仮に出欠用のICカードを忘れてしまったりすると、結局は保育士のどなたかが代わりに登録する形になります。そのような手間を取らないために手のひらをかざすだけの静脈認証があります。ICカードと静脈認証の両方を使って園児の登降園管理をしますので時間の登録漏れが減り、結果としてより正確な延長保育料を算出することができます。

公式ホームページ

まとめ

保育園・幼稚園・こども園向けに数多くのICTシステムが今リリース、ローンチされています。それらのシステムの一番の目的は保育士の業務効率化です。業務効率化により、保育士のサービス残業を減らすことで保育士の処遇改善を図ろうとするものになります。ところが、多くのICTシステムを営業マンに言われるままに導入してしまい、結果今まで以上に作業に時間がかかるようになってしまったり、保護者にシステム利用が浸透せずに結果今までどおりの作業をしてしてしまったりと導入に掛かる時間やお金を無駄に費やしているという話を聞きます。

関連タグ